· 

「既読無視は嫌われた?」振り回されない自分になる考え方


■既読無視=ネカティブって思っていませんか?


 

恋愛に関するご相談では

 

「恋愛相手や好意的に思ってる人から既読無視されると、嫌われたのかなって、仕事中でもスマホが気になってしまう…」

 

このようなお話をよく聞きます。

 

本当は、

相手のことを尊重したいし、

考え過ぎる自分をやめたいのに

 

嫌われてるのかなとか、

怒らせたかなとか

何が正解だったのかなとか…

 

自分はどう思われているのかが気になって

 

自分から送るLINEは、

毎回、無視されなくて済みそうな

 

相手の顔色を伺ったり、相手に合わせるような内容になってしまうそうなんです。

 

 

クライエントさんの中には

 

そういう自分になりたくないから、恋愛や人付き合いが受け身になり過ぎてしまうとか

 

本当は仲良くしたいし、

デートのお誘いをしたいのに

 

相手の反応がこわくて

自分からはあえて誘わないし、

連絡できないという方もいらっしゃいます。

 

そう仰る方は、

傷つきやすく繊細な方に多く

 

同時に、人と壁をつくるような付き合い方しかできないお悩みも抱えられていたりします。

 

 

どちらにも共通するのは

 

"自分のことを否定的に思うにちがいない"

 

こうした思い込みから派生する

ネガティブな考えだったりするのですが

 

自分にとって

嫌われたくない相手だからこそ

 

否定的に思われてないかどうかが、常に気になるし、重要になってくるのでしょうね。。

 

 

自分にとって遠い相手なら

逆に既読無視とは思わないとか

 

ラリーが終わらないことの方が気になる…

という方の声もありましたから(^ ^;)

 

 

そもそも・・・

 

既読が付いたまま返信が来ないとは言え

 

相手が無視しているかどうかは、

相手にしか分からないことですし、

無視してるとも限らない話なんですよね。

 

 

むしろ、

無視と捉えてしまう"捉え方"によって

 

無視=嫌われてるのではないか?

無視=私に関心がないのでは?

 

嫌われてるであろうことを考えてしまうのではないでしょうか・・・

 

 

ですので、

LINEの既読後の相手の反応に、振り回されない自分になるには

 

「なぜ、無視と捉えるのか?」

 

物事への捉え方を見つめ直す必要があります。

 

 

どんなこともそうですが、

人は捉え方次第で、

その後の感情が決まります。

 

実はいきなり感情って

出てこないんですよね(^^)

 

 

自分の中に、

ネガティブな捉え方が多ければ

 

それだけ

ネガティブな感情も多くなりますから…

 

 

だからこそ

 

愛着問題や恋愛依存症の克服もそうですが

 

心を軽やかにして、もっと快適な恋愛や人付き合いができる自分になるには

 

自動的に使われている捉え方や考え方を見つめ直すことが求められるんです。

 

 

でもここで、

もう一つ大切なことは

 

もともと"抱える感情の強さ" が

どの程度あるのか?

 

例えば

 

見捨てられ不安や強い孤独感

ひとりになれない寂しさ

愛情不足や傷ついた経験による怒り

 

トラウマ感情など

 

抱え込んでいる感情が、

あまりにも深い悲しみであったり、

強い不安感であれば

 

その感情の軽減に繋がる癒しも

並行して行わなければなりません。。

 

 

なぜなら

 

人は、あまりにも強い不安感や孤独感を抱えながら、平常心を保つことは難しいですし

 

自分と向き合うという作業は、

ある程度、冷静な状態をつくってからではないと、克服には繋げずらいからです。

 

 

例えるなら

クレーム対応で、まずはしっかり相手の話を聞くことが大切なのは

 

感情的になっている相手の感情をクールダウンさせてく効果があるからなんです。

 

気持ちが落ち着いてからの方が、

適切な話し合いができるというのは

 

何となく想像つきますよね(^ ^)

 

 

これは自分自身と上手く付き合っていくことにも通じることで

 

既読がついたまま

返事が来ないことに対して

 

「嫌われてるのではないか?」

 

この考えに囚われている状態というのは

 

ある意味、

感情的になっている状態ですから

 

まずは、自分自身をクールダウンさせていく必要があります。

 

 

そのための一つが

既読が付いたまま返信が無かった時に

 

「あ、無視されてる!」

 

「無視されてるってことは、

嫌われてるかもしれない…」

 

 

ここで終わらせるのではなく

 

 

●本当に相手は無視しているのか?

 

●自分は本当に嫌われるようなことをしてしまったのか?

 

 

無視されてる以外の捉え方も見つけられるようになると、

囚われから自由になることができます。

 

自由になるということは

"嫌われてない" ことが真実なら

 

その真実だけに目を向けることができるので、いたずらに自分を不安にさせることを減らせることができます。

 

 

相手の反応に振り回されない自分になっていきたい方は、いつでもご相談ください(^ ^)

 

 

 

 

<関連記事>

 

「彼氏からの返信を待てない?」待てない女の心理

 

「彼にとって私は必要な存在?」ということが気になってしまう方へ

 

40〜50代の女性も集まる恋愛相談カウンセリング

 

振り回される恋愛に疲れたなら、他人軸の恋愛から卒業すること

 

 

 

●記事執筆者:心理カウンセラー畠山ユキ子

2011年から心理カウンセラーとして、

4700件以上(2022年現在)のカウンセリングを実施。

専門は愛着障害、毒親、機能不全家族から生じる生きづらさ、心の傷や依存問題、トラウマ感情、共依存症(恋愛依存・回避依存)、母娘共依存、親子関係、職場関係、恋愛関係等の対人関係のご相談を現在も受けています。

過去には「恋愛依存症専門カウンセラー」としてマスメディア出演等の活動経験も有り。

>>相談できるカウンセラーの詳しいプロフィールはこちら