カウンセラーの対応が冷たいと感じる方へ〜〜依存から自律する過程に通る道

 

クライアントさんからも感じられることなのですが、恋愛依存症や共依存症の克服途中に起こりやすいことについてご紹介させていただきます。

 

健全な関係を目指すなら

知らなきゃ損!です(^-^)

 

人間関係には、お互いを守る「境界線」があるってご存知ですか?

 


◆カウンセラーに依存したい人ほど、物足りないと感じやすい


 

私が普段、どんなことを意識してカウンセリングを行っているかと言うと・・

 

 

私はクライアントさんに対して

心理的援助をさせていただく立場であること



そしてカウンセリングはクライアントさんのための時間ですから

 

 

カウンセリング中は、私の感情・考えは脇に置いて、クライアントさんの気持ちや考えに焦点を当て、気持ちに寄り添いながらお話を聴かせていただいています。

 

 

私はクライアントさんの味方であり

世界観そのままを共感・理解しようという姿勢で

カウンセリングを行っているのですが

 

 

クライアントさんの心の状態によっては、

否定されているように捉えられてしまったり、理解されていないと捉えられてしまうことがあります。

 

 

しっかり気持ちに寄り添う力が足りなかった

私にも問題がありますが

 

 

恋愛依存症の方は

分かって欲しい気持ちがとても強いので

 

 

カウンセラーの先生なら分かってくれるという大きな期待もあり

自分の期待に至らないと

 

 

自分の思い通りにならなかったと

カウンセリングを中断される方がごくたまにいらっしゃいます。

 

 

カウンセラーに

期待したのに分かってくれなかったと

拗ねたり、怒りを感じるのは

「転移」と言います。

 

 

心理学で言う感情転移とは・・

 

 

心理的距離が近い恋愛相手に

起こることが多いですが


カウンセラーにたいしても

母親や父親などを投影して見ている場合は起こる感情です。

 

 

それだけカウンセラーのことを信頼している・・

信頼しようとしていてくれていたと言うことですね(^-^)

 

 

ここでわかれるのは

何も言わずに去っていくかた


自分の中で自分の問題として気づき、

続ける決意をされるかた

     

思ったことを伝えて

自分の問題として

続ける決意をされるかた

     

後者2つに当てはまる方は

確実に克服へ向かいます。

 

 

なぜなら、

ここで続ける覚悟をされた方というのは

 

 

自分が正しくて

相手(カウンセラー)が間違っているのだから正してやろうという姿勢ではなく

 

 

相手は(自分以外の人間は・・)

自分の思う通りにならないことに気づき




そして、自分の気持ちを相手に伝えられたことは、依存状態なら出来ないことが出来ていることにもなります。

 

 


このような状態の方へ

私からお伝えしたいことは・・


      

 

私としては、クライアントさんが抱える苦しみを理解したい気持ちがあって



打ち明けてくださった、心の中の思いや感情は、

私の解釈で合っているのか?



現在の悩みの原因は

どこにあるのか?

色んな質問や問いかけをさせていただきます。



そういったやり取りの中で、

私からの共感を、

自分の思うような反応や言葉として

得られないと感じることや


 

距離(境界線・・お互いを守る見えない線のこと)を感じて、冷たいと感じることもあるかもしれませんが



 

お互いの境界線を守らないと、効果的な心理的援助を全うすることが出来ない

 


 

クライアントさんの克服のためにならないから適切な距離を守る・・・

ただそれだけなんです(*^^*)

 


 

あなたが生きる世界を

 

否定、批判、

突き放すつもりもないですし

 

良い・ワルイの視点で話を聴いているわけでもありません。

 

 

ただ、あなたの横に座って、あなたの世界観を理解しよう思ってるだけです。

 

 

なのでいま感じる気持ち、

今生きてる世界観を

ありのままのに私に教えてください。

 

 

覚えておいてくださいね(*^^*)

 

 

★★この記事を読んで

感じた経験のある方はぜひこちらの記事もお読みください〜

 

→「これを読んで冷たいと感じる人は、共依存の傾向もあります!!!」

 

     

===============

 

ココだけの話し~♪

 

===============

 

わたし自身が遠い過去に、カウンセラーの先生に感じた経験があります(^_^;)

 

先生はお金をもらっているから

話を聞いてくれているんだろうな…

 

私にはお金を払わないと

親身になってくれてる存在はいないんだ…

 

(子供のような拗ねです。。汗)

 

お金を払う=親身じゃない

本当の愛情じゃない…こういった勝手な思い込みが根付いていました。

 

それだけ信頼したい期待が

大きかったのだと思います。。汗

 

でも、色んなトラウマ感情を解放するうちに

気づいたんです!!

 

「あ、過去の親身になってくれていた人を私が遠ざけていた・・自業自得か・・(笑)」

 

「先生は対価をもらい、仕事としてきちんとカウンセリングをする場をつくってくれているから、私もこうして助けられているのか・・・そうだよなぁ。。」

 

と、相手を責めるばかりではなく

カウンセラーの先生にお願いしているのは

自分の決断なんだと思えるようになり

また一つ生き方が楽ちんになりました〜♪

 

つまり。。。

依存から自律が順調に進んでいるという

目安にもなりますよね(^-^)

 

サービスや時間に対して、

お金を払わないといけないのは分かっているけど

 

自分が求める相手には

対価なしで私を助けてほしいと思う人は

「無償の愛」を他人に求めているのかもしれません。

 

 

そしてカウンセラーやセラピストだから

分かってくれて当たり前

完璧であって当たり前

 

この「当たり前」というのも

依存的な要求の1つなんですよね。

 

 

無償の愛を与えられる存在

確実に自分を理解できる存在は

 

カウンセラーでもなく

彼氏でもなく、旦那さんでもなく

親でもなく

 

「自分」だけなんですね〜〜

 


↑この考えは、

かなりシツコイくらいに

クライアントさんにも言ってますが


依存からの自律には

大切な基本姿勢でもあるのですよ(^-^)

 



◆あなたの依存傾向は?◆




◆依存関連の記事◆