彼氏との関係から出てくる問題は、あなたが成長するために起きてる試験なんですよ


◆辛い出来事は、次のステージに進めるチャンス?!


 

クライアントさんからのメールの言葉をおかりて・・

 

〈 自分が今変わるための試練を彼が与えてくれているように感じます 〉

 

素敵な気づきだなと感じました(^^)

 

 

私の経験からも、

試練だと思う出来事って

運や彼が悪いと捉えるか

自分の学びとして捉えるかでは

自分自身の成長に

大きく差が出ると思います。

 

 

でも人って、

試練と思うほどの辛いことがあって

はじめて自分の心の状態や

心にあった傷に気づき、立ち止まってみようと思うのかもしれませんね。

 

 

恋愛依存症の人が思う試練とは

 


・彼の態度がそっけない

 

・彼が結婚から逃げる

 

・彼からの連絡が少ない

 

・彼から求めてくれない

 

・彼の愛情表現が少ない

 

・彼は約束を守ってくれない

 

・彼が私を見捨てないか不安

 

・彼は私の全てを受け止めてくれない

 

・気分屋の彼に振り回されてうんざりする

 

・彼が怒りっぽいから、私は自分の意見を言えない

 

など…

 

 

相手がこうしてくれないから、

相手がこういう人だから私は苦しむと、

不安になったり辛くなっていくわけですが

 

 

こう言った不安の多くが

彼にその不安を感じさせられているように思いがちですが

 

 

じつは自分の中に不安があるから出てくる

自分持ちの感情なんです。

 

 

ズバリ!!!彼は、あなたの心の傷のフタを開くきっかけをつくった存在であって

 

 

元々、

あなたの心の中にあった

心の傷が反応したから



彼が感じさせているように、思い違いしているだけなんです

 

 

元々あった心の傷というのは

最初の傷のことを指すのですが

 

 

最初とは、

親や養育者に傷つけられた

または傷ついたと感じた

幼少期の頃の記憶の傷です。

 

 

親から受けた傷というと・・

 

私は普通の家庭だから傷ついてない

私は愛情を与えてもらったから傷つくはずかない

思い当たる傷が一つもない

 

と、思っている方もいらっしゃいますが

 

 

・無視

 

・ため息

 

・スキンシップ不足

 

・否定的な態度や言動

 

・親の都合での子供への期待

 

・過大評価

 

・親の愚痴聞き

 

・放任と言う名の無関心な態度

 

・親同士の喧嘩、不仲

 

・父親、きょうだいをひいきする態度

 

・親のヒステリーや気分屋

 

・親自身が不安定

 

などが例としてあります。

 

 

よくよく振り返ってみてください

 

 

彼の中に、親と似た特徴はありませんか?

 

 

彼にまるでお母さん、お父さんのような愛情を求めていませんか?

 

 

お父さん、お母さんと同じように

彼に対して顔色を伺って接していませんか?

 

 

お父さん、お母さんのように

ヒステリー、暴言を吐く人がこわいはずなのに

彼氏として選ぶ人が、さされて嫌だったことをする人ではありませんか?

 

 

幼少期の頃に経験した気持ちを

現在も体験していませんか?

 

 

頭ではなく心で感じてみてください

 

 

幼少期の傷といっても

親がわざと傷つけようと思って

つけた傷ではないかもしれませんが

 

 

親自身も傷を抱えて成長していると

他の愛し方を知らなかったります。

だから連鎖していくのです。

 

 

なので親を悪者にするために

過去を癒やすのではなく

 

 

されて嫌だったこと、

吐き出しきれなかった思い

満たされなかった思いを感じ

存分に、

自分のために悲しみきってください。

 

 

そして今ある心の傷、傷つきやすさ

不安定な感情になる本当の原因は

彼の中には無いことに気づきましょう

 

 

彼ではなく、

自分=内なる自分(インナーチャイルド)の声に耳を傾けるように意識しましょう〜

 

 

そこに立って

はじめて根本解決に向かって心が進み出します。

 

 

私が根本解決に向けて

カウンセリングを行う理由は

 

 

最初の傷を癒さない限り

傷口を開くような辛い恋愛を引き寄せ

何度も同じ感情をくり返すからです

 

 

たとえ相手を変えたとしても

考えないように感情を押し殺しても

自分の心の中の傷は無くならないからです

 

 

あなたの中にもこんな葛藤はありませんか?

 

 

「本当はこんな恋愛望んでないのに…」

 

「本当は違う男性を選んだ方が幸せだと分かっているのに…」

 

「本当は彼氏中心じゃなく、自分の好きなことをしたい人間なのに…」

 

「本当は不安になったり、疑う自分にはなりたくないのに…」

 

 

本当の思いを持ってる自分と今を生きるには


今の大人の自分が

傷ついたチャイルドの感情を満たし

消化していくことです。

 

 

癒すためのナビは私が行いますが

 

 

チャイルドがどんな感情を持っているのか?

心の中を見つめたり

感情を感じきる作業は

クライアントさん自身の役割です。

 

 

だから自分にしか

自分を癒せないのです。

 

 

でも一人じゃ難しかったり

向き合うことが辛いこともありますよね。

 

 

だからこそ、

二人三脚で乗り越えていきましょう!

 

 

中には向き合うのがこわい、逃げたいとおっしゃる方もいらっしゃいます

 

 

でもそのこわい、逃げたい気持ちも

じつはチャイルドの抵抗なんです

 

 

こわい、逃げたい方は

向き合えるまで私は待っていますから

その時が来たらまた一緒に歩きましょう(^^)

 

 


◆あなたの依存傾向は?◆