「回避依存症の彼の治し方」を調べる方に知って欲しいこと

 

 

 

←警戒心の強さが滲み出ている…

回避依存っぽくて可愛いと思ってしまうのは、私だけでしょうか…(笑)


 

 

 

恋愛依存症(恋愛依存・共依存傾向)の度合いが高い方ほど、

回避依存症の言動行動が気になるものなので

 

 

「私が不安になるのは、相手が回避依存だから……」そう捉えてしまうことがあります。

 

 

多少なりとも影響はあるとは思いますが、「そうに違いない」と決め込んでしまうと・・・・

 

 

相手の回避依存症が治りさえすれば、自分の不安は解消されるのではないかと思う人もいますが

 

 

はっきり言うと、

それは誤解なんですよね^^;

 

 

相手の言動行動が "気になる”   ”引っかかる”  というのは、自分自身の心の反応ですから

 

 

その心の反応が、相手に対する接し方として影響を与えていることもあります。

 

 

 

 

でも私たち人間は、自分の問題に直視したくない時ほど、相手の問題に意識がフォーカスされてしまうかもしれませんね。

 

 

相手に意識が向くことが悪いわけではないですが、せっかく向けるなら、『相手の立場に立ってみる』この視点も必要かもしれません。

 

 

 

「回避依存症の彼」について、リキューの方で詳しく説明していますので、気になるかたは参考にしてください^^

 

 

 


◆下記からご購読いただけます


 

 

【目次】

 

⑴ 回避依存症の傾向がある事を本人が自覚することはあるのか?

 

⑵ 彼に回避依存症ではないかと、伝えてもいいのか?

 

⑶ 相手に気づかせたくなる人の依存傾向とその理由

 

●最後に〜

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


◆関連記事