「父親、母親が許せないと思う方へ」許すってどういうこと?

 

 


◆戻れない過去を「許す」ってどういうこと?


 

アダルトチルドレンや恋愛依存症による

生きづらさから

 

 

自然体でいられる自分

気持ちよく人生を送れる自分になるには

 

 

インナーチャイルドを癒していくことが大前提になります。

 

 

癒しのステップの中で大切なのは、

インナーチャイルド(過去に傷ついたと感じた子供の自分)が、

 

 

過去に起こった出来事や親を「許す」ことなのですが・・

 

 

・許す以前に親や過去の出来事への悲しみが強すぎて、どうしても無理と思うかた

 

 

・許せたとしても、昔されたことは絶対忘れられないから難しいと思うかた

 

 

・大人になった今なら、母親や父親の気持ちを頭で理解できる気もする…でも親にされたことを許すことも思い出すのもイヤと思うかた

 

 

壮絶な経験をされている方ほど

思考で抵抗されるのですが、

このように思われるのも

無理はないと思います。

 

 

私自身も

親を許せないと思ってた気持ちに

長いことフタをし

 

 

現実を直視する怖さから、過去の出来事を不気味なほどに大肯定してましたから(^_^;)

 

     

親を許すって、

<ガマンや忘れる、諦める>

ではないんですよね。

   

     

では「許す」とは

どういった意味なのかと言うと・・

 

      

幼少期の頃の「許せない!」と感じていた怒りなどのネガティヴな感情を思う存分、発散し、認めていくことなのです。

 

 

そして過去に起こった出来事を無かったことにするとか、忘れるとかではなく

 

 

起こった出来事を認め

過去の傷ついた気持ちを認め

 

 

心の奥深くに押し込めた感情を

ありがとうねっ、辛かったねって

解放してあげることなのですね(^-^)

 

 

例にあげると、

虐待された事実を許すわけでも、

肯定するわけでもないです。

 

     

虐待された事実を認め

されて嫌だったことを認め

 

 

嫌だった出来事によって

味わった感情を嘆き悲しむことです。

 

 

傷は残っているけど

その傷を抱え

これからの人生を力強く生きて行こう

 

 

無理にそう思うわけじゃなく

ありのままの自分を受け入れて、強く生きる力を手に入れることです。

 

    

起こった〈出来事や記憶〉は変えられませんが、〈感情を心地良いもの〉に変えることは出来ます。

 

 

カウンセリングやセラピーを使って

過去の色んな感情に向き合うと

 

 

親にたいする怒り、憎しみをこんなにも深く抱えていたんだと気づかされます。

 

 

これでもか、これでもかと何度も何度も湧き水のように湧いてくることもあります。

 

 

私も色んな感情に出会い

もう無理かもしれない…と

 

 

途中で諦めようと思ったこと

怒りを感じるたびに

一生終わりがこないんじゃないかと

自信を失うことが何度もありました。

 

 

感情や心の痛みは色や形や数字となって、目で確認出来ないだけに、終わりがないように感じやすいかもしれませんね。。

 


クライアントさんの中には

 

 

・母親を悪く言う私は冷たい人間ですよね

 

・両親に良くしてもらった記憶もあるし

親不孝に感じてしまいます

 

・母親を許せない私は

心の狭い人間ですよね

 

 

癒しの途中でこのように思われる方もいらっしゃいますが

 

 

親をかばう思いが出てくるのも

自然なことですから

どんな思いが出てきてもOKです。

 

 

自分の中で思う分には自由ですし

どんな感情も、感じきることで完了させていくことができますから

 

 

解放していくことで

もう引きずる必要もなくなります(^-^)

 

     

もし許したくない気持ちが出てきたときは

無理でOKですし

許したくない気持ちも

必要だから感じる感情です。

 

 

インナーチャイルドセラピーを使って

当時の怒りや悲しみを色んな感情に、色んな角度から何度も何度も癒しつづけると、必ず手放せる日がきます。

 

 

そして今起きてる嫌な出来事のほとんどは 

過去の感情の再体験ですから 

 

過去の感情を完結すると、

もう同じ感情を再体験するような出来事が寄ってこなくなります。

 

 

例え起こったとしても気にならなくなりますから、恋愛や人間関係がずいぶん楽になっていきます。

 

 

許せなかった相手にたいして

腹の底から許せるようになると

今度は感謝という暖かい感情が溢れてきます。

 

 

暖かい感情に変わることで、ネガティヴな感情が減り、自分自身のネガティヴな感情に振り回されることもなくなります。

    

  

いま克服中のクライアントさん、

一時的に自信を失うこともあるでしょうが、

自分を信じて進んでみましょう(^-^)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【関連記事】

 

→ありのままの自分を受け入れる・愛する方法が分からない

 

→「自分を好きになれない、愛せない…」自己否定感から抜け出せない方に伝えたいこと

 

 


◆良い子の自分をやめたい方へ