健全な人間関係を築くには、健全な心の状態を知ることからはじめましょう!

 

依存の克服を進められている方は、克服した先にどんな人生を築いていきたいと考えていますか?ゴールが曖昧だと「なんのための克服なのか?」と目的を見失いやすいと思いますので

 

依存的な人の反対・・「健全な人」

どういう状態が健全なのか?

ご自分に当てはめながら読んでみて下さい☆


◆どういう状態が健全なのか?


 

「依存関係ではなく、健全な関係をつくりたい」というお声を聞くことがありますが

 

 

私自身も依存の克服を目指していたころは「何が健全なんだろう?」とまだ掴めずにいました。

 

 

健全な関係を目指すなら

まずは自分自身が「健全な人」になることを意識してください。

 

 

前回の記事で<完璧な人間は存在しない>とお伝えしましたが

 

 

健全の定義が難しいですから

依存の克服にも<完璧な克服>というのはありません。

 

そして私カウンセラー自身も完全な人格者、存在ではないのですね。

 

 

「心が完全に健全な人」はいませんが

目指すことで健全な状態に近づくことや、健全な状態に自分自身を保つことはできると思いますので

 

健全な人というイメージがまだ掴めずにいる段階の方は、ぜひ克服の目安にしてみてください★

 

 

健全な人とは・・

 

☑ 与えるものと、与えられるもののバランスがとれている(クレクレちゃんになってないか?)

 

☑ 相手の価値観を認めることができる人(相手もOK、自分もOK)

 

☑ 自分の感情を自分でケア出来る人

 

☑ 他人と適切な境界線で交流できる人

 

☑ 自分にも相手にも責任がもてる人(責任転換ばかりしていないか?他人のとるべき責任まで背負い込んでいないか?)

 

☑ 自分の感情や考えを適切に表現できる人

 

インナーチャイルドが癒されている人

 

☑ 相手を支配、コントロールしようとしない(自分と他人は違う人間だという認識)

 

☑ 自分自身のことを把握できている(自己分析できているか?)

 

 

ざっとこんなかんじでしょうか。

 

 

依存を克服するためには・・

 

 

過去の抑圧された感情の解放。

 

過去に両親や養育者から

得られなかったこと

されて悲しかったこと苦しかったことを認め、嘆き悲しみきること。

 

満たされなかったと感じた感情を満たすために

インナーチャイルドセラピーで<傷ついたと感じた子供の自分>の感情を癒すこと。

 

偏った考え方、極端な価値観を修正すること。

 

これらが必要になります。

 

 

恋愛依存症・回避依存症・共依存症など

私が提供する依存克服カウンセリングは、これらを意識して進めています。

 

 

ですから・・

ご自分でできることは

ご自分でやっていただき

 

できないことはカウンセリングを使って

心に介入していきます。

 

 

克服に関して最初から出来ないことが多くて当然ですし

 

皆さん、克服が進むと「出来る」を増やされていきます(*^^*)

 

 

あるクライアントさんから・・

「一生、ゆきさんについててもらうわけにもいかないから、自分でも努力中です」

 

と、おっしゃっていた方もいますが、その意識がとても大切だと思います(^^)

 

 

確かに・・

もし私がお金儲けのためだけにカウンセラーをやっているなら

料金も高額にし、依存にも詳しいわけですから、クライアントさんを依存させてリピートするように仕向けるのでしょうが・・(笑)

 

依存させてもクライアントさんの成長のためにならないですし、私自身の経験や技術も向上しません。

 

結果、誰も幸せにならないんですよね(^^;

 

 

私は、1日も早く依存から卒業してほしいと願っています。

 

 

少し話は逸れましたが。。

 

心の苦しさを刺激する<強い感情>を和らげていくことはもちろんですが

 

自分自身の<価値観の修正>も

依存の克服には必要だということを知っておいてください(^-^)

 

 

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

今回の話しはなんとなくわかるけど・・

自分と向き合いうのはコワイ気持ちがあると思う方、

よかったらこちらを読んでみてください★

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 


◆あなたの依存傾向は?◆




◆依存の関連記事◆