曖昧な関係のまま恋人と認めたがらない回避依存症男性の気持ち


◆回避依存症男性にとってのデメリットとは?


 

 

回避依存傾向の男性と、

お付き合いされている方からのご相談では

    

 

「彼が付き合っている関係を認めたがらない」というお悩みがあります。

     

 

どういう事なのかと言うと

         

 

例えば片思いの状態や、相手に付き合う気が無いと断られている場合は、認めてもらえないのは仕方がないことでしょうが・・・

     

 

付き合おうとか、好きだよという言葉は無いにしても、関係は恋人と変わらないのに

 

         

二人の関係性について質問すると、濁したり、はぐらかせたり、曖昧な感じで終わらせようとするそうなんですよね。

     

 

ここで大抵の方が、別れるのか別れないのか、この関係は何なのか?

 

     

何かを「ハッキリさせたい!!」という気持ちから、相手に詰め寄ったり、白黒決着つけようと感情的になってしまう方も少なくないのですが

     

 

ハッキリしない回避依存男性に対して、無理やり言葉を引き出すというのは、難しいと思った方がいいかもしれません。。。

 

     

回避依存症の男性にもよりますが、無理に聞き出そうとすれば、

責められてると感じやすいため



逆効果になる事の方が多いですから、できれば避けていただきたいところです^^;

     

 

今回の記事は、

回避依存男性と曖昧な状態にあって

 

 

・彼なりの愛情は感じられている

 

・周りから「それって付き合ってるよね?」と言われることもある

 

・もう会わないと言っても離れようとしない

 

 

このような方に向けた内容になります。

     

     

※全ての人に当てはまるわけではないので、今回は多い例を書きますね^^



彼が自分と付き合っていること、 恋人であることを認めてくれない

     


(回避依存男性と恋愛依存、共依存女性という組合せの観点での説明になります。)


     

______________________________ 

※関連記事

 

→共依存傾向の特徴と無料チェック診断

     

→恋愛依存傾向の特徴と無料チェック診断

 

_______________________________

 

   

   

恋人のような関係なのに、彼女だと認めてもらえない状態が続くことって

 

     

恋愛依存や共依存傾向がある女性側にとっては、他に本命がいるのかなとか

 

     

彼がいつ離れていくのか分からない不安が出てくると思うのですが

 

     

そんな不可解な態度を取る回避依存男性の心理や気持ちをこれまでの事例でお伝えすると

 

     

自覚有り無しかは置いといて・・・

 

     

恋人という「枠」のようなものを決めることに、何かしらデメリットを感じていて

     

 

関係性を曖昧にしておきたいというケースが非常に多かったんですよね。

 

     

そもそも回避依存症の特徴として、物事をメリットデメリットで考える傾向もあるので

 

     

回避依存っぽいと言えばそうなんですが…汗

     

 

回避依存男性のデメリットとは?

     

 

・自由に婚活ができない(女性側が既婚者という理由から)

 

 

・他の女性ともデートしたい

 

 

・誰からも束縛されたくない

     

 

このようなものがありました。

     

 

最初の二つに関しては、回避依存男性自身の価値観や考え方によるものであったり

     

 

女性側が彼の母親のような存在になっていたり、都合のいい女とも言える関係性になっている事が問題になっていたりします。

     

 

三つ目は、回避依存症の人が抱える 

 

     

 <人との親密さを感じることが怖い> 

 

     

この問題が原因になっていることが多く見受けられます。

 

     

例えば、不倫をする既婚の回避依存男性によっては、奥さんという近い存在よりも

 

     

”彼女”  という距離感の方が居心地が良い(都合がいい)と感じることがあります。

 

     

反対に、不倫や浮気をしないタイプの回避依存男性の場合は、結婚に進みたがらない原因がここにあることもあります。

 

         

回避依存男性にとっての親密さとは

 

     

コントロールされるかもしれない恐怖を味わうことになるでしょうから

 

 

恋人と決めてしまうこと

=支配、束縛に繋がることだったり

     

 

女性のヒステリックな面を見て=責められる、コントロールされる・・・



そう感じる事から、心を閉じてしまう男性もいらっしゃいます。

     

 

曖昧な関係での距離感の方が親密にならなくて済む=メリットと思い込んでしまっている間は、ハッキリさせることは難しいかもしれません・・・

 

     

そう言ってしまうと

 

 

「私が彼女だと認められる日はいつになるの?」と余計に気になってしまうかもしれないですが

     

 

相手の中の  ”親密さから避けたい心理”  が、認めたくない原因になっている場合は

     

 

まだまだ関係性を育てられる可能性はあると思います^^

     

