彼の母親役になると、女性として見られなくなり、恋愛関係が破綻する理由

 

男女関係だったはずが、気づいたら「親子」のような関係性になっていると思う方は、

今の関係を見直す時期かもしれません・・・

 

 


■「母親」という役割から見えてくる価値


 

 

共依存傾向の強い方とのカウンセリングでは

 

     

パートナーや好きな人から「女として見てもらえなくなった・・」

というお悩みを聞くことがあります。

 

     

その理由の一つとして

     

 

 <彼のお母さんのようになっている> ことが原因として見えてくることがあります。

 

     

そのことに、カウンセリングを重ねていく過程の中で気づかれて、自覚される方と、全く自覚がない方と分かれますが

     

 

親子のような関係性から抜け出すには、まずは自覚することが必要になります。

     

 

彼の親的な立場であったり、

お母さんのようになりやすい方というのは

 

     

愛情深さ、優しさ、面倒見の良さ、包容力などの女性らしい魅力をお持ちの方や、頼られやすい姉御肌な方が非常に多いんですよね。

     

 

生まれ持った性格なのか、環境によって形成された性格なのかは

人それぞれ異なるでしょうが

     

 

どちらにしても、その方の魅力の一つとも言えますから、その性格を変えましょうということではなくて

 

     

「やり過ぎる」という点が問題だということに、気づいて頂きたいんですよね^^

     

 

では彼のお母さんのようになっていることで、どんな問題が起こりやすいのか?

 

 

 

※依存傾向を例に、説明していきます。

 

 

 

◉わがままで自己中な俺様男に育ててしまう

 

 

俺様系の回避依存の要素がある男性は、一見男らしく、頼り甲斐があるように見えますが

 

 

俺様的な男性ほど、自信のなさや寂しがりな部分を隠すための振る舞いであって

 

 

中身は自己中心的だったり、子供っぽかったりと…幼児性が強い傾向があります。

 

 

このような男性に対して、お母さんのように世話を焼いたり、せっせと尽くしたり、されて嫌な事を受け入れてしまうと

 

 

お母さんに八つ当たりしたり、ワガママ言い放題の子供のように、彼女のことを軽く扱うようになってしまいます。

 

 

 

◉性の対象として見られなくなる

 

 

彼のお母さんになってしまうと男女ではなく、親子の関係になります。

 

 

本来男性は、お母さんとはセックスしないので、この関係性になるとセックスレスになるケースが多いんですよね。

 

 

それから男性は本能的に、女性の中にお母さんや幼稚な子供の部分が多いと、「女」を感じる相手を求め「浮気」に向いてしまう事もあります。

 

 

 

◉彼の子供の部分を育ててしまい、頼りない男性になってしまう

 

 

彼のお母さん役になると、彼の子供の部分を引き出して、大人の男性の部分を弱らせてしまいます。

 

 

大人の男性の部分というのは、「男としての自信」「女性を守る」「稼ぐ能力」ですが

 

 

母親役になる事でここを弱らせてしまうと、男性性を刈り取ってしまい、

ダメンズ製造機となって、ダメ男を作り上げてしまう場合があります。

 

 

男性は本来は、女性に与えたい、喜ばせたい生き物なんですよね。

 

 

親子関係の状態で彼に「大人の男性」を求めても無理がありますから

 

 

できれば早い段階で軌道修正しておいた方がいいかもしれないですね^^;

 

     

 

どうでしょう〜〜

思い当たるところはありますか?

 

     

 

驚かせるつもりは全くないのですが、この状態が続き、進行していくと、恋愛関係が破綻してしまう恐れがあります。

 

 

 

ではなぜ彼の、

お母さんのようになってしまうのか?

     

 

お母さんになろうと思ってなっている方は少数派だとは思いますが

 

     

「お母さん」という役割に

価値を持っているから

 

     

ということが言えると思います。

 

 

 

どんな価値なのか?

大きく分けると2つあります。

 

 

 

●1つ目は・・・

 

 

お母さん役になる事(役に立つ、必要とされる)で、彼に愛されようとする

     

 

彼に尽くさないと、世話を焼かないと、必要とされないと・・

 

 

そこまでしないと自分は愛される存在では無いという思い込みを持っている。

 

 

役に立つことに依存し、

愛されることに執着している状態です。

 

     

 

2つ目は・・・

 

 

彼を助けること=自分を助けること

 

 

誰かを救いたい人は、

自分が救われたい人でもあります。

 

 

救われたいは大袈裟に聞こえるかもしれないので、言い換えると、

満たされたい思いがあるからですね。

     

 

満たされたい思いとは・・

 

     

相手に必要とされる自分、

役に立つ自分を認めて欲しい

 

     

子供の頃、本当は自分の母親にしてもらいたかった事を彼にしてあげる事で満たしたい

 

     

このような思いを

心根では求めているため

 

 

頭では「離れたい…」「もっと楽な恋愛をしたいのに…」そう思っていても

 

        

お母さん役から降りることが出来なくなってしまうんですね。

     

     

彼との関係性を親子関係から健全な関係に戻していくには?

 

     

・彼のお世話ではなく自分のお世話をする

 

 

・謝る必要のない所で謝らない、下手に出るのではなく、横並びの関係を意識する

 

 

・世話を焼く事で愛情を満たすのではなく、自分が甘えたいと思った時に甘えてみたり、手伝ってもらい、愛情を受け取る練習をする。

 

 

・世話を焼く事と手伝う事の意味は、「別」である認識をする。

 

 

(※相手が求めてない所まで介入すると、ただの押し付けになってしまうので気をつけましょう〜)

 

    

 

※関連記事

 

→「無償の愛」と「自己犠牲の愛」の違い

   

→自分から「都合の良い女」になっていませんか?

 

 

 

それでも「母親役」から降りることに、恐れや不安を感じる方は

 

 

彼のお母さん役から離れられない自分と、しっかりと向き合っていくことです。

 

         

母親役から抜け出したいと思う方は、

お母さん役の自分に、

こんな言葉を投げかけてみてください。

 

      

自分が彼にしてあげたい事と、

自分がお母さんにして欲しかった事に共通する思いはないか?

    

 

お父さん、お母さんに、無条件に甘えることが出来たという実感を待てているのか?

 

 

自分の存在は無条件に愛されてる、尊重されてる、認められていると、実感を持てているのか?

 

     

そして、親や養育者から、役に立つ自分の時だけ褒められた、認められたと感じた経験はなかったか?

 

 

この辺りに、解決の糸口になるヒントが隠れていることが多いので、

ぜひ振り返ってみてください^^

 

        

まずは自分自身が、

彼への依存や執着を手放していくと

     

 

親子という依存関係から、健全な関係性へと修正していくことができます。

         

 

悩んだらいつでもご相談ください^^

 

         

_______________

 

★編集後記

_______________

 

 

私も過去に一度だけ、彼氏のお母さんのようになっていた時がありましたが

 

   

私は尽くすよりも、やってもらう事への依存の方が強かったので、自分が尽くすのはめんどくさくなって自分から別れてしまいました(^^;)

 

 

私と一緒の方はいらっしゃいますか?笑

 

 

 

 


■回避依存症との付き合い方をもっと詳しく知りたい方へ


●回避依存の地雷を踏んで、音信不通になった時の対処方法

 

【目次】

 

⑴音信不通になる回避依存の特徴

 

⑵音信不通直後の対処方法

 

⑶音信不通を防ぐために、依存傾向別に気をつけた方がいいこと

 

◉おまけ:心を開いているときのサイン

 


■依存別チェック無料診断