誰にも分かってもらえない強い孤独感を感じる原因は・・


◆恋愛相手や人間関係から映し出される孤独感の正体


 

 

最近のカウンセリングでは

 

「孤独感」

 

この言葉を聞くことが多いのですが、孤独感と言っても、いろんな孤独感があります。

 

 

孤独感とは・・

 

 

自分はひとりぼっちだという感覚になるとき

 

 

心が通じる人がいなくて寂しい気持ちを感じるときに感じやすい感情ですが

 

 

孤独感を持つ方の根底には

 

 

<誰にも私の気持ちは理解してもらえない>

 

 

という思いを抱えていることが多くあります。

 

 

人から承認されたい思いは誰もが持つ自然な心の動きでもありますが

 

 

「自分を理解して欲しい、認めて欲しい」という思いが強過ぎてしまうと

 

 

人に対して過剰な承認を求めたり

 

 

人からの否定に対して

過剰に反応しやすかったりして…

 

 

人と親密になることや、健全な関係を築くことが難しくなってしまいます(;´д`)

 

 

不思議とこの思いを抱える方には、

似たり寄ったりな恋愛や人間関係を繰り返す傾向にあるのですが

 

  

例えば恋愛であれば・

 

 

◯いつか自分を理解してくれて、全てを受け入れてくれる男性を追い求めている

 

 

◯同じように分かって欲しい欲求を持つ男性との恋愛が多く、喧嘩や衝突を繰り返す

 

 

◯自己中心的な男性や、大事にしてくれない男性に惹かれやすく、一度付き合うと離れたくても離れられない

 

 

◯父性母性を感じられる、歳がかなり離れた男性としか恋愛ができず、歳の近い男性に魅力を感じられない

 

 

◯自分を理解してくれる存在を求めているはずなのに、結婚相手に向かない男性との恋愛を繰り返している

 

 

人間関係であれば・・

 

 

◯人に対して、自分を理解してもらうことに、過度な期待を持っている

 

 

◯自分を分かってくれる人は味方だと思えるが、そうではないと感じたときには敵になる

 

 

◯人との距離感のとり方が分からない

 

 

◯相手の立場に立って考えることが苦手

 

 

このように・・・

 

 

<誰にも私の事を理解してもらえない>

 

 

という心を映し出すような恋愛や人間関係に向かってしまうんですよね。

 

 

今、目の前で起こっている『現実(人生)』は、

自分の心の思いが、反映されていると言っても過言ではないと思います。

 

 

「人は自分の鏡〜」なんて言いますが

 

 

オモシロイことに、目の前に集まる人も、現実も、みな自分の鏡なんです。

 

 

誰にも分かってもらえない強い孤独感を感じる方は・・

 

 

「自分は自分のことを認めているのか?」

 

 

「自分は相手のことを理解しようとしているのか?」

 

  

まずは、自分自身のことを振り返ってみてください(^^)

 

 

もしかしたら自分が自分を認めてあげられてない、分かってあげられてないから

 

 

他者が理解してくれないことに、イライラしてしまうのかもしれませんし

 

 

自分の代わりに、他者に承認してもらうことを求めてしまうのかもしれません。

 

 

そして自分が誰からも理解されてないと感じるとしたら

 

 

自分自身も相手のことをよく分かってなかったり、相手なりの考えに気づけてなかったり

 

 

自分の本当の気持ちを相手にわかるように、ちゃんと伝えられてないのかもしれません。

 

 

私がそのことを知識だけではなく、実体験としても言えるのは

 

 

私自身もこの孤独感を長いこと抱えてましたので、どれだけ辛い思いか、痛いほど知っているからです。

 

 

この孤独感をどうにかしようと

 

 

分かってもらえる存在を何年も探し続けましたが、ことごとく違ったんですよね。

 

 

今度こそは!と期待した相手でも、やっぱり違ったんです。

 

 

そこであるとき気づきました。

 

 

私の求める分かって欲しい条件って、無条件に受け入れてくれる人であって

 

 

自分にとって都合の良い人間は、この世に存在しないんだと・・・。

 

 

中には理解してくれる人もいましたが、依存関係で成り立っていた関係でしたので、最後はお互いに苦しくなって別れる結末になりました。

 

 

そうやって痛い経験を繰り返していくうちに

 

 

「分かってもらえない」被害者の立場に自分が浸っていることにも気づき

 

 

やっと・・「私って、なんでこんなに分かってほしがるんだろ???」

 

 

(*これが相手ではなく、自分に意識を向けるという意味です^^)

 

 

これまでの自分の感じ方について、深く掘り下げて、自己認識を深めていきました。

 

 

やはり行き着く先は、母親との関係でした。

 

 

「分かってくれる存在」を探し続ける中で、

何度も母に、分かってもらえない苦しさをぶつけたこともあります。

 

 

でも私の母の反応は、

「お母さんだってあなたに苦労させられた」と・・

 

 

私の気持ちを受け止めてくれるどころか

 

 

私と同じように、「お母さんの事を分かってよー!」が、返ってきました(^-^;

 

 

その反応に、母に対する嫌悪感と怒りが高まり、母と関わることが苦痛でしかない時期もありましたが

 

