「ホンマでっかTV!?」出演の影響で予約が取りづらくなったんですか?

 

先月2回ほど、「ホンマでっかTV?!」にテレビ出演させていただきました。

貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました(^^)/

テレビ出演の影響で予約が取りずらくなったんですか?

 

 

何名かのクライアントさんから

このようなメールをいただいたり

直接ご質問を受けるので

 

 

同じように思っている方がいらっしゃるかもしれませんので書かせていただきます。

 

 

先月、番組出演のご依頼を頂き

フジテレビ「ホンマでっかTV?!」に出演させていただきました。

 

 

その影響があってなのか

現在もご新規のカウンセリングが集中しています。

 

 

なのですが。。。

私の所に来られるクライアントさんの

8~9割は既存のクライアントさんなのと

 

 

私の体力や集中力の関係上

一日に受けられるカウンセリングの件数は2件

多くて3件ですから

 

 

そのスタンスは

今も変わらないんですよね(^^)

 

 

それから

ご新規様には申し訳なく思うのですが

 

 

既存のクライアントさんがご予約しやすいように、ご新規の方のご予約枠は1週間数名さまと決めさせていただいています。

 

 

もし既存のクライアントさんがご予約しずらくなったとしたら

 

 

タイミングでしたり

継続プランの方が増えているからかもしれません。

 

 

これまで依存の克服に力を注ぎ

一対一のカウンセリングにこだわってきた私が

テレビ出演の依頼を受けさせていただいたのは

 

 

微力ながらも・・・

 

 

クライアントさんと同じように

アダルトチルドレン(恋愛依存症、摂食障害、共依存、その他依存)による苦しみを抱えていらっしゃる方のための「気づき」のきっかけをつくりたかったからです。

 

 

番組では恋愛依存評論家として

出演させていただいていますが

 

 

その肩書きにより

「恋愛依存?なんだろう?」から

知っていただく機会を増やすことができます。

 

 

どうして増やす機会を増やしたいのか?

 

 

一つの例として

小さいころから読んできた少女マンガ

恋愛ドラマ

周りの友人の話などから

 

 

恋愛=苦しみ

恋愛=ガマン

恋愛=好きだから合わせる

愛=波乱万丈

 

 

苦しむことや

耐えることが恋愛だと

捉えてる方も多くいらっしゃいます。

 

 

人によって強弱はありますが

恋愛依存傾向からの苦しみだと気づかずに

 

 

幸せになりにくい相手と

恋愛をくり返したり

 

 

顔色を伺う相手

自分を自然に表現できない相手

恋愛なのに対等ではなく

上下関係で成り立つ関係

理不尽に責められても耐えなきゃならない相手

 

 

そういった苦しい恋愛を

認めたら関係が終わってしまうから

好きだからと見て見ぬふりをしたり

 

 

その状態によって

 

 

・うつ症状

 

・仕事を休みがち

 

・友達を失っていく

 

・満たされない思いから

アルコールが増え体を壊す

 

・PMSの悪化

 

 

二次的問題を引き起こし

生きづらさの原因を増やしてしまいます。

 

 

それから恋愛依存症と気づきながらも

誰かに話したら嫌われるんじゃないか?

 

 

自分が恋愛依存症なんて恥ずかしい

 

 

このような思いから

何年、何十年もお一人で抱えてこられた方も

多くいらっしゃいます。

 

 

ひとりで抱える孤独や苦しみは

私も通ってきた道ですから

分かる気がしますが

 

 

恋愛依存症の認知が広がることにより

恋愛依存症の方だけではなく

周りの理解を増やせるかもしれませんよね。

 

 

どんな方にも多少の依存傾向は持ち合わせていますから

恋愛依存症になる可能性は誰にもあります。

 

 

恋愛依存症や心の問題について

より多くの方にご理解いただけることで

 

 

優しさや思いやりをもって

共に支えあえる社会が築けたらと心から願っています。

 

 

話は少し逸れましたが

私の願いは世の中のアダルトチルドレン(恋愛依存、摂食障害、共依存、その他依存問題)に苦しむ女性を減らすことですから

 

 

この先もクライアントさんにとって、安心できる場所を提供したいと思っています(^^)

 

 

大変有難いことなのですが

テレビ出演の影響により

現在ご新規の方が集中していますが

 

 

一時的なものもあると思いますから

ご予約に関して

ご心配なさらないでくださいね。

 

 

今後も引き続き

カウンセリングを通して皆様が快適に暮らせるように、精一杯お手伝いさせていただきますので

宜しくお願い致します。