「私が愛されるわけがない」この思い込みがあるから追いかける恋愛から抜け出せない


◆恋愛の流れを変えるなら、自分の中の思い込みをどうにかしましょう〜


 

 

恋愛依存をテーマとしたカウンセリングでは

 

 

「私が愛されるわけがないこの思いを持つ方が非常に多いんですよね。

 

 

なぜこの思いが生まれるのかと言うと

 

 

「私には愛される価値がない」という思いを心の根っこに抱えているからです。

     

 

私には愛される価値がない・・

この思いを持ったまま恋愛をするとどうなるのか?

 

     

「私って好かれてる?」という不安をいつも抱えることになったり

 

     

彼に愛されるために頑張っても、彼の気持ちが離れていくとか

 

     

都合のいい女止まりでその先に関係が進まないとか

 

     

こうした不安や不信感を感じる恋愛に向かっていきやすいんですよね。

     

 

そうなると大体の方が、

ここから何か変えたい!ということで

     

 

彼に追いかけてもらう女になろうと

     

 

自分磨きのためにダイエットや女子力を高める努力をしたり

 

     

彼に合わせて聞き分けのいい女を演じてみたりと

 

     

相手に認めてもらうための努力 がはじまる訳ですが

 

     

その努力が悪いわけではないのですが、相手に認めてもらうための努力になっていると

     

 

その努力を認められてないと感じた時、相手からの見返りがなかった時に、怒りや虚しさが浮上して

 

 

余計に無価値感を感じ、自分自身が苦しい状態に置かれてしまいます。

 

     

本当は。。。

 

 

無価値感を感じることは辛いはずなのに

 

 

結局「私はダメなんだ」とか、「私は愛されないんだ」と思うことになります。

 

     

繰り返されるこの気持ち、何度も味わうのは辛いでしょうし、望む恋愛とは違った流れになってしまうと思いますが

 

     

潜在意識からすると

「あなたの望みを叶えている」ことになるんですよね〜^^;

 

     

なぜかと言うと・・

 

         

潜在意識は、潜在意識にある思いを「望んでいること」として認識しますから

 

     

「私は愛される価値がない」という思い込みがあれば、その通りの現実をつくるように働くので

 

     

愛されにくい恋愛になっても、不思議なことではないんですよね〜

 

     

ここから抜け出すにはどうしたらいいのか?

 

     

「私は愛される価値がある」

 

 

「私は無条件に愛される人間です」

     

 

このような肯定的な思い込みに変えられたらいいのですが

 

     

心でそう唱えても・・

 

 

「でも・・・私なんて・・・」という思いが出てきたり

 

 

「少しずつ思えてきても、いまいち現実は何も変わらない・・」だとしたら

 

    

頭でそう思い込もうとしているだけであって

 

     

心である、潜在意識はそうは思ってないから、現実が変わらなかったり、無価値感が湧いてきてしまうということが言えると思います。

 

     

この思いを一時的にではなく、心の土台から変えるには、潜在意識=思い込みを抱える自分を納得させなければならないのですが

 

     

その効果的な取り組みの一つが

 

 

インナーチャイルドの存在に気づき、丁寧に癒していくことです。

 

 

_______________

※関連記事

 

→依存感情を和らげる、思い込みを手放すために有効なインナーチャイルドの癒しについて

 

________________

     

 

カウンセリングでは、「思い込み」が出来上がったのはなぜなのか?という話し合いをすることがありますが

 

 

クライエントさんと一緒に、その原因を遡っていくと

 

 

ほとんどの方が、幼少期の頃の感情体験のお話になっていくんですね。

 

 

思い込みを持つ自分というのが、子供の自分=インナーチャイルドとも言えますので

 

 

インナーチャイルドと向き合っていくと、思い込みって見つけやすかったりします。

 

 

インナーチャイルドとは、潜在意識の一種 だからです。

 

 

 

その当時に出来上がった思い込みとして向き合うことで、思い込み自体は書き換えやすかったりします。

 

 

例えば実際の向き合い方の一部として紹介すると・・・

 

 

「愛されるわけがない」という思い込みがなぜ出来上がったのか?

