恋愛での「執着」を手放すための本質はコレ!自分を苦しめる感情を手放したい方へ


◆執着の仕組みとは・・


 


よく記事を読んで刺さるとか、痛いと言われることがありますが

 

 

最近私も刺さるダイエットの食事指導の方の記事を読んで

勉強してるので分かります。笑

 

 

楽して痩せそうな記事なら刺さることはないでしょうが、リバウンドは繰り返すでしょうね…

 

 

刺さる記事を書いてるつもりはないですが、

本質的なことや、現実的な話をしている分、そう感じるかもしれませんね。



でも記事を読んで刺さるところが自分の成長ポイントだと思ったらワクワクしませんか?

 

 

しっかり現実を見て、依存的な恋愛から卒業したい方は引き継ぎどうぞ〜〜

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

最近のカウンセリングでは

季節柄なのか??

 


 

「執着」という言葉がよく出てくるので

 

 


執着を手放したい方は

そもそも執着って何なのか?について、

まずは整理してみてください。

 


 

執着の意味は・・

 

一つのことに固執し、とらわれること

 

辞書で調べるとこんな感じです。

 


 

これを恋愛に置き換えると・・

      


 

彼氏に囚われてる状態とか

元彼のことが頭から離れない状態

 

 



 

となると・・・

 

 



 

彼のことを考えなくなること、彼のことを忘れて次に進むこと=執着を手放すこと

 

 

 

そう解釈しがちですが

 

 

 

執着を手放すとは、

相手のことを考えくなるとか、忘れることではないんです。

 

 

 

そもそも執着って何なのか?というと

     

 


「恐れているもの」なんですよね。

 

 


恐れている「そのもの」を見なくてもいいように

 


 

しがみついている状態なので

     

 


そのしがみついてるものが何なのか?

 

 


そこを見つけないことには何を手放したらいいのか分からないですし、執着を手放せたことにはならないんです。

 


 

例えば女性に見受けられる執着に




「女性として愛されること」がありますが

 

 


女として見られたい、

可愛がられたい思いから

 


 

女性らしさの象徴でもある

ロングヘアーに執着し

 

 


違う髪型にチャレンジするのが

こわいと感じてしまうことがありますが

 

 


これは

女性らしさの象徴でもある

ロングヘアーの自分ではないと

 

      


女性らしさを失う

女性として愛されないという

恐れを持っていることになります。

 


 

これが執着になります。

 


 

ここも、

ショートカットに切れることが

執着を手放したことではないんです。

 


 

女性として愛されない

女性として見てもらえない恐れ

 


 

この「思い」に気づくことが

執着を手放すことに繋がります。

 


 

例えば恋愛での私の執着は

恋人がいることに執着していたので

 

 


ひとりになることで感じる

寂しさ、孤独感に恐れを感じていました。

 


 

その恐れを避けるかのように

恋愛相手が途切れたことがなく

 


 

寂しさ、孤独感、おまけに見捨てられ不安を味わいたくないために

 

 


別れる前に、

次の恋人候補を確保するとか

 

 


相手から別れを切り出すものなら

しがみついて

私から別れたくなるまで待ってくれと

自己中なお願いをしてみたりと

 


 

寂しさや孤独感を感じることから逃げるのに、かなり必死でした^^;

 


 

でも結局この恐れは、

逃げるから追いかけてくるので

 


 

付き合っていても、二人でいても

常に寂しさや孤独感が消えることはありませんでした。

 

 


そしてこの恐れている感情を抱えながら付き合っていると

寂しさや孤独感に過敏になっていますから

 


 

彼氏が会う約束をしないことに

イライラしたり

 

 


彼氏が会えないときは、

常にいろんな予定を詰め込んで

 


 

楽しむための予定ではなく

寂しさを紛らわすための予定なので

腹の底から楽しめてはいませんでした。

   

      


でもこの恐れを手放したことで

寂しさや孤独感を怖がらなくて済むので

 

 


彼氏に会えても会えなくても

気にならなくなったり

 

 


無理して人と会うこともなく

とにかく力が抜けて楽になりました。

 

      


じゃあどうしたら、

その恐れを手放せるのか?

 


 

しがみついてる手を開き

 


しがみついていた手の中にある感情を認めるだけです

 

 


認めるというのは、

頭だけの理解で、

はい、私この感情をもってます!

 

 


ということではなく・・

 


 

執着していた恐れの感情を心で感じて味わい

 

 


あぁ…この思いに執着してたのだと…だから苦しかったのだと…

受け入れていくことです。

 



このときに、心が傷む感覚がなければ、

頭だけで理解しようと、感情を感じないように蓋を抑えているような状態です。

 

 


なぜなら執着するのは、

手放したら、感じたくなかった感情が湧いて出てくるから

手を離したくないんですよね。

 

 


だから手放すときは傷みを感じます。

 


 

でもこの傷みは、手放すための傷みですから




ずっとは続きません。

 


 

実は認めてしまったあとの方が何倍もラクなんです。

 

 


執着は手放せないのではく、

手放したくないからしがみついているんです。

 

 


だから執着を手放したいと思う方は

 


 

こわいと、ぎゅーっとつぶってる目を開ける勇気を出してみてください。

 

 


こわいと思ってたその感情は、思ったほどたいしてこわくはないかもしれません。

 


 

あなたが感じたくない、

認めたくない感情って何ですか?

 

 


まずはここを見つけてみてください^^




もしここを感じたくないのなら、手放したくない自分の感情も認めてあげてくださいね。

 


 

一人で難しい方は、カウンセリングで一緒に探してみましょう〜〜!!!






 

 


◆恋愛依存症を本気で克服したい方へ