傷ついたと感じやすいのは、捉え方の癖に原因がある


◆人が傷つく本当の原因は・・


 

 

恋愛や人間関係において

人との距離が分からず、距離を置いて付き合おうとする人ほど

 

 

 

傷つきやすく、

ナイーブな心を持っていたりします。

 

 

 

傷つきやすさがあるだけに

人に心を開けなかったり

本音で話せなかったり

気持ちを抑える事が多かったり

 

 

 

なかなか上手に自分を表現できないという

葛藤を抱えていることがあります。

 

 

 

その葛藤の元になる思いが、

人と親密になってみたい思いと

傷つく恐れになっていくわけですが

 

 

 

ここから突破していくには・・

 

 

 

この段階で人と親密になろうとしても、

離れるか、近過ぎるかの

極端さが出やすくなると思いますので

 

 

 

まずは、心の感じ方の一つになっている、傷つきやすさを和らげていく必要があります。

 

 

 

和らげていく方法として

まずは「傷つく」について理解していただきたいのですが

 

 

 

人は何か傷ついたことが起こったときに

傷つけられた!

と、表現することがありますよね。

 

 

 

られた・・・

 

 

 

ですから、自分は被害者で、相手は加害者であるように仕立て上げてしまいがちですが

 

 

 

実際には、

相手が意図して傷つけようとした場合と

悪意は無いけど、結果、相手を傷つけてしまった場合があると思うのですが

 

 

 

 

だいたいは、相手に悪意がなかったりする事が多かったりすると思うんですよね。

 

 

 

 

悪意がないなら

良い悪いという事では無いですが

 

 

 

 

私たちが傷つくときの本当の原因は、

他者ではなく、傷つくと捉えた自分自身の中にあります。

     

 

 

なので傷けられた!と思ったときは、

相手が本当にあなたを傷つけようとして発した言葉や態度なのか?

 

     

 

自分が傷ついたと感じた相手の言葉や

立ち振る舞いについて

◯◯さんなら、

どう捉えるだろう〜?

どう反応するだろ〜?

 

 

 

こうして一度、色んな角度から確認する癖を身につけてみてください。

 

 

 

確認が終わりましたら、

次は自分の心の反応や捉え方について

見直してみましょう〜

 

 

 

自分の捉え方とは・・

 

 

 

「傷ついた」というのは、

感情ではなく考えになるのですが

 

 

 

人は何か傷つくと感じた事が起こった時に、

いきなり「傷ついた!!」と考える人はいないんですよね。




必ず傷ついたと感じる前に、

自分の使い慣れた捉え方があるはずです。

 

 

 

たとえば「私は、彼の素っ気ない態度に、無視されているように感じて傷ついた」

 

 

     

この場合、事実を事実としてだけ見てみると

<彼の態度が素っ気ない>

 

 


ただそれだけであって、彼が本当に無視しているかどうかなんて、分からないはずなんですね。

 

 

 

素っ気ない態度=無視されている

そう捉えたのは、捉えた側の思考癖、思考パターンの一つになっているはずなんです。

 

 

 

友達同士でもあるかと思いますが、同じ物事でも、人によって腹が立つと捉える人もいれば、そこまで気にならない人もいますよね。)




こうして相手の態度と、自分の価値観を結びつけて捉える癖を持っていると・・

事実ではないことまで「傷ついた」と感じて苦しい気持ちになってしまいます。




なので傷つくことを減らしていくには、自分自身が持っている「傷つく捉え方の癖」修正をしていくことですが




修正することで、事実に対して、独自の解釈をつけずに、事実は事実として受け取ることができたら、傷つくという感じ方も変わってくるかもしれませんね(^^)


 

         


ではなぜ、彼(他者)のネガティブな態度や言葉に対して、自分の価値観(解釈)を自動的に結びつけてしまうのか?

 

     


一つは傷つく捉え方をすることで、無意識に落とし込みたい、味わいたい感情があるから。




例えば

無視されたと捉えて傷つくことで、

相手を悪者にして

自分を被害者の立場に置きたい


可哀想な私を味わいたい…など





もう一つは、

自分の存在価値と結びつけているから。




例えば

彼に無視された=私の存在が無視された

=私の存在を大事に思ってない




そっけない態度に対して、

自分の存在そのものに向けた否定や攻撃だと

受け取ってしまうことにあります。




そう受け取ってしまうのも、

自分で自分の価値を認められないことや

 


私は何か足りない

欠けているという自己認識があるからですが

 

 

 

傷つく捉え方を和らげていくには

自分自身がありのままの自分を認められるようになること



 被害者加害者のゲームから抜けること



可哀想な私から抜けること




そのためには、まずは自分が持っている捉え方の癖であることを認識することと




捉え方の癖が出来上がった根本にある、

幼少期の自分に目を向けていくことで、恋愛や人付き合いでの感じ方や流れを変えていくことができます。

 



中にはこの考えを受け入れることが難しい方もいるかもしれませんね、



「あの人のせいで私はこんなに傷ついたのに、どうしてその原因がわたしなの?」

 

 

そのような方は、無理に受け入れなくてもいいので、一つの考えとして置いておいていただければと思います(^^)

 

 

     

傷つきやすいクライアントさんの中には

自分の心の弱さがダメだと責める方もいますが




弱いからダメなわけでもなく、

弱い部分を持っていてもいいんですよね。




弱い自分こそ、

認めてあげてください(^^)




そしてその自分を何とかしようとしたときに、弱い人間の反対である強い人間にならなきゃ…

そうなりがちですが




強い人間=傷つかない人間ではないですから




無敵な人間になるよりも、傷つく感じ方を減らしていくことで、たとえ傷つくことがあって落ち込んだとしても、落ち込む時間が短くなったり




傷ついたときの衝撃を減らしていくことが出来ると思いますので




傷つくことを減らしたい、感じ方を和らげたい方は、ぜひ自分の傷つく捉え方と向き合ってみてくださいね(^^)




一人では難しい方は、

お手伝いさせてくださいね〜

 







◆あなたの依存傾向は?