しあわせが怖い?私って「幸せ恐怖症?!」恋愛がうまくいかない根本原因


◆幸せな恋愛がしたいはずなのに上手くいかないあなたへ


 

 

今年は「結婚」をテーマにカウンセリングを進める方が多い中

 

 

カウンセリングで頭の中を整理してみると

 

 

・パートナーがいる男性との恋愛から抜け出せない

 

・恋愛自体が長続きしない

 

・付き合う人がいつもダメンズばかりで結婚相手として選べない

 

・優しくて、幸せになれそうな男性との恋愛を避けてしまう

 

 

結婚に至る前に、

このような問題が見えてくるのですが

 

 

なぜそのような問題を抱えているのか?お話を聴いていくと

 

 

結婚できないのではなく

 

 

「あれ?私って、本当は結婚したくないんじゃないか?」

 

 

ここに気づく方が多いんですよね〜(^ー^;)

     

 

結婚したいのに、してもいいのに…したくないって、不思議な話ですが・・

     

 

「結婚したくない」思いを持つ原因として

 

 

幸せになるのがこわい

 

 

この心理があるのも理由の一になりますが

 

 

幸せになるために生まれてきたはずが、なぜ幸せになるのが怖くなってしまったのか?

 

 

こちらの記事の関連として・・

 

→「幸せな恋愛できない!」幸せから遠ざかる恋愛をしてしまう理由とは?

 

 

今回は、根本的な原因について少しお伝えしようと思います。

 

 

幸せになるのがこわい心理を生み出す原因の一つとして

 

 

「幸せになっちゃいけない」

 

 

この思い込みがあることが考えられますが

 

 

幸せになっちゃいけない思い込みがあるからこそ

 

 

幸せな恋愛ができないように、結婚へと進まないようにと

 

 

「自分が幸せにならない」ように、無意識に仕向けてしまう訳ですが

 

 

「幸せになっちゃいけない」思い込みを作り上げてしまう要素として

 

 

<お母さんよりも、

幸せになっちゃいけない>

 

 

この思いが関係していることが多いです。

 

 

なぜお母さんよりも、幸せになったらいけないのか?

 

 

「お母さんが可哀想だから」

 

 

「お母さんは不幸だから」

 

 

可哀想で、不幸なお母さんより自分が幸せになってしまったら申し訳なくて、罪悪感を感じてしまうからです。

 

     

実際に、本当にお母さんが可哀想な人なのか、不幸な人なのかは関係なく

     

 

お母さんに対するイメージから、そう思っていることの方がほとんどですが

     

 

そのイメージが出来上がった原因は、幼少期にあります。

     

 

どんな原因から出来上がるのか?

     

 

・お母さんが自分のことを可哀想だと言っていた

 

 

・お母さんが嫌味っぽかった「あなたばかり可愛がられてズルいわね〜など」

 

 

・大変そうで苦労しているお母さんの姿を見て、「可哀想」だと自分で捉えた

 

 

・親戚や周りの人からお母さんは可哀想、不幸だと聞かされた

     

 

お母さん自身が言っていたり、自分で捉えたり、人から聞いた話から

     

 

「お母さんは可哀想」「お母さんは不幸なんだ」と受け取ることがあります。

 

     

子供にとって大好きなお母さんが不幸に見えたり、可哀想だと思うことはとても辛いことですから

 

     

お母さんよりも自分が幸せになってしまうことは

 

     

お母さんを置いていくようで心苦しいことだったり

     

 

お母さんを寂しくさせるとか、悲しませるようで申し訳ないような気がして

 

     

自分の幸せを一番に考えられなくなってしまうんですよね。

     

 

本来は、仮にお母さんが不幸であっても、可哀想であっても

 

     

あなたの幸せや、

人生には関係ないはずなんです。

 

     

あなたが幸せであることが、面白くないと拗ねた反応をする、子供っぽいお母さんもいるとは思いますが

     

 

腹の底では、娘の幸せを願っているのが母親だったりもするんですよね〜。

 

     

この思いを持つクライアントさんの中には

 

     

<お母さんに依存されている>とか

     

 

<お母さんと依存関係>という方もいらっしゃいますが

 

     

その中のお一人に

 

     

依存の克服=母から卒業=幸せになっちゃうということで

     

 

幸せに向かわないように、お母さんを超えてしまわないように

     

 

カウンセリング自体を進めたくない思いが出てきたことがありましたが

     

 

その方の場合は、自分を幸せにすることを決断され

     

 

結婚へ進むことができたのですが

     

 

不思議とお母さんから卒業できた方が

 

     

お母さんとの関係が良くなったとか、

お母さんが優しくなった〜というご報告をいただいています(*^▽^*)

     

 

無意識の中にある、自分を縛ってしまっている「幸せになっちゃいけない」思い込みを解除することが

     

 

幸せな恋愛や結婚

人生に繋がるはずですから

     

 

あなたも、

自分のための幸せを選択してもいいんですよ〜!!

 

 

解除して幸せを感じられる人生の流れをつくっていきたい方は

 

 

根本原因をカウンセリングで見つけて癒していきましょう(o^^o)

 

 

 ーーーーーーーーーーー

 

ここだけの話〜

 

ーーーーーーーーーーー

 

 

恋愛依存症の克服に取り組むと、

必ず親との癒着問題が出てきます。

 

 

昔の私は、早くに親元から離れたので関係ないと思ってましたが

 

 

物理的に離れても、精神的には癒着していたので、気づいたときはこれまた衝撃でした〜

 

 

自分と向き合うって、

本当に衝撃だらけですよね(^-^;)

 

 

衝撃ばかりだとやんなんちゃいますが

 

 

この衝撃があるからこそ、その先へ進むことができますので

 

 

みなさんも、

たくさん衝撃を受けてくださいね(笑)!

 

   

 

ーーーーーーーーーーー

【関連記事】

 

→恋愛で不安じゃない状態が不安に感じる

 

→「恋愛だけが上手くいかない人」の根本的な問題点

 

 


◆恋愛依存症による「彼氏依存」から抜け出す方法




◆あなたの依存傾向は?