◆恋愛依存症の特徴◆


 

恋愛依存症は「無条件で確実な愛情」を求めるのが特徴です。

 

親のような<無条件な愛情>を相手に求め、

自分の低い自尊心・自己否定による苦痛を和らげてくれて、常に自分を受け入れ、認めてくれる相手を求めています。

 

これは幼少期に両親または養育者との適切な絆が保たれていなかったり、幼少期に見捨てられた(またはそう感じた)辛い経験があるからです。

 

この幼少期に見捨てられたという痛みが癒されていないまま、その傷は放置されている状態の為、安心できないとい感覚を持ってしまったのです。

 

そのために、誰かが自分のお世話をしてくれて、安心を与え、自信も与えてくれるという誤解をしてしまします。

 

保護者から十分な愛情が得られないと、自尊心を持つことが難しくなります。

 

よって、深い寂しさや虚しさ、孤独感を抱えることになります。

 

幼少期の見捨てられ不安は、大人になっても消えることはなく、恋人に見捨てられそうになると、過去に感じた感情が刺激され、怒りや悲しみ、恐怖、自己否定に襲われます。

 

この感覚を落ち着かせていくには、自分の中にいる内なる存在、インナーチャイルドに気づくことです。

 


◆恋愛依存症になりやすい家庭環境◆


 

☑︎ 両親が共依存関係

 

☑︎ 幼少期に、親からの愛情をしっかりと受け止められなかったと感じて育った

 

☑︎ 両親が無関心・放任だった。または関心がないと感じていた

 

☑︎ 家庭の事情により、両親(特に母親)と離れて暮らしていたり、暮らしていても関心がなく、祖父母から愛情をかけてもらっていた

 

☑︎ 両親の喧嘩が絶えず不仲だったり、離婚や死別の経験がある

 


◆恋愛依存傾向の診断シート◆


 

①恋愛をすると、四六時中彼のことを考え、彼氏中心の生活になってしまう。

 

②彼氏の予定や情報は、どんなことでも全て把握しておきたい。

 

③彼氏が第一優先。彼氏に誘われると、友達の約束をキャンセルする。

 

④彼氏にいつか捨てられるのではないかと、見捨てられ不安を感じている。

 

⑤職場関係の付き合いなど、自分以外の人と優先していると嫉妬で狂いそうになる。

 

⑥彼氏に必要とさせるほど、自分の生きがいや存在価値を感じられる。

 

⑦彼氏に嫉妬させるために、好きでもない人と体の関係をもったことがある。

 

⑧多数から「別れた方がいいよ」と反対される相手を好きになる。

 

⑨友達に紹介できな(いような関係だけど別れられない。

 

⑩「彼無しでは生きていけない」と思ったことがある。

 

⑪自分の力で彼を変えてあげたいと、彼の問題にエネルギーを注ぐ。

 

⑫理不尽なことや、暴力を受けても自分さえ我慢すれば上手くいくと思う。

 

⑬うまくいかない恋愛にしがみついてしまう。

 

⑭メールやLINEの返信が遅い=嫌われたと感じる。

 

⑮彼の予定を想定して、自分のスケジュールを空けたり、調整する。

 

⑯関係が進み、親密になると息苦しさを感じる

 

⑰一緒にいても苦しいだけなのに、離れるくらいなら我慢しようと思う。

 

⑱恋愛は彼を好きだから不安・苦しいものだと思っている。

 

⑲関係に違和感は感じるけど、情で別れられないと思っている。

 

⑳絶対的な愛情を相手に求めてしまう。

 

◆3つ当てはまる方は「恋愛依存症」の傾向が強いです。

 

5つ以上当てはまるのでしたら、カウンセリングをお勧めします。

 

→3~5当てはまる方は、最低3回セット×1~2回〜が必要になります。

 

→10以上当てはまる方は、最低3回セット×3回〜が必要になります。


 


◆恋愛依存症の関連記事◆