「好きなら普通は連絡してくるはず」この思いの裏にある本当の欲求


■連絡頻度で愛情をはかろうとしていませんか?


 

 

「普通は好きなら

連絡してくるはずですよね…」

 

 

このような捉え方を持つ恋愛依存の方が非常に多いのですが

 

 

お話を聞いていると、ほとんどの方が  連絡=愛情>

 

 

相手からの連絡によって、自分への愛情をはかろうとしているんですよね。

 

 

連絡に愛情を乗せて捉える恋愛依存の人の気持ちを想像するに・・

 

 

彼からの連絡という行為を通して

 

 

自分のことを忘れずに思い出してくれた

 

自分を求めてくれてる

 

自分のために時間をつくってくれた

 

 

そこに愛情を感じるからではないかと

思うんですよね。

 

 

だから彼から動いて連絡してくれないと意味がなかったりして

 

 

たくさん連絡するように

何度もお願いしてみたり

 

それが叶わないと拗ねたり

怒りをぶつけてみたり

     

彼からの連絡を即したいがために

自分からの連絡は我慢してみたり

 

 

色んな作戦を立てて

仕向けていくわけですが。。汗

 

 

彼からしてみると、

彼女が不機嫌になるからメールする

 

メールしても内容が気にくわないと

文句を言われる

 

うるさく言われたくないから

連絡や報告をするような感覚もあって

 

したいからしているのと違って

続きにくいんですよね(^_^;)

 

 

(これは過去の私の痛い経験でもあります。。。汗)

 

 

そうすると、連絡が無いことにどんどん執着したり、連絡がないのは好かれてないからと、不必要に自信を失ってしまったり。。

 

 

それでも彼からの連絡を求めずにいられないとしたら、彼からのメールや連絡の頻度で、

自分は愛されているのか?

そこで愛情の確認が出来るからこそ、連絡をして欲しいし、できるだけ多く連絡が欲しいわけですよね。

 

 

愛情の確認・・・

 

 

私がそうでしたが、これって自分が疲れるだけなんですよね・・・

 

 

こうした確認行為が続くのも、

結局は一時的にしか満たせないからではないでしょうか(ー ー;)

 

 

満たしきれないから、

何度も何度も、もっともっとと…

要求が止まらず

依存が深まってしまうものなんですよね。

 

 

なぜこのような状態が起こるのか?

 

 

心の愛情不足から派生している欲求だから満足しないんです。

 

 

自分の心の中に

<自分は愛される存在である>という思いで満たされていたら

こちらから仕向けてまで

相手の愛情を確認する必要性は無いと思うんですよね。

 

 

なので彼からの連絡が気になって仕方ない状態になるのは、

自分の心の中が愛情を求めている。そのことにまずは気づいてあげてください。

 

 

そしてここでの本質的な問題は、

彼からの連絡が少ない、来ない

言ったことを守ってくれないことよりも

 

 

連絡をもらえることで

相手の愛情をはかろうと

確かめようとすることなんです。

 

 

相手からの連絡で愛情をはかろうする思いの根本的な原因として多いのは・・

 

 

自分のことを忘れずに思い出してくれた

 

自分を求めてくれてる

 

自分のために時間をつくってくれた

 

 

幼少期の頃にも近い存在から

こうした経験を通して愛情を感じられた

もしくは、

求める愛情表現が得られなかった

このような思いの経験が

深く関係しているようです。

 

 

同じ愛し方だとしたら

例えば・・

<親は誕生日は必ず祝ってくれた>

 

普段は愛情表現をあまりしない親でも

この時だけは

ちゃんと覚えてくれていて、

楽しそうに祝ってくれて

自分だけを見てくれていると感じられた経験とかですね。

 

 

求める愛情表現が得られないだとしたら

例えば・・

 

抱きしめもらうなどの

スキンシップ不足

 

可愛いね、大好きよなどの言葉での愛情表現

 

怒りを含めた、ありのままの自分の感情を受け止めてもらえなかった

 

じっくり話を聞いてもらえなかった

 

 

などなど。。

 

 

幼少期の頃の近い存在から学んだ愛し方じゃないから、しっくりこないのか

 

 

幼少期の頃の近い存在に

望むような愛情をもらえなかったから

今は相手を変えて満たそうとしているのか

 

     

ということにもなります。

 

 

それから不思議なことに、こうして連絡を求める方に限って、連絡に対して淡白な男性とお付き合いされるんですよね(^◇^;)

 

 

(私もありましたが…汗)

 

 

クライアントさんからも、

「私って矛盾してますよね〜」なんておっしゃる方もおられましたが

 

 

無意識・・

潜在意識の中ではむしろ自然なことで

 

 

愛情不足の状態ということは、

<私は愛される存在では無い>この思い込みがあることが多く

 

 

その思い込みを証明するかのような男性を引き寄せたり

 

 

望む方法で愛して欲しかった存在に満たしてもらえなかったからこそ

 

  

親と同じような特徴が入ってる男性から

再挑戦して

満たしてもらおうと

 

 

再体験していくという場合もあるんですね〜

 

     

心にはこうしたカラクリがあるので

苦しい思いを手放す手助けとして

満たせてない思いの原因を探す作業を取り入れています。

 

 

ですので恋愛を通して出てくる自分の要求の裏には、何かしらの欲求が隠されています。

 

 

そこにこそ、苦しい思いを手放していくヒントが隠れていますから、自分の心の欲求は何なのか?感じてみてくださいね。

 

 

 

 

<関連記事>

 

「自分を優先してくれない彼氏」後回しにされる事が嫌な人の心理 

 

彼氏と会えない時間が続くと「私のこと忘れないかな…」そう思う心理

 

「彼氏からの返信を待つ我慢が出来ないです」待つ事が出来ない心理

 

彼氏に試し行動をやめられない原因と、見捨てられ不安の関係

  

恋愛依存症の克服に効果的なインナーチャイルドの癒し

 

●記事執筆者:心理カウンセラー畠山ユキ子

2011年から心理カウンセラーとして、

4700件以上(2022年現在)のカウンセリングを実施。

専門は愛着障害、毒親、機能不全家族から生じる生きづらさ、心の傷や依存問題、トラウマ感情、共依存症(恋愛依存・回避依存)、母娘共依存、親子関係、職場関係、恋愛関係等の対人関係のご相談を現在も受けています。

過去には「恋愛依存症専門カウンセラー」としてマスメディア出演等の活動経験も有り。

>>相談できるカウンセラーの詳しいプロフィールはこちら

 

 


■依存的な恋愛をやめる方法を詳しく知りたい方へ


 

●恋愛依存症による「彼氏依存」から抜け出す方法

 

【目次】

 

⑴ 冒頭の説明(依存感情が抜けていく過程など・・)

 

⑵ 恋愛相手を変えても、依存感情が繰り返される原因

 

⑶ 依存感情はどうしたら満たされ、解消されていくのか?

 

⑷ 恋愛依存の感情を癒すとは?

 

⑸ 依存感情を癒す方法(ワーク付き)

 

 

 


■依存別チェック無料診断