◆恋愛依存症の特徴◆


 

恋愛依存症は、親のような「無条件で確実な愛情」をつねに恋愛相手に求めています。

  

恋愛相手に求めてしまう原因は、幼少期の頃に、両親または養育者との適切な絆が保たれていなかったり、幼少期に見捨てられた(またはそう感じた)辛い経験があるからです。

     

幼少期に見捨てられたと感じた痛み、傷ついたと感じた経験が癒されないまま、その傷は放置された状態で大人に成長されてしまった為、誰かと居ても、自分と居ても安心できないとい感覚を持ってしまったのです。

     

でもその思いを持ったままでは辛いから、埋めてくれる誰かや、無条件の愛情を与えてくれる存在を求め、自分の低い自己肯定感や自己否定による苦痛が和らぐと無意識に誤解しているからです。



ですが幼少期の頃に、保護者から十分な愛情が満たせないと、自分を肯定する力を持つことが難しくなります。

 

よって、深い寂しさや虚しさ、孤独感を抱えることになります。

 

幼少期の見捨てられ不安は、大人になっても消えることはなく、恋人に見捨てられそうになると、過去に感じた感情が刺激され、怒りや悲しみ、恐怖、自己否定に襲われます。

 

この感覚を落ち着かせていくには、自分の中にいる内なる存在、インナーチャイルドに気づくことです。

 

→その他の恋愛依存症の種類(恋愛依存、回避依存、ロマンス依存、セックス依存)

 

 

【あなたの依存傾向は?】

 

①しがみつく恋愛、見捨てられ不安を抱えやすい「恋愛依存症」の診断シート 

 

②幸せや、親密な関係から逃げたくなる「回避依存症」の診断シート

 

     


◆恋愛依存症になりやすい・・幼少期の家庭環境


 

・ 両親が依存関係

 

・幼少期に、親からの愛情をしっかりと受け止められなかったと感じて育った

 

・両親が無関心・放任だった。または関心がないと感じていた

 

・家庭の事情により、両親(特に母親)と離れて暮らしていたり、暮らしていても関心がなく、祖父母から愛情をかけてもらっていた

 

・両親の喧嘩が絶えず不仲だったり、離婚や死別の経験がある

 


◆恋愛依存傾向の診断シート◆


(2021年11月改正)

 

① 恋愛が進むと不安定になり、苦しい時間の方が多くなっていく。

 

「あの人無しでは生きていけない」と思ったことがある。

 

③ 相手の予定に合わせてスケジュールを決めるのは当たり前で、突然相手に誘われたら、友達と約束をしていたとしても、当然のようにキャンセルして相手に合わせる。

 

④ 相手から、いつか捨てられるのではないかと、「見捨てられ不安」を感じながら一緒にいる。

 

⑤ 職場の付き合いなど、自分以外の人を優先している事を知ると嫉妬で狂いそうになる。

 

⑥ 寂しさのあまり、好きでもない人とデートをしたり、体の関係を持ったことがある。

 

⑦一目惚れや恋に落ちるのはあっという間だが、冷めていくのも早い。

 

⑧ 「絶対的な愛情」を相手に求めてしまう。

 

⑨付き合っている間、別れたり、戻ったりを繰り返している。

  

⑩ 四六時中相手の事を考えてしまうため、仕事に集中できなくなったり、不安なことがあると生活に支障が出ることもある。

 

⑪ 相手と喧嘩したり、不安なことが起こると、仕事を休んだことがある。

 

⑫恋愛が始まったり、誰かを好きになると、それが生活の全てになり、他のことや同性の友達付き合いなど、どうでもよくなってしまう。

 

⑬連絡は朝から晩まで毎日でも取りたいし、毎日でも会いたい。

 

⑭「付き合ったらこうするべき」というマイルールを相手に強要することがある。

 

⑮彼の予定を想定して、自分のスケジュールを空けたり、調整する。

 

恋愛は不安や苦しいもの、好きだから苦しくなる、情があるから別れられないと思ったことがある。

 

⑰相手の行動を知っておきたいし、本当は逐一報告して欲しい。

 

⑱相手からの連絡へ返信がなかったり、既読や未読のままだと、不安で仕方ない。

 

⑲自分が追いかける恋愛はいいが、追いかけてくる相手には興味や魅力を全く感じない。

 

⑳自分の事を優先してくれなかったり、大事にしてくれてないと感じると不満や不安を感じる。

 

 

 

◆3つ以上当てはまる方は「恋愛依存」の傾向が強いです。

 

5つ以上当てはまるのでしたら、カウンセリングをお勧めします。

回復に向けてカウンセリングを進める場合は・・

 

 

→3~5当てはまる方は、月1回〜2回のカウンセリングが目安になります。

 

→10以上当てはまる方は、月2回〜3回のカウンセリングが必要になります。

 


◆恋愛依存症を克服したいあなたへ


 

※恋愛依存症克服の補助となる詳しい説明は、下記のリキューの方でご購読いただくことができます。

 

リキューでの説明は、自身の経験や、実際にクライアントさんに実践頂いて効果のあったものなど、回復に役立つ内容を発信しています。

 

リキューを使う理由は、これまでも、これからもですが、自己投資で知り得た内容、スキルアップなどによって書ける内容でもある事と

 

「本気で取り組みたい」と考えている方だけに「大切な情報」を届けたい・・・

 

そして読むカウンセリングとして活用頂きたいという思いで、一記事一記事愛情を込めて書いています。

 

タイトルや目次をご覧いただいて、気になるものがありましたら、ぜひ読んで頂けたらと思います。

 

____________________________________________




◆恋愛依存によくある不安◆



◆恋愛依存症と回避依存症の恋愛