 

母娘の関係でも、お互いに、鏡として映しあっていることもあるんですよね〜。

 

 

私の母自身の中にも「私の事を分かって欲しい」思いが強くあって、満たされないものを抱えているから

 

 

親の立場であっても、

子供の気持ちに共感してあげられる余裕が、心にないのだと思います。

 

 

それを当時は、それが分かったとしても、

「親なんだから、子供よりも先に分かろうと努力するべきだ!!!」って

 

 

私のインナーチャイルドは訴えていましたが、そう思っている限り、結局お互い鏡なので、母親も同じなんですよね。

 

 

だから関係も近づけないし、心が噛み合わなかったんです。

 

 

そこで私は、親に変わって欲しい期待を手放して、自分の中のインナーチャイルドを癒し続けました。

 

 

チャイルドが癒されると、心に余裕が生まれ、親の中にも自分と同じような孤独感や生きづらさがあったことに、心で気づけるようになり

 

 

親への理解や共感が持てるようになると、鏡なので、親の心も緩んでいきました。

 

 

でもこれって、恋愛や人間関係でも言えることだと思うのですが

 

 

恋愛や人間関係で衝突する原因のほとんどは、互いに自分のことを先に分かって欲しくて、互いに相手の気持ちを分かろうとしないからなんですよね。

 

 

自分の言い分が譲れないとか、

私の気持ちを「先」に分かって欲しいと強く思うのは、癒されていないインナーチャイルドを抱えているからです。

 

 

インナーチャイルドの思いだとしたら

 

 

<誰にも分かってもらえない孤独感>を最初に感じた相手・・・

 

 

幼少期の頃の、家族の誰かに対しても同じように感じていたから作り上がった感情となりますので

 

 

子供の頃の未消化な孤独感の場合は、

親代わりとして恋愛相手や人間関係に求めても、代役でしかないので、いつまでも満たされることはありません。

 

 

満たせないのではなく、求める相手、満たす方法を間違っているだけなんですよね。

 

 

そして厄介なのは、誰にも分かってもらえない孤独感が強い状態であるほど

 

 

この孤独感を埋めることが優先されていきますので、その他の大事な部分がすっ飛んでしまいます。

 

 

大事な部分というのは、

<自分が本当に望んでいる恋愛や生き方>です。

 

 

例えば本当は・・

 

 

お互いに尊重し、信頼し合える関係であったり

 

浮気や暴力もない安心できる関係であったり

  

結婚相手として選べる男性と付き合いたいと思っていても

 

 

孤独感が満たせる相手なら、たとえ苦しい恋愛であっても、耐えてでも続けようとしてしまいます。

 

 

でも大体の方が、耐えたくて耐えてるわけではないので、孤独感を感じるだけでも辛いことなのに



本当に望む恋愛ではない苦しさも味わうことになるから二重の辛さを感じることになります。

 

     

それでも良いと自分が納得しているならいいですが、孤独感を解放したい方は、ぜひ自己認識を深めてください(*^▽^*)

     

 

鏡をどう利用しようかは、自分次第です。

     


ここをカウンセラー側にはどうにもできません。



カウンセリングでは恋愛相手や周りにいる人たちを鏡として、自分の中にはどんな感じ方があるのか?

     

 

その感じ方を持っているのは何故なのか?

 

     

自分でも気づかなかった内面の感情を深掘りしていくお手伝いをしています(^-^)



自分を深掘りしていくことで、感情を和らげるための糸口を見つけることが出来たり



これからの人生が、自分の望む人生に進んでいくための道づくりができますから

     

 

恋愛や人生の流れを変えていきたい方は、

あなたの中の孤独感について、一緒に話し合ってみませんか?

 

     

ひとりよりも、二人で探る方がはかどるかもしれません(*^▽^*)b

 

     

 

ーーーーーーーーーーー

 

ここだけの話・・・

 

ーーーーーーーーーーー

 

 

親の気持ちを理解すること、これ、本当に苦労しました(^^;)

 

 

頭では理解していたつもりの時期もありましたが、本当の意味で、心で理解することは簡単ではなかったです。

 

 

でも自分や親に対して、心での理解ができたことで、恋愛相手や周囲に対しての必要以上の承認もなくなり

 

 

私のことは誰にも分かってもらえない!!と、苦しむ事もなくなったので、日々穏やかに過ごせています(*^▽^*)



心の理解、腹落ちすることができて、はじめて、本当の意味での心の安らぎ、穏やかさ、幸せだな〜という感覚を持つことができます。

 

         

私は、苦しい経験も、

克服した経験もしたからこそ

 

 

クライアントさんのお話を俯瞰で聴くことが出来ますので

 

 

お話を聴いていて、親のことや、幼少期の自分の気持ちを頭だけで理解しようとしているなと感じることがありますが

 

 

そうなってしまうのも、抑圧している感情があるからなんですよね。

 

 

抑圧も必要あっての状態ですが、苦しい感情がなかなか和らがない方は、

自分の気持ちを心で感じているか?意識してみてくださいね(^^)

 



 

 


◆恋愛依存症を本気で克服したい方へ



◆恋愛依存症の診断シート