 

それは何故かというと・・・

     

 

女性側の感情や行動態度が、回避依存症男性の抱える問題(親密さへの恐怖)を刺激してしまっていることもあるからです。

 

     

例えば

 

 

◉共依存女性の問題点

     

・嫌と思っていることでも「好きだから仕方ない…」と許してしまう

       

・相手の問題に介入し過ぎる

 

・孤独に弱く、

常に誰かと一緒にいないと不安

 

     

◉恋愛依存女性側の問題点

     

・「あれして欲しい、こうして欲しい」と要求が多い

 

・不安になりやすく、その不安を相手にぶつけてしまう

 

・要求が通らないと相手を責める

 

・寂しさが強く、べったりとした距離感を求める

 

     

どちらも刺激になりやすい共通点は

     

 

<境界線が曖昧、親密感、束縛…>

 

 

これらのキーワードが、どのように回避依存男性に影響していくのか?

          

 

例えば、境界線が曖昧な状態の場合

     

 

私と彼は別の人間」である認識が低くなってしまいますから

 

     

自分が思っている以上に、相手の境界線を越えてしまっている可能性が高いんですよね。

 

     

境界線を越えて介入されることは、回避依存男性にとってはとても重く、束縛や親密さを強く感じることになるでしょうから

 

  

恋人という枠を決めてしまったら・・・

 

     

「もっと重くなるのではないか?」


「もっと要求されるのではないか?」

 

     

そう相手にコントロールされることを連想してしまうのかもしれません。

 

     

このタイプの回避依存男性と良い関係を築いていきたいという方は

 

     

一旦「関係性をハッキリさせる」という思いから、離れるようにしていってください。

 

     

人の「こうしたい」思いが増してしまうと、「こうならないと困る」という執着になって、余計に複雑にしてしまうからです^^;

 

     

それでも気になってしまうという方は

     

 

・相手の心理をよく理解すること

     

・彼に関係性を認めて欲しいのは「なぜ?」という事を自分に問うてみること

     

 

これらを取り組んでいただくと、もっと客観的に色んな事が見えてくると思います。

     

 

最後に「何故?」というのは、依存を弱めていくための取り組みとして

 

     

実際にカウンセリングで話し合う事が多いテーマなので参考までにお伝えしますね。

     

 

◉共依存の改善点

     

・相手のパーソナルスペースに入り込み過ぎてないか?

→介入せずにはいられない理由を探す

     

 

・世話を焼き続けることで関係性が乱れ、気がつくと母と息子の関係なっている

 

→世話を焼くことでの自分のメリットを探す

 

 

自分が嫌なことを許すことで、相手に「大丈夫なんだ」と勘違いさせる

 

→嫌な事でも許す自分のメリットを探す

 

 

 

◉恋愛依存の改善点

     

・自分の感情処理を相手にぶつけることで解消しようとする

 

→自分の感情は自分で処理する

 

 

・自分の面倒を自分で見ようとせず、相手におぶってもらおうとする

 

→自分で出来ることは自分でする

 

 

・他者が自分を満たすものだと思っている

 

→まずは自分のことは自分で満たす

 

     

気持ちに余裕がある時でもOKですので、できる時に良かったら取り組んでみてください。

 

     

回避依存症の男性とのことで悩まれている方は、いつでもご相談ください^^

 

 

    

 

※関連記事

 

→回避依存症の特徴と無料チェック診断

 

 


■回避依存症の彼のことをもっと詳しく知りたい方へ


 

●回避依存の地雷を踏んで、音信不通になった時の対処方法

 

【目次】

 

⑴音信不通になる回避依存の特徴

 

⑵音信不通直後の対処方法

 

⑶音信不通を防ぐために、依存傾向別に気をつけた方がいいこと

 

◉おまけ:心を開いているときのサイン

 

 

 


 

●回避依存症にとって「安心感」を感じられる存在とは?

 

【目次】

 

⑴ 回避依存症にとって逃げたくなる相手の特徴

 

⑵ 回避依存症の人が求める安心感 

 

⑶ 安心感を与えられるようになるには

 

◉最後に〜

 

 

 


 

●依存タイプ別「回避依存症の彼」と別れたいのに別れられない心理

 

【目次】

 

⑴ 「別れたいのに別れられない心理」

 

・回避依存×恋愛依存

・回避依存×共依存

・回避依存同士が気をつけること

 

⑵ 克服するなら依存関係は解消するべきか?

 

⑶ 別れたい理由が「回避依存と親密になれない」場合の打開策

 

☘️最後に〜

 


■依存別チェック無料診断!