境界線を意識出来てますか?彼に対する心の距離が近過ぎるから依存関係をつくり出す

 

「対人関係での距離感が近くなり過ぎてしまう方」「恋愛では共依存関係になりやすい方」

 

境界線が曖昧になってしまうことで弊害が生じてしまっている方には、ぜひ知っていただきたい考え方の一つを今回お伝えしたいと思います。

 


■ゲシュタルトの祈り


 

心理学の世界では有名なゲシュタルト療法のひとつの理論です。

 

 

良かったら、

声に出して読んでみてください。

 

 

 

”私は私のために生きる

あなたはあなたのために生きる

 

私はなにも

あなたの期待に応えるために

この世に生きているわけじゃない

 

そしてあなたも私の期待に応えるために

この世に生きているわけじゃない

 

私は、わたし

あなたは、あなた

 

でも、偶然が私たちを出会わせたなら

それはそれで素敵なことだ

 

たとえ出会わなくても

それもまた素晴らしいことだ”

 

 

by . フレデリック・バールズ

 

※この詩はゲシュタルト療法を創設した、フレデリック・パールズによって書かれたものです。

 

 

これは今では私の好きな考えの一つであるのと、共依存関係から脱却するための指針としてもお勧めの考え方なので、私のカウンセリングでは、この理論も取り入れています。

 

 


■境界線の曖昧さは、依存関係になりやすい


 

  

実際に詩を読んでみて

 

あなたはどんなふうに感じますか?

 

 

 

ご自分のパートナーや、身近な人間関係に置き換えたとしたら、どんな気持ちを感じるでしょうか。

 

 

例えば過去の私なら、正直、他人行儀だなと感じました^^;

 

 

ある意味衝撃を受けたというか・・・

 

 

冷たいと感じながらも、そんな人間になれるのか?

 

 

もしそうなれるなら、そうなりたいとも思いました。

 

 

でもこの詩の内容は、境界線が無いような関わりをする人からすると、少し厳しく感じるかもしれません。

 

 

私の所にご相談に来られる方の多くが、依存的な関わり方をすることで問題が起こっている方がほとんどなので

 

 

最初は「彼」と「自分」の間には境界線があること

 

 

そして区別できるようになることで付き合い方が楽になることを知らない方ばかりなんですね。

 

 

依存的な関係を求める方、なってしまう方というのは

 

 

例えば

 

私はあなたの期待に応えるためにこの世に生きているわけじゃない

 

というよりも

 

「あなたの役に立てる事が私の生きがいであり存在意義」

 

 

 

このような思いを持ちやすいため、 

 

 

夫婦だから、恋人だから、好きなもの同士ならと

 

 

自分と相手をべったり重ねてしまうような付き合い方を好みます。

 

 

相手が自分の一部になり過ぎてしまうからこそ

 

 

相手が自分の思う通りに動かなかった時、自分の思う通りの愛し方をしてくれない時に、強い怒りや不安を感じるわけです。

 

 

例えば日々のやり取りでは

 

 

LINEや電話などの連絡が少ないと、愛されてないと感じたり

 

 

約束してたデートを仕事の事情でキャンセルされると 

愛されていないと感じたり

 

 

いつもの夜の電話に

彼の予定で出来ないと断られると

愛されていないと感じたり

 

 

今週は疲れてるから

会えないと言われると

愛されてないと感じたり

 

 

いつもの決められたパターンが

たった1日、

少しでも変わるだけでソワソワする・・・

 

 

思い当たる所はありませんか?

 

 

もし当てはまるとしたら、共依存や恋愛依存の傾向が強いのかもしれません。

 

 

そもそも人間は他人にはコントロールされたくないですし、コントロールできないものをコントロールしようとするから苦しくなると言っても言い過ぎではないと思います。

 

 

自分の思う通りに出来るのは「自分」だけですし

 

 

自分の寂しさを満たしてあげられるのも「自分」なんですよね。

 

 

 

他者に満たしてもらうことを求める依存的な付き合いではなく、 自分で自分を満たし、幸せにすること

 

 

これを先に自分で決めることです。

 

 

適切な距離感を掴んでいくには、まずはここから始まります。

 

 

 

お互いに境界線を守る付き合いに近づけるほど、恋愛での苦しさは減っていくはずです。

 

 

恋愛や対人関係をもっと楽に付き合えるようになりたい方は、ぜひ参考になさってください(^ ^)

 

 

 

 

<関連記事>

 

「自分を優先してくれない彼」後回しにされるのが嫌な人の心理 

 

彼と離れるのが怖いと感じる時に出てくる不安への考え方

 

「彼に愛されているのか分からない」愛情に不安を感じやすい原因は

 

「母親と共依存?」実家を出たいけど親を残すことに罪悪感を感じる心の葛藤とは

 

 

 

 

●記事執筆者:心理カウンセラー畠山ユキ子

2011年から心理カウンセラーとして、

4700件以上(2022年現在)のカウンセリングを実施。

専門は愛着障害、毒親、機能不全家族から生じる生きづらさ、心の傷や依存問題、トラウマ感情、共依存症、母娘共依存、恋愛関係等の対人関係のご相談を現在も受けています。

過去には「恋愛依存症専門カウンセラー」としてマスメディア出演等の活動経験も有り。

>>詳しいプロフィールはこちら

 


■人との適切な距離の取り方を詳しく知りたい方へ


※下記の画像をクリックすると、ご購読いただけます。

 

●恋愛や人間関係での【適度な距離感】が分からない人に必要な境界線の取り方

 

【目次】

  

⑴ 境界線がない状態

 

⑵ 健全な境界線

 

⑶ 健全な関係は喧嘩はしないのか?

 

⑷ 健全な関係を作る方法(考え方)

 

⑸【おまけ】回避依存との距離の保ち方

 

 


■依存別チェック無料診断