カウンセリングは話すだけで終わり?


■カウンセリングの効果を出すために大切なこと


 

 

愛着障害や恋愛依存症の傾向が強く出ている状態にある人は

 

 

「カウンセリングで話すだけでは意味がないのではないか?」

 

 

このような疑問を持ちやすいところがあります。

 

 

何故かと言うと、依存的な思考が働いている状態というのは

 

 

「他人任せになりやすい」という特徴があることが言えるからです。

 

 

心当たりのある方に確認していただきたいことは

 

 

目的意識を持ってカウンセリングに取り組んでいるのか?

 

”自分の問題”として捉えているのか?

 

 

これは心の問題だけではなくダイエットや、スポーツの取得にも共通して言えることだと思いますが、

 

 

自分自身の心の在り方によって、効果の実感が大きく左右されてしまう部分もあると思います。

 

 

参考までに、カウンセリングで思うような効果を感じられない場合の理由とは

 

      

● カウンセラー側の力量、経験不足

 

●相性がわるい(信頼関係が築けてない)

 

●カウンセリングを受ける側が受け身過ぎる

 

●数回でカウンセリングをやめてしまった

 

 

見方を変えれば、心の改善していくには、これらが重要になっていきます。

 

 

その中でも今回は、依存状態の人に向けた「受け身」の状態について

 

 

ここで言う受け身とは

 

 

・「私を助けてください」と、カウンセラーに何とかしてもらおうとすがるタイプ

 

・話すことで見えてきた問題に対して、「分からない」「はい、でも…」など、感情をじっくり考えられず、自分の感情から逃げたいタイプ

 

・カウンセラーがほしい答えを教えてくれると誤解し、私はどうしたらいいですか?の質問が多いタイプ

 

・「お金を払ってカウンセリングを受けているんだから、カウンセラーが私を何とかして当たり前」プライドが高く、自分が正しくて相手は間違ってる姿勢を崩せないタイプ

 

  

有る無しに関わらず、強弱もあると思いますので、強く出過ぎてないか?

 

 

参考になさってください(^ ^)

  

     

カウンセリングで問題を解決しようとした時

 

 

少し厳しい言い方になってしまいますが、他人任せのままでは、どんなに優れたカウンセラーの元でカウンセリングを受けても、カウンセラーをコロコロ変えたとしても残念ながら同じような結果になりやすいです。

 

 

なぜなら、自分の感情や悩みは、自分の持ち物だからです。

 

 

自分以外の他人に、自分を「変えてもらう」事は出来ないのです。

 

 

これは他者に対しても同じで、他者を自分の思う通りに変えることはできません。

 

 

心の問題の中でも、特に恋愛依存症の克服に関しては

 

 

他人や環境のせいにするのではなく、自分で自分を支える意識を持って、主体的に進めてみてください。

 

 

そして変わらない自分がダメなのではなく「変えたい」と思っているか?

 

 

が、重要です(^^)

 

     

______________________________

★編集後記

______________________________

 

 

今回の記事、実は過去の私にも言えることで

 

 

私自身がカウンセリングを受けたばかりの頃は

 

 

痩身エステに通うように、施術を受ければ勝手に痩せることができる

 

 

こんな甘い考えでカウンセリングを受けていましたが、ダイエットと同じで、誰かに治してもらえるなんて魔法は存在しないんですよね。。。

 

 

でもそう考えてしまうことが悪いことではなく、そう気づければ「私は優秀!!!」と捉えて、軌道修正すれば良いだけです。笑

 

 

自分事と捉えてカウンセリングを受けると、同じ世界にいても面白いくらいに見える世界がどんどん変わっていきます。

 

 

今現在、過去の私と同じ状態にある人に知って欲しくて書かせていただきました。

 

 

何かヒントになればと思います(^ ^)

 

 

 

 

 

 

※関連記事

 

自分と向き合うとはどういうことなのか?【体験談】

 

カウンセラーの対応が冷たいと感じる方へ「回復過程で起こりやすい心理」

 

 


■依存別チェック無料診断