自分の欲しい答えや正解だけを言ってくれる人を求めるから、自分の軸が育たなくなる

 

恋愛依存症の克服が進みにくい方の特徴をお伝えします。思い当たる方は

参考にしてみてください(^^)


◆他人の意見に左右されやすい傾向はありませんか?◆


     

恋愛依存症の人の特徴として

 

他人のためなら

自分のことのように考えたり

自ら他人の問題を背負い込んだり

     

他人のためなら

がんばれる所もあるようなのですが

     

自分のことを自分で考えたり

〈選択・決断〉が苦手なようです(^-^;)

     

 

例えば・・

 

 

彼に愛されているのか?

彼がどう思っているのか悩み、

迷い、不安になり

 

 

ある人に意見を求めたら

肯定的な意見で少し安心できた

     

 

でもしばらくしたら

また不安になり

 

 

違う人に意見を求めたら

今度は否定的な意見を言われ

益々不安になった

 

 

自分から意見を求めたものの、

否定された言葉が頭から離れず

 

 

どっちの意見を信じたらいいのか?

自分がどうしていいのか分からなくなり

 

 

肯定的な意見だった人から

もう一度、意見を求めたら

やっぱり安心できた。

 

 

この一連の流れに誰が足りないのか?

「自分」になります(^-^;)

 

 

「自分」が不在だから

色んな意見に振り回され

心がグラつくのです。

 

     

人に自分の正解を求めようとする

自分の不安を人に解消してもらおうとする

人の意見に左右されやすい

    

     

これは依存的であり、

他人主体の状態です。

 

     

彼氏主体になってしまう

恋愛依存状態と同じなんですよね(T-T)

 

 

こういった方の心理は

自分の考えに自信がなかったり

普段から不安が強く

 

 

人から「正解」をもらうことでしか

安心を得られないと

思い込んでいるのかもしれませんね。。

 

 

ここで誤解してほしくないのは

人を頼ってはいけない…という

ことではありませんからね(^-^;)

 

 

自分で出来ないことや

自分で考えても煮詰まって

分からないこと

 

 

やってみて出来ないのなら

人に頼ることも大切だと思いますが

 

 

自分で考えたり行動する前に

人に答えを求めるのは

 

 

依存的であり

他人任せになります。

 

 

そんな私も過去に、

占いをハシゴするくらい

答えを求めていた経験があって

 

 

(当時は自覚ナシでした・・^^;)

 

 

自分の欲しい答えじゃないと

自分が否定されたような

受け容れ難い現実を突きつけられてるような気持ちになり

 

 

占い師をダメ出ししたり

当たらない!

分かってない!と、

相手のせいにすることもありました(^-^;

 

 

当時はそれが正しいと思っていましたが

いま振り返ると

 

 

自分の問題から逃げる口実に

人のせいにして

 

 

まるで自分が被害者のように

現実を認めることから

逃げていたと思います。

 

 

現実を認められなかった時期は

自分の心の中を知ろうとも

受け入れようともしなかったので

苦しい現実のままでした。

 

 

これがカウンセリングの場合だと、

 

 

どうしたらいいですか?

 

 

こうなりがちなのですが、

これは自分主体ではなく

カウンセラー主体の状態です。

 

 

もし質問されたとしたら

どうしたいのですか?

私はこう質問します(^-^)

 

 

克服のアドバイスもそうですが

それをやったらどうなりますか?

本当に楽になりますか?

 

 

やってみてどうだったのか?

体感することに意味がありますし

 

 

クライアントさんのための

克服ですから

 

 

私が考えて答えても

クライアントさんの為には

ならないんですよね(^-^;

 

 

自分で考える前に

答えを求めるクセがある方は

     

 

人に聞きたい質問を、まずはそのまま自分に投げかけてみてください。

 

 

自分の心の中の答えに

正解、不正解はありませんから

 

 

「分からない」と、出たとしても

それも一つの答えなんですよね(^-^)

 

 

分からないなら、

何がどう分からないと感じるのか?

 

 

考えたがらない自分と

対話してみるように進めてみてくださいね。

 

 

カウンセリングの使い方も

正解や答え探しばかりだと

克服が進みにくくなってしまいますから

 

 

いま目の前の問題に対して

 

 

彼じゃなく

 

 

自分が、どんな状態なのか?

どんな気持ちを感じているのか?

自分を知ろうとする。

 

 

くれぐれも自分の心の中を見たとき

考えや感情をジャッジしないように、

 

 

ただ観察するように

意識してみてくださいね〜〜(^-^)

 


◆あなたの依存傾向は?◆