「思考」と「感情」あなたはどちらが優位に働いていますか?

 

既存のクライアントさんへ向けて書いています(*^^*)

恋愛依存・共依存、回避依存の克服に必要な「意識」です。


◆恋愛依存の克服には「感じる」力が必要不可欠!?


 

 

カウンセリングの中では、必要最低限のアドバイスしかしないのですが

 

 

(またの機会に書きますが、これにも理由があります^^)

 

 

感情を感じること

感じきることを意識してください

 

 

ということについては

何度もお伝えさせていただいてます(*^▽^*)

 

 

 

それは恋愛依存症、共依存症の問題問わず

心の苦痛を和らげていくには

 

 

 

心で味わって、感じる

という作業が重要になるからなんですね〜

 

 

 

なぜなら人が感じる苦しさって

「感情」から生まれているからです。

 

 

     

苦しい依存感情を和らげていくには

感情を感じる作業が必要不可欠なのですが

 

 

 

カウンセリングでお話を伺っていると

「感じる」という部分が弱くなってる方が少なくないんですよね。

 

 

 

感じることが弱い状態というのは

 

 

 

感情への質問に対して

考えや出来事

説明として返したり

 

 

 

感じても「分からない」という言葉が返ってくることが多かったりするんですね。

 

 

 

「寂しいと思ったと思います」というのも、

考えからの感情を表現してます。

 

 

 

考えから感じても、

本当の意味ではスッキリはしないのですが

 

 

 

考えから感じてる状態とは・・

 

 

 

例えば…

「彼から連絡が来ないだけで見捨てられ不安が出てくるのは、私の恋愛依存が原因なのか〜

 

 

「私の恋愛依存症の原因は、幼少期のあの出来事が関係してるのか〜」

 

 

「彼との関係がうまくいかないのは、こういう心理があるからなのか〜」

 

 

 

これは頭で考えて理解して、そうかそうかと分かった状態なんですよね。

 

 

 

(私がそうでしたが、自分の苦しさの謎が分かった時って、ちょっとスッキリするので、解決できたような気がして満足しちゃうこともあるんですよね〜^^;)

 

 

 

こうして頭で気づいていくことも、とても大切なことなのですが、実は依存の克服は考えて理解するだけでは進まないんです。

 

 

 

頭で理解する事が出来た次に

「感じる」も意識してみて欲しいのですが

 

 

 

例えば・・

     

<彼からの連絡が減った>

この出来事によって

 

 

「私は嫌われてるのかな?」

「私は見放されるのかな?」

「私はどうでもいい存在なのかな?」

 

 

こうした自動思考に対して

どんな感情が出てくるのか?

 

 

悲しいのか?寂しいのか?

思い通りにならない怒りなのか?

 

 

心の中にある感情を味わいながら、

しっくりくる感情を見つけていただきます

 

 

「寂しい…これだ!!」という感情を見つけていただけたら

 

 

さらに寂しい感情を味わってもらいながら

寂しい感情のルーツを探っていただきます。

 

 

 

例えば「この寂しさって、状況は違うけど、小さい時も感じてたな…。そうか、あの時の寂しさが残っているから、毎回恋愛すると同じような寂しさが出てくるのか!!」

 

 

 

こうした気づき方が心で感じてる状態です。

 

 

 

このときの感覚って、腹落ちして、頭に電気が走るような感じです(*^▽^*)

 

 

 

ここまで来ることができたら

今度は「寂しい」という感情を否定せずに、

自分の感情として真っ直ぐに受け取り

 

 

 

寂しい感情を味わいきることができたら

この苦しい寂しさは、

嘘のように消化されていきます。

 

 

 

苦しい寂しさが消化されることで、

寂しいと感じる場面が起こっても

 

 

 

気にも留めなくなったり、

自分で対処できる程度になったり

 

 

    

恋愛相手を変えたとしても、苦しい寂しさが繰り返される事も無くなるので

自分が本当に楽なんですよね(*^▽^*)

 

 

 

ですが・・

 

 

 

それでも感じることを避けたくなる方は、

「感じちゃいけない」という感じる自分を禁止するブロックがある可能性があります。

 

 

 

このブロックが出来上がった原因も幼少期にあるのですが

 

 

例えば・・

 

 

◯親のために感情を表すことを我慢した(お母さんが苦労していた為、いつもニコニコして何もないように振る舞った。私が泣くとお母さんを悲しませると思った…など)

 

 

◯親に対して泣くなどを含めた

自然感情を表現したときに、

怒られる、拒否、笑われる

 

 

◯親から特定の感情を感じることを禁止されていた

 

 

◯いつも怒ってばかりの親を見ているのが嫌だった

 

 

◯両親が感情を自然に表現しない人だった

 

 

◯自分の感情を出すと抑えが効かなくなる恐怖を感じた

 

     

 

こうした経験から感じる力が弱くなり、弱くなると思考が優位に働きやすくなります。

 

 

 

そうなると、いざ自分の感情について聞かれても

分からなかったり

 

 

 

感じようとしても

こわくなってしまったり

 

 

 

カウンセリングでは

感じることから避けようと

話の中心が出来事に寄っていく…

 

 

 

ということが無意識に起こります。

 

 

 

ですがこうした状態には「感じたくない理由」が何かしらあると思うので、私は無理にこじあけて聞き出そうとすることはしないのですが

 

 

 

その理由を見つけないと先に進めないので、

お話の流れから「感じちゃいけない」をテーマにカウンセリングを進め、解決していく場合もあります。

 

 

 

考えが優位になり過ぎてる方は、

時期を見て指摘することもありますが

 

 

 

なるべく自分の力で気づいていただきたいので、「私って感情と考え」どちらが多いのかなぁ〜?って確認してみてくださいね(*^^*)

 

           

 

 

 


◆あなたの依存傾向は?