· 

無償の愛を求めることを諦めきれないのは・・


◆諦めると、本当に欲しいものが手に入るかもしれない?!


 

 

恋愛依存症の人が求める無償の愛は・・

 

<愛情は他の人からもらえるもの>

     

 

回避依存症の人が求める無償の愛は・・

 

<自分の思う通りに愛してくれる人>

     

 

こうした違いがあります。

 

 

その原因は

     

     

恋愛依存の人は、祖父母など両親以外の人から愛情を受けたことで

 

=他者から満たしてもらうもの

 

 

 

回避依存の人は、親の都合による可愛がりや、厳しいしつけによって

 

=コントロールすることが愛と学んだことで

     

 

大人になってからの恋愛は

 

 

好きな人は親のようにコントロールするもの、他人に満たしてもらうものだと…

無意識では思い込んでいます。

     

 

私の元にカウンセリングに来られる方は、

強弱はありますが、

両方持ち合わせている方が多数です。

     

 

恋愛での悩み事というのは

こうした【思い込み】から派生する

苦しさであるため

    

 

要らない思い込みであれば修正するなりをして、依存を弱めていきますが

 

 

どちらの思いも、

強過ぎるとなかなか先に進まないので…

 

     

まずは、頭で理解していただくことからはじまります。

 

 

ですので克服が進みやすいように

 

 

こちらの記事と、リキューの方で考え方や対処方法などをお伝えしています(*^▽^*)!

     

 

どちらの依存傾向も、

愛情の求め方に違いがありますが

 

 

恋愛依存、回避依存の部分を弱めていくには

         

 

なぜ、その愛し方じゃないとダメなのか?

     

 

ここを考えていただきます。

 

     

なぜかと言うと・・・・

 

 

苦しい依存感情を弱めるには

     

 

自分のことは自分で満たすもの

 

自分の思う通りに愛してくれる存在は、

自分以外にいない

 

 

この前提を持つことが必要だからなんです。

 

     

他者への期待=他者依存ではなく

 

 

自分の力を信じて進んでいくことが大切だからなんですよね。

     

 

ここについては、自分で気づいていくことで、ハラ落ちさせていくしかないのですが…

 

 

頭では理解できても、なかなか心がついていかない、辛い状態の方もいらっしゃいます。

 

 

私自身もその一人でしたが、

両方ありましたし

すごく時間はかかりました( ̄▽ ̄;)

 

     

でも今の自分が、

改めて考えてみると・・

     

 

『諦めること』

 

     

ここへの強い抵抗感も、影響していたのではないかと思うんですよね〜

 

     

どういうことか?

     

 

過去の私は

 

<親に求めても、もらえなかった愛情>

 

ここを埋めたい一心で、もらえそうな男性をずっと追い求めていました。

 

     

親代わりと言っても

 

 

実際に親はいますし

愛された実感がないわけではないですが

 

 

それなのに諦めきれなかったのは

子供の頃に、

いろんなことを諦めてきたからです。

 

 

子供の私から見た母も、

母から聞かされた話からも

 

とても苦労している人に見えたので

母の負担にならないように

自分の本心を言うことを諦め…

 

 

幼稚な父に求めても仕方がないと諦め…

 

 

余裕の無い両親を見ていて

甘えたい思いも諦め…

他人やきょうだいで埋めるしかなく…

 

 

理不尽なことも含めて

いろんな場面で、いろんな思いを 

 

 

仕方なく諦めてきました。

     

 

だからこそ、好きな人との間では、

もう二度とあんな思いは経験したくないと

     

 

今度こそは、絶対に満たしてくれて

幸せにしてくれる男性を見つけてやるぞ!!

 

 

この思いが強すぎて、諦めることを許すことができなかったんです。

 

 

私にとったら、諦めることはまた傷つくことにも繋がってたのかもしれません。

 

     

ですが現実は・・

 

 

自分の思う通りに生きてくれる男性は見つからないし、他人から満たせたとしても、一時的なものに過ぎないので

     

 

結局、子供のときに諦めたときの自分と、同じような気持ちを味わっているんですよね。

 

 

でも今思うと、

子供の頃の諦めって

 

 

きっと我慢や、

耐えることの方が多かったと思うので

 

 

諦める=我慢や耐えることになっていたと思います。

 

 

それも我慢したり耐えたところで、

得るものが少なかったことも影響しているかもしれません。

     

 

けれど恋愛依存症を克服する

「現在の自分」に必要な諦めは・・

     

 

我慢や耐えるための諦めではなく

 

     

「無償の愛をくれる男性がいないと困るの〜〜!!!」って、思い込んでる自分を解放してあげるための諦めなんですよね。

 

     

もし思い込みを解放してあげられたら、

どんな未来が待っているのか?

     

 

他人任せではなく、自分で自分を何とかしようと思う気持ちが軸にあるので

     

 

「自分の思う通りに愛してくれる人がいても、いなくても、

どっちでもいいや〜〜♪」

 

 

という前提が持てるので

     

     

相手の言動や態度に対して

 

 

「あーしてくれない、こーしてくれない」って不満は無くなるでしょうし

     

 

依存的な男性に

惹かれにくくもなるでしょうし

 

     

新しい男性を探すとしても、

男性に求める基準が変わるので

     

 

自分に合った男性に出会える確率がぐーーーんとUPします🎵

 

     

克服のための諦めには、解放した先に、

こうしたメリットがちゃんと用意されてるんですね〜〜!!

 

 

あなたの中にも、

諦めきれない思いはありませんか?

 

 

あるとしたら、

私と同じようにたくさんのことを諦めてきた経験があるのかもしれません。

 

 

でも克服に必要な諦めは、誰でもない!自分を幸せにするための諦めですから

 

 

親に求めてももらえなかった愛情は、

今の自分なら与えることができます。

 

 

自分という人間からの愛情を受け取ってみてくださいね〜

 

 

 


◆恋愛依存症から克服したいあなたへ・・