◆アダルトチルドレン(機能不全家族)◆


 

アダルトチルドレン(AD)のことを、子供の心を持ったまま成長した大人??このように解釈されることもありますが・・(^-^;

 

ここでお伝えしてますアダルトチルドレンは、家族としての機能を果たしていない環境で育った結果、大人になってからも心に傷を抱えている人のことを指します。

 

 


◆家族として機能していない家族?


 

アダルトチルドレンとは、機能不全家族のことを言いますが、もう少し砕いて表現すると健全な機能を果たしていない家族のことを言います。

 

不健全な家族の例としては、

肉体的虐待、性的虐待、精神的虐待…どちらも受ける側が「虐待」と感じたら虐待です。

 

親が精神的に弱くて不安定だったり、

子供が親の愚痴を聞かされていたり、親の仕事の事情で遊べなかったり

 

など。。子供なのに大人の役割をしなければいけなかった家族も機能不全家族と分類されます。

 

そして共依存症や依存症の根本的な原因は、

健全ではない環境で育ったことが原因だと言われています。

     

もちろん<完璧な家庭>なんて存在しないでしょうし、完璧な家族で無かったことが不幸なわけではありません。


重点を置いているのは、出来事によって感じた感情や気持ちです。

 

与えられた環境で、当時の子供のあなたが「どう感じたのか?」「どんなふうに捉えたのか?」そこが重要になります。

 

なので私は、大人のあなたの中に存在する、当時の子供のあなたの本当の気持ちに耳を傾けたいと思っています。


当時の気持ちを解放していくことが、依存心の安定に繋がるからです。



◆機能不全家族の特徴◆


 

☑︎ 身体的、精神的、性的虐待のある家庭


☑︎ アルコール依存やギャンブル依存など、依存症が居る家族


☑︎ 育児放棄(ネグレクト)


☑︎ 親が子供の世話をしない家族


☑︎ 親子の関係が逆転している家族(長女に多い)


☑︎ 両親の仲が悪く、喧嘩の多い家族


☑︎ 他人や兄弟姉妹と比較される家族


☑︎ 仕事や学歴を重要視する家族


☑︎ 行き過ぎた、厳し過ぎる躾


☑︎ 子供の人格を尊重しない家族


☑︎ 家族間の対立


☑︎ 親の感情の都合で子供を支配する家族


☑︎ 批判や否定の多い家族


☑︎ 世間体を気にして表面だけ良い家族


☑︎ 暗い雰囲気、冷たい雰囲気で暖かさが無い家族


☑︎ 家族同士のプライバシーがない家族


☑︎ 親の体が弱く、病気がちだった。または精神疾患を抱えていた。


☑︎ 親の留守が多かった家族


☑︎ 親の期待が大きく、期待に添えないと認めてもらえない家族(認められるには完璧でなければいけない)


☑︎ 条件付きの愛情(何か出来た時だけ褒めてもらえた)

 

このような特徴を持つ不健全な家族が背景にあるのが、機能不全家族です。

 


◆機能不全家族で育った影響◆



①自己肯定感が低い

 

②感情の抑圧・感情マヒ

 

③人からの評価が気になる

 

④他人の基準が自分の基準

 

⑤安心感が分からない

 

⑥情緒不安定になる

 

⑦適切な人間関係を築けない

 

     

これらがこじれると、本当の自分が分からなくなり、生きづらさを感じやすくなります。



◆機能不全家族と恋愛依存症や依存症の関係◆


当カウンセリングが、恋愛依存症や依存症の改善に向けて、幼少期の頃の感情と向き合う必要性を大切にしているのは、依存症の根本的な原因はアダルトチルドレンの影響があるからです。

恋愛依存症、買い物依存症、セックス依存症、自慰行為依存症、過食症・過食嘔吐などの依存行動は・・

 

依存症を和らげる「クスリ」に過ぎないからです。    

 

要は、誰かに囚われることや依存行為を通して、共依存(根本)の苦痛を和らげよう、癒そうとするわけです。

 

実は依存行動のきっかけは、一番手っ取り早い、身近なものから始まる傾向があります。

 

例えば過食嘔吐なら・・

「太るのが怖くて食べ吐きの癖が止められないわけじゃなく、たまたまお酒を飲んで吐いたらスッキリして、そのスッキリした快感が忘れられなくて、不安なことが起こると吐いてしまう…」と言う事例があります。

 

誰にでも起こりうることであり、心の苦痛に気づけなかったり、気づかないフリをしていたりと、困っている心の適切なケアが分からない場合がほとんどかもしれません。

 

ですので、共依存による苦痛を依存行動からではなく、適切な方法で癒し、和らげていくことで、依存症を克服することは出来ます。

 

その助け(手すり)になるのが、カウンセリングやセラピー&カウンセラーの役割りです。

 

手すりを使いながら、少しつづ依存対象から離れ、自分の力で立つに向かうのです。

 

同じことをくり返さないための予防、改善したい方はカウンセリングをお勧めします。

 

→依存症を根本的に改善したい女性の為の3回セット

 


◆アダルトチルドレン関連記事


自分の気持ちが分からない?人に嫌われる恐れから、人に合わせ過ぎ、空気を読み過ぎて疲れてしまう方へ

 

恋愛依存症・共依存症の克服とは、

自分を苦しめてる「思い込み」を手放すこともその一つです。

 

あなたの中にも自分を苦しめる「思い込み」はありませんか?

続きを読む

アダルトチルドレン(機能不全家族)と恋愛依存症・回避依存症の関係って何?依存症になりやすい家庭環境

 

このホームページに、各依存傾向別に特徴を書いていますが、「当てはまります!」というお声をいただくことが多いので

 

更に踏み込んで・・ 依存症になりやすい「家庭環境」はどんな環境だったのか?

根本的な改善に、幼少期の満たされなかった感情を癒す必要があるのか?に繋がると思いますので、ご参考までにどうぞ〜(^-^)

 

(時間があるときに、記事を書き足していこうと思います★)

 

 

続きを読む

「父親、母親が許せないと思う方へ」許すってどういうこと?

 

 

続きを読む

生きづらさが続くのは、子供の頃に受け継いだ親の価値観で生きていることが原因だった?

続きを読む

LINEやツイッター、ブログのアカウント削除、人間関係のリセットが癖になっていませんか?

 

突然、LINEやツイッターなどのSNSを削除したくなる衝動に襲われる・・こういった経験はありませんか?

 

これも一つの「心のクセ」なのですが、ある依存傾向からくるクセでもあります。

 

もしかしたらこの衝動は、心のSOSの信号かもしれません。この癖を解消したい方は参考にしてみてください^^

 

続きを読む

「誰も私を分かってくれない気持ち」こんなところに原因がありました。

 

恋愛依存の克服に必要不可欠なインナーチャイルドの癒し。。傷ついた子供の自分を癒すってどんな感じなんですか?とはじめての方に質問されることが多いので、少しずつ記事で紹介していこうと思います。良かった参考にしてみてくださいね^^

続きを読む

自分の思う通りの愛し方を相手に押し付けていることはありませんか??

 

「分の思う通りに相手を動かしたい」

「自分の思う通りの愛し方じゃないと拗ねる」

 

これこそ

「依存的に好き」の状態なんです。

 

相手なりの愛情を見つけるように

意識してみてくださいね^^

続きを読む