 

 

記憶を辿りながら、

心の中の思いを感じていくと

 

 

下の妹弟が生まれてから、

親の関心が自分に向かなくなったとか

 

 

他のきょうだいと比較ばかりされてきたとか

 

 

お父さんが不倫相手に夢中になっていたとか

 

 

自分以外の誰かや何かに、愛情や関心が向けられた経験から

 

 

「お母さんは自分よりも他のきょうだいの方が好きなんだ」

 

 

「私は大事にされないんだ」

 

 

「私は選ばれないんだ」

 

 

という感情体験から

 

 

「私は愛される価値がない」

 

 

と思い込んでしまうこともあります。

 

 

そこで改めて、大人の自分の目線も入れて、当時の思い込みについて考えていただきます。

 

 

「本当に、お母さんは、自分のことを愛してなかったのか?」

 

 

 

ここで誤解であれば、誤解を解き、

実際に虐待や暴言という辛い体験があったのならば

その感情からまずは癒してあげます。

 

 

そんなことで〜?とか、他の家庭も同じでしょ〜?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが

 

 

大人の自分からそんなことでも、子供の自分からしたらとても重要なことなんですよね^^

 

 

それに同じ親に育てられても、きょうだいそれぞれに感じ方の違いがあるように

 

 

一般的に起こり得るから関係ないわけではなくて

 

 

当時の自分がどう感じたのか?

 

 

ここが一番重要になります。

 

(※人によってアプローチはバラバラなので、全ての方に当てはまる取り組みではありませんので、一つの例として参考になさってください。)

 

 

こうした作業を積み重ねていくことで

 

 

心の土台から「私は愛されるに値する人間なんだ」という思いに修正していくことができます。

 

 

人は、心根に「私は愛される人間なんだ」という思いを持つと

 

 

とても満たされた気持ちになりますから

 

 

相手の言動や行動に敏感になって、不安にならなくなっていくんですね。

 

 

何より、愛されてると感じられる現実に、流れを変えていくことができますから

 

 

恋愛が上手くいくようになったり

 

 

自分が愛される恋愛を受け入れることができるので、幸せになれるパートナーも見つけやすくなります。

 

 

思い込みを手放す取り組みは色々あるのですが、恋愛依存症を抱える人にはインナーチャイルドの癒しがとても効果的という結果があります。

 

 

でもこれをやらないと手放せないわけではなく

 

 

カウンセリングを使ってカウンセラーと対話を重ねていく対話セラピーも効果は出ます。

 

 

今の自分が取り組みやすいものでOKですので

 

 

ひとりで抱え込まずに、いつでもご相談ください^^

 

 

 

 

________________

 

※関連記事

 

恋愛依存と普通の恋愛は何が違うのか?

 

 

 


◆依存的な恋愛から卒業したい方へ


 

 

●恋愛依存症による「彼氏依存」から抜け出す方法

 

【目次】

 

⑴ 冒頭の説明(依存感情が抜けていく過程など・・)

 

⑵ 恋愛相手を変えても、依存感情が繰り返される原因

 

⑶ 依存感情はどうしたら満たされ、解消されていくのか?

 

⑷ 恋愛依存の感情を癒すとは?

 

⑸ 依存感情を癒す方法(ワーク付き)

 

 

 

_______________________

 

●恋愛相手と距離を置いている時に出てくる不安への対処方法

 

 

【目次】

 

⑴ 禁断症状の乗り越え方

 

⑵ 相手と距離が離れたら、相手の気持ちも一緒に離れるのでは?

 

⑶ 別れたい衝動が出てきた時は・・

 

⑷ 相手の態度や言動で不安になった時は・・

 

◉最後に〜

恋愛依存の克服に必要な心の在り方

 

 


◆あなたの依存傾向は?