愛着障害の診断テスト


 

 

 

 

 

 

 

【目次】

 

1.愛着障害のチェック診断テスト

 

2.愛着障害の恋愛チェック診断テスト

 

愛着障害の特徴・心理はこちら

 


⑴愛着障害チェック診断テスト


 

①家族、パートナー、友人等の、人との適切な距離感が分からない

 

②人になかなか心を開けない

 

③ちょっとしたことで深く傷つきやすい、落ち込みやすい

 

④何を考えているのか分からないと言われた事がある

 

⑤友人などの近い存在との継続的な良好な関係をなかなか築けない

 

⑥物事を白か黒かでしか考えられない

 

⑦職場などの集団の中で孤立しやすい、もしくは孤独感を感じやすい

 

⑧「相手のために合わせているのに…頑張っているのに…」これだけやっても自分は報われないと思う事がある

 

⑨いつも人に気を遣っているので、人と関わる事が疲れる

 

⑩人前では緊張することが多く、自然な振る舞いができない

 

⑪親しい人であっても、自分の気持ちや感情を抑えやすい

 

⑫出来事に対して、ネガティブもポジティブも過剰な反応が見られる

 

⑬とても些細なことが気になってしまうので、人と心から親しくなる事ができない

 

⑭自分が失敗することに恐怖や恐れがある。それを人に知られるのが恥ずかしい

 

⑮何かにコツコツと取り組むことや継続することが難しい

 

⑯警戒心や恐怖心が強いために、人を避けるような態度になってしまう

 

⑰目上の人や上司などに対して、必要以上に従う側に回ってしまいやすい

 

相手のちょっとした言葉に根に持ったり、しばらく引きずっている事が多い

 

⑲一度信用すると、その人の言葉が全てと思ったり崇拝する傾向がある

 

⑳自己評価が低く「どうせ自分にはできない」と考えてしまう。新たなチャレンジをしない。(自分に対して適切な評価を持てない)

 

㉑自己コントロールが難しく、自分の感情の扱いが上手くできない

 

㉒喜怒哀楽を適切に使い分けることが困難にある(不自然な反応が多い)

 

㉓できれば誰からも嫌われたくない。もしくは嫌われる事が怖い。または攻撃的になりやすい

 

㉔「こうしたい」「楽しみたい」などの欲求がほとんどないか、過度に強い

 

㉕人に対して敵対意識を常に持っていたり、敵味方と考えやすい

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

※「はい」と答えた数が多いほど、愛着障害の可能性が高いです。

 

●この愛着障害チェック診断は、自分の愛着状態について自分自身のことを知る手がかりにしてもらうものです。

 

このテストの結果だけでは、専門家の支援が必要な愛着状態なのかは判断することはできません。

 

ご自身のことで困っていることがあれば、信頼のおける専門にご相談ください。

     

愛着障害に関するお悩みのカウンセリングのご案内はこちら

     


⑵愛着障害の恋愛診断テスト


①愛情表現のやり方が分からない、もしくは相手から分かりにくいと言われる

 

②パートナーとの適度な距離感が分からず、近過ぎるか離れ過ぎるかの極端な距離感になりやすい

 

③恋愛が上手くいったことがほとんどない

 

④相手の気持ちを試すような言動態度が多い

 

⑤相手のちょっとした態度に落ち込んだり、イライラする事がある

 

⑥相手が「自分を分かってない、関心がない」と判断した時、激しい怒り、悲しさ、寂しさを感じる

 

⑦情緒が不安定で、自分の感情を上手くコントロールできない

 

⑧自分を犠牲にしてまでも、相手のために動くことにエネルギーを注ぐ

 

⑨異性との恋愛関係が上下(支配、服従)になりやすい

 

⑩恋愛相手への欲求が強いか、ほとんど無いかのどちらかになりやすい

 

⑪嫌われることを恐れ、恋愛相手には受動的になりやすく、なかなか関係が進展しない

 

⑩パートナーと衝突や喧嘩をした時に、自分から素直に謝ることができない。もしくは意地を張ってしまう

 

⑪パートナーからの贈り物や愛情に対して、どう反応していいか分からない時がある

 

⑫理性的な行動よりも、感情的な言動を行動を取りやすい。そして後悔を繰り返す

 

⑬人を愛することで傷ついたり失う心配をするくらいなら、愛さない方がマシだと思う

 

⑭自分を大事にしてもらえない恋愛ばかりをしている

 

⑮「人に自分を受け入れて欲しい」「人に嫌われたくない」という欲求が強い

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

※「はい」と答えた数が多いほど、恋愛での悩みや苦しさの原因は、愛着障害から生じる問題の可能性が高いです。

 

●この愛着障害の恋愛チェック診断は、自分自身のことを知る手がかりにしてもらうものです。

 

このテスト結果だけでは、専門家の支援が必要な愛着状態なのかは判断することはできません。

 

愛着障害によって生じる恋愛などの悩みで、ご自身のことで困っていることがあれば、信頼のおける専門にご相談ください。

     

愛着障害に関するご相談料金と内容のご案内はこちら

 

愛着障害と恋愛の繋がり

       

 

●記事執筆者:心理カウンセラー畠山ユキ子

2011年から心理カウンセラーとして、

4700件以上(2022年現在)のカウンセリングを実施。

専門は愛着障害、毒親、機能不全家族から生じる生きづらさ、心の傷や依存問題、トラウマ感情、共依存症、恋愛依存症、回避依存症、母娘共依存、恋愛関係等の対人関係のご相談を現在も受けています。

過去には「恋愛依存症専門カウンセラー」としてマスメディア出演等の活動経験も有り。

>>相談できるカウンセラーの詳しいプロフィールはこちら

     


■依存別チェック無料診断