· 

人に否定されることが怖い人の心が楽になるための解決策とは

 

 

 

「人に否定されることが怖い…」「人から否定されたくない」

 

 

このような対人関係の悩みは、多くの人が大なり小なり持っていたりしますが

 

 

人から否定されることが怖い気持ちが強ければ強い人ほど

 

 

社会生活に支障が出たり、対人関係の悩みはとても深刻になっていきます。

 

 

今回の記事では、人に否定されることが怖い人の心がどうしたら楽になるのか?について、解決策をお伝えしたいと思います。

 

 


■「否定されることが怖い」具体的にどんなことに悩むのか?


 

例えば

 

・少しでも否定的なことを言われただけで、酷く傷ついてしまう

 

・アドバイスや少しの指摘を、自分の存在までも否定された気になる

 

・自分の意見や考えを伝えた時に別の意見を言われると「否定された」と捉えて落ち込んでしまう

 

 

これまでのご相談でも

 

 

他人が常に肯定的な言葉を言ってくれるわけではないと分かっていたり

 

 

あくまでその人の意見であって、

人格否定されているわけではないと理屈では分かっていたり

 

 

否定されたくないと言っても「自分のやり方に文句をつけないで!」と思っているわけではないのに

 

 

どうしても「自分の存在までも否定された気持ちになってしまう」という声が非常に多かったです。

 

 

このような気持ちから

 

 

人に対して常に身構えてしまい、自分の意見や考えを伝えられなくなったり

 

 

距離を置くような付き合いしか出来なくなったり

 

 

仲の良かった友達でさえ付き合うのが怖くなり、疎遠になってしまったりと・・・

 

 

社会生活の中で、人の輪の中に入れないことで疎外感を感じたり

 

 

人と交流する機会が減ることで、

孤独感が増してしまうことに繋がっていくこともあります。

 

 

自分から発した言葉であったり、

自分が好きなもの、大切にしているものを否定されてしまうと

 

 

自分自身を否定された気持ちなる…

というお気持ちは

分からなくもない話ではありますが

 

 

否定に対して、自分はダメな人間だと自己否定的な考えに支配されたり、落ち込んでしまうほど傷ついてしまうのは辛いことだと思います。

 

     


■なぜ人は、否定されることが怖い気持ちに悩まされるのか?


 

 

・自己否定感や劣等感が強い

 

・過去に傷ついた経験がある

 

・失敗への恐れ

 

 

これらが原因になっている事が多いですが

 

 

なぜ、人に否定されると自分自身の存在までも否定された気になってしまうのか?

 

 

もしくは相手の意見やアドバイスなどに対して否定的に捉えてしまうのか?

 

 

もう少し簡潔にお伝えすると

 

 

自分自身や他人に対して、

否定的な見方や捉え方を無意識に持っている

  

 

という事が言えると思います。

 

 

相手は自分のことを否定的に見ているのではないかという人間観で人と関わろうとするため

 

 

その結果、人の言葉や態度に対して、否定してるか、否定じゃないか、という物差で考えていることになるので

 

 

相手は本当は何を伝えたいのかは、否定されたくない思いが強いだけに見えなくなっていきます。

 

 

すると、人との会話自体に苦痛を感じたり、自分の思いや考えを伝えられなくなって、人との交流をしたくても苦痛に感じることから避けるようとしてしまいます。

 

 

では、人に否定されることが怖いと感じる人は、何故このような人間観を心の根底に置くようになったのか?

 

 

その人その人によって様々ですから、簡潔にお伝えすることはできませんが

 

 

これまでの傾向も含め可能性のあることは

 

 

養育環境の中で、強烈に誰かから否定され、傷つく体験をした

 

 

長期間に渡り、自己否定感が刷り込まれるような養育環境で生活していた

 

 

いじめや人間関係のトラブルを経験した事が原因になっていることもあります。

 

 


■人に否定されることが怖い人がまず理解するべきこと


 

 

人に否定されることが怖いと感じる人の中には、その自分に対しても否定的に捉え

 

 

人と比べて落ち込んだり、自分はダメな人間だと自分を責めてしまう方がいらっしゃいます。

 

 

私からお伝えしたいことは

 

 

「人から否定されたくない」と感じることは、誰でも思うことであり、人間として当然の思いです。

 

 

人に肯定的に見られたいとか、認められたいという欲求も程度はあっても、人間なら必ず持っているものです。

 

 

人から否定されるのは嫌、苦手という気持ちがあるなら持っていてもいいですし

 

 

無理にそうじゃない人間になろうとしなくていいと思います。

 

  

ここでの問題は、否定されたくない思いそのものではなく

 

 

なぜ、怖い気持ちになるのかということです。

 

 

人に否定されることが怖い自分を克服していくには

 

 

受け取り上手になるとか、否定されても大丈夫になるとか、そういうことではなくて

 

 

「人に否定されたくない」思いと「怖い」という思いを少しずつ切り離せるように

 

 

「怖い気持ち」の部分を弱めていけるような取り組みをしていくことです。

  

 

人に否定されることが「怖い」と感じてしまう、その心と向き合い

 

 

怖い気持ちが浮上する原因をしっかり分析して、突き止めていくことで

 

 

今よりは楽に、人と付き合えるようになっていけると思います(^ ^)

 

  

 

※関連記事

 

傷つきやすい性格を直したい人は、どうしたら克服できるのか?

 

「ダメな自分」に落ち込む癖から抜け出していく考え方

 

「自分には味方がいない」この思いを抱える方に伝えたいこと

 

 

     


●記事執筆者:心理カウンセラー畠山ユキ子

2011年から心理カウンセラーとして、

4700件以上(2022年現在)のカウンセリングを実施。

専門は愛着障害、毒親、機能不全家族から生じる生きづらさ、心の傷や依存問題、トラウマ感情、共依存症、母娘共依存、恋愛関係等の対人関係のご相談を現在も受けています。

過去には「恋愛依存症専門カウンセラー」としてマスメディア出演等の活動経験も有り。

>>詳しいプロフィールはこちら




■依存別チェック無料診断