恋愛依存症による苦しい感情を和らげるための方法

 

 


◆恋愛依存症を根本から改善したい方へ


 

 

恋愛依存症による苦しい感情は、

根本にある、幼少期の頃の傷ついたと感じた感情体験や

 

 

見捨てられたと感じた感情体験を癒していくことで和らげることができますが

 

    

それが分かっていても、根本にある感情と向き合うのがこわいと…抵抗を感じてしまい、

進むにも進められないという方のお声も少なくはないんですよねσ(^_^;)

 

 

この抵抗が出てくることは自然な反応ではありますが

 

 

でも本当の望みは・・

 

 

恋愛依存症を克服したい

 

安心できる恋愛がしたい

 

結婚できない相手ではなく、結婚できるパートナーと出会いたい

 

もっと人生を豊にしたい

 

 

もっとこう出来たら…という思いがあってもその先に進めない、

苦しいままで止まってしまう・・

 

 

だとしたら、それはそれはもったいない感じもしますよね( ̄◇ ̄;)

 

 

この抵抗自体も、無意識による働きであって

 

 

無意識=潜在意識の中にいるインナーチャイルドが変わることを嫌がって、「やだよ〜、こわいよ〜」と、変化したい思いを引っ張っています。

 

 

それではずっと苦しいままになってしまいますので、まずは「頭で理解する」ことで、その先に進む準備が整いやすくなるのでは?と思い

 

 

<恋愛依存による苦しい感情を和らげる方法>について、有料記事の方で書いてみました。

 

 

頭で理解するというのは、大人の自分の思考で理解することです。

 

 

大人の自分の方から恋愛依存症の克服について理解できれば

 

 

恐れを感じている子供の自分(インナーチャイルド)をサポートしやすくなるかもしれませんよね(*^▽^*)

 

     

今回の記事の内容は、<恋愛依存症の人が恋愛をすると精神不安定になる原因は?>の続きとして、説明している内容になりますが

     

 

それぞれ読み切りになっていますので、気になる記事からご購入頂ける内容になっています。

 

 

ですが!!!前回の記事からお読み頂けると、さらに理解が深められると思いますのでオススメです(*^▽^*)b

 

     

内容はこちらになります ↓

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

<もくじ>

 

①冒頭の説明(依存感情が抜けていく過程など・・)

 

②恋愛相手を変えても、依存感情が繰り返される原因

 

③依存感情はどうしたら満たされ、解消されていくのか?

 

④恋愛依存の感情を癒すとは?

 

⑤依存感情を癒す方法(ワーク付き)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

恋愛依存症を克服したい方にはぜひ読んで頂きたい内容になっていますが、その中でも特に・・

 

 

◯恋愛依存症の克服方法を知りたい方

 

 

◯インナーチャイルドを癒したい方(カウンセリングで取り組んでる方)

 

 

◯初回カウンセリングを受けて、恋愛で苦しくなる原因が分かり、

どうしたら問題を解決できるのか?を理解したところで終わってしまった方

(原因が分かる事と癒すことは別です)

 

 

◯恋愛依存症を克服する方法がいまいち腑に落ちない方

 

 

◯恋愛依存症の原因は幼少期にあることは分かったけど、その先、どうしていいのか分からない方

 

 

もしくは

 

 

◯恋愛をすると彼中心の生活になってしまう方

 

 

◯常に寂しい気持ちや見捨てられる不安を抱えている方

 

 

◯頭では別れたいと思っているのに、別れられない方

 

 

◯「頭で考える自分」と「心で思っている」自分がチグハグに感じる方

 

 

◯苦しい恋愛パターンから抜け出せない方

 

 

◯恋愛相手に対して感情のコントロールが難しくなってしまう方

 

 

 

どれか一つでも当てはまれば、お役に立てる内容かもしれません(*^▽^*)

 

 

 

恋愛依存症を克服したら困る方は、読まないでくださいね。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最後に・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回の記事の内容は、恋愛依存症克服を目指している方には特に読んで頂きたい思いで書いていますが・・

その思いが強かったせいか?(^^;)

 

前回よりも少し長い内容になってしまったので、二回に分けようかも迷いましたが

 

どれも知っておいた方が良い内容となってますので、1記事として出すことにしました。

 

どうしてもカウンセリングの時間には限りがありますので、毎回細かく説明できないことの方が多いですが

 

今回の記事を読んで頂けますと、カウンセリングの補助であったり、理解への再確認としてもご利用頂けるかと思います(*^▽^*)/

     

 

 


◆記事はこちらからご購入くださいませ。