恋愛相手に対して、何でもかんでもネガティブに「捉えるクセ」ありませんか?


「依存する自分を変えなくては!」と、強迫的に自分を追い込んでいませんか?

続きを読む

彼にどう思われるかばかり気にして、不自然な自分になっていませんか?

私が書いた西野カナさんの「トリセツ」に関連する記事が出てます(^-^)

今回は男性目線ですね。

 

◆ジェイ・キャスト:https://www.j-cast.com/2017/07/24304047.html ◆Yahoo!ニュース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000013-jct-ent

 

トリセツ・・記事の依頼を頂き、はじめて歌詞を読んだのですが、これこそ恋愛依存症的な思考だなぁと思います。

みなさんも、自分に当てはめながら西野カナさんの歌詞を読み進めてみると何か気づきがあるかもしれませんね(^-^)

続きを読む

彼氏の要求を断ったり本音を伝えるのは、わがままだと思われて嫌われる?「NO」が苦手なあなたへ

続きを読む

頭で分かっていても、恋愛で同じパターンをくり返し、自分を責めてしまうことはありませんか?

 

頭でわかっているのに、同じパターンをくり返してしまう…そんな自分に嫌気がさすことはありませんか?

 

同じことをくり返さないように気をつけてもくり返してしまうのは、ちゃんと理由があるんですよ。性格だからと諦める前に「なぜ、そうなるのか?」に目を向けてみる方が解決に繋がりやすいんですよね~

 

今回はくり返す原因についてお伝えしますので、良かった参考にしてみてください★

 

続きを読む

自分の思う通りの愛し方を相手に押し付けていることはありませんか??

 

「分の思う通りに相手を動かしたい」

「自分の思う通りの愛し方じゃないと拗ねる」

 

これこそ

「依存的に好き」の状態なんです。

 

相手なりの愛情を見つけるように

意識してみてくださいね^^

続きを読む

依存をなくすと、彼を好きな気持ちもなくなってしまう?

 

恋愛依存の克服カウンセリングを進めていくと、誰かや、何かに囚われる自分(依存状態)から抜け出したいと頭では思っていても

 

いざ、その先に進んでいこうとすると

こわい気持ち(抵抗)が出てくることがあります。

 

これはある意味、ちゃんと克服が進んでいるからこそ出てくる抵抗なのだと思います^^

 

今回は、恋愛依存の人に多い抵抗の一つをお伝えしようと思いますので、思い当たる方は参考にしてみてください。

続きを読む

境界線を意識出来てますか?彼に対する心の距離が近過ぎるから依存関係をつくり出す

 

恋愛依存症の克服中のかた、

私は恋愛依存症かも?

 

そう思う方に、ぜひ知っていただきたい考え方の一つを交えながらお伝えします。

 

続きを読む

自分が否定されたと感じることに反応して傷ついてしまう人は、捉え方を修正すると楽になる

 

人と会話をしていると、相手の言葉や顔色が気になって、自分の本当の気持ちを言えなくなってしまうことはありませんか?

続きを読む

彼のLINEが素っ気なく感じるのは、自分の中の感情が彼に「投影」されているから?

 

例えばコンビニの店員さんの様子を見てイライラすることはありませんか?それは自分の中にある「イライラするもの」が、店員さんを通じて投影されていると思われます。それが相手にもあるからこそ、反応してしまうんですよね。特に距離の近い恋愛相手に起こりやすい反応ですから、自分にも思い当たるところがないか?読んでみてください(^-^)

続きを読む

彼に愛されていないと感じるのは、お互いの「捉え方」の違いから起こる誤解

 

恋愛依存症の克服の助けとなる<インナーチャイルドの癒し>実際に受け続けるとどんな効果があるのか?今後少しずつご紹介していきたいと思います。まずは私の例からご紹介していきますので、良かったら参考にしてみてください。

続きを読む

恋愛になると「重い女」になる本当の姿

 

恋愛になると「重い」と言われることはありませんか?普段はすごくサッパリしていたり、友達にもわりと寛大な心でいられるのに、恋愛となるとネガティブになってしまう・・恋愛になると「重い女」になってしまう本当の正体は・・?

続きを読む

恋愛すると相手の言葉や行動から「別れ」を連想してしまう

 

恋愛をすると相手の言動や行動から「別れ」を連想してしまう。彼の前では楽しいふりをしてしまったり、恋愛を心から楽しめないと思うことはありませんか?

続きを読む

彼にお金を貸してとお願いされると断れない

 

お金を貸しても返さない彼に
イライラが不信感に変わることはありませんか?

 

続きを読む