曖昧な関係で私が本命じゃないの?と不安になる人に知って欲しい回避依存彼の気持ち


◆自分の依存問題をクリアすることが回避依存の彼との関係性の改善に繋がる


 

 

回避依存傾向の男性とお付き合いする方に多い悩みの一つに

 

 

「彼が付き合っている関係を認めたがらない」というのがあります

 

 

どういうことかと言うと・・・

     

 

例えば片思いの状態や、相手に付き合う気が無いと断られている場合は、認めてもらえないのは仕方のないことでしょうが

 

       

 

付き合おうとか、好きだよという言葉は無いにしても、関係は恋人と変わらないのに

 

     

 

二人の関係性について質問すると、濁したり、はぐらかせたり、曖昧な感じで終わらせようとする…

 

 

 

女性の立場からすれば、

私たちの関係って何なの?

なんではぐらかすの?って、

ツッコミたくなるところですよね(^ー^;)

 

 

 

そこで・・・

 

 

 

彼を認めさせるにはどうしたらいいですか?

彼を変える方法無いですか?そう聞きたくなる方もいらっしゃると思いますが

 

 

     

気持ちは分からなくもないですが、人の感情や考えは、他人がどうこうできるものではないですから

 

 

     

それは彼も同じでしょうし、回避依存がある彼なら、なおさら応じない態度になっていくと思います。

 

 

     

なので、すぐにテクニックを聞きたくなる方、相手を変える意識に向いている方は、その前に・・・

 

     

 

なぜ、このような状態に自分が置かれているのか?

 

     

 

自分自身のことを客観視していく事の方が、もっと早い段階で、問題解決の方向に流れが傾いていくと思いますので

 

     

     

自分の心や思考の方に、意識の矢印を向けるように自分をコントロールする意識を持ってくださいね〜

 

     

 

今回は回避依存男性に悩む、

共依存と恋愛依存女性のケースで

 

 

・彼なりの愛情は感じられている

 

・周りからそれって付き合ってるよね?と言われることもある

 

・もう会わないと言っても離れようとしない

 

 

このような状況の方に向けた内容になります。

 

 

 

(*全ての人に当てはまる訳ではないですが、何通りもあり過ぎるので、ここでは多い例を書きます)

 

 

     

【彼が自分と付き合っていること、恋人であることを認めてくれない】

     

 

     

恋人のような関係なのに、彼女だと認めてもらえない状態が続くことって、恋愛依存女性にとっては、他に本命がいるのかな…とか、彼がいつ離れていくのか分からない心配が出てきますよね。

 

 

 

そんな不可解な態度を取る回避依存男性の心理や気持ちを想像するに・・・

 

 

 

自覚ありか、無自覚かは置いといて

 

 

 

恋人という枠のようなものを決めることに、デメリットを感じているから、関係性を曖昧にしておきたいのではないかと思うんですよね。

 

 

 

ここで言う回避依存男性のデメリットとは、<人との親密さ>を感じることです。

 

     

 

例えば不倫をする既婚の回避依存男性によっては、奥さんという近い存在よりも、彼女の距離感の方が居心地が良いと感じることがあります。

 

 

 

逆に不倫や浮気をしないタイプの回避依存男性の場合は、結婚に進みたがらない原因がここにあることもあります。

 

     

 

回避依存男性にとっての親密さとは、人からコントロールされるかもしれない恐怖を味わうことになるでしょうから

 

 

 

恋人=支配、束縛のように感じて、曖昧な関係での距離感の方が安全だと思い込んでいるのかもしれませんね。

 

 

 

 

------------

 

【関連記事】

 

詳しくは回避依存の特徴をお読みください。

 

 

--------ー----

 

 

 

そうなると女性側としては、

じゃー私が彼女だと認められる日は来ないの?そう思うかもしれませんが

 

 

 

親密さから避けたい心理が認めたくない原因になっている場合は、まだまだ関係性を変えられる見込みはあります。

 

 

 

どう変えるのか?

 

 

 

彼の心理が分かった次は、自分の問題点を探してみましょう〜

 

 

 

もしこの親密さが原因となっている場合は、女性側の何かしらの感情や態度が回避依存男性を刺激しているのかもしれませんので

 

 

 

刺激しているであろう問題点を探してみてください

 

 

    

 

◉共依存女性の問題点

 

 

・嫌と思っていることでも「好きだから仕方ない…」と許してしまう

   

 

・相手の問題に介入し過ぎる

 

 

・母子の関係性になっている

 

 

・孤独に弱く、

常に誰かと一緒にいないと不安

 

 

 

◉恋愛依存女性側の問題点

 

 

・要求が多い

 

・不安になりやすく、その不安を相手にぶつけてしまう

 

・要求が通らないと相手を責める

 

・寂しさが強く、べったりとした距離感を求める

 

 

 

どちらも、刺激になりやすい共通点は

 

 

・境界線が曖昧

 

・親密感

 

・束縛

 

 

これらがキーワードになっていくと思います。

     

 

 

ではこの問題点があることで、どのように回避依存男性に影響するのか?

      

 

 

例えば境界線・・・

ここが曖昧な人は、「私と彼は別の人間」である認識が低くなりますから

 

 

 

知らず知らずに、相手の境界線を越えてしまっている可能性が高いんですよね〜

 

 

 

境界線を越えて介入されることは、回避依存男性にとってはとても重く、束縛や親密さを強く感じることになるでしょうから

 

 

 

恋人という枠を決めてしまったら

 

 

もっと重くなるのではないか?

 

もっと要求されるのではないか?

 

コントロールされるのではないか?

 

 

そう想像させることになれば

曖昧な関係のままでいたいと思うのも

 

 

 

回避依存の心理からすれば

自然なことなのかもしれませんね。

 

 

 

なので回避依存男性との関係を改善していくには

 

 

 

やはり自分自身の依存問題をクリアしていくことです。

 

 

 

あなた自身の方から

依存的な関わりを減らすことが出来れば

 

 

 

回避依存男性の不安や恐怖を刺激することも減り、逆に居心地の良さを感じてもらえることに繋がると思います。

 

 

 

では依存問題をクリアしていくには、何をすればいいのか?

 

 

 

◉共依存の改善点

 

 

・相手のパーソナルスペースに入り込み過ぎてないか?

→介入せずにはいられない理由を探す

     

 

・世話を焼き続けることで関係性が乱れ、気がつくと母と息子の関係なっている

 

→世話を焼くことでの自分のメリットを探す

 

 

自分が嫌なことを許すことで、相手に「大丈夫なんだ」と勘違いさせる

 

→嫌な事でも許す自分のメリットを探す

 

 

 

 

◉恋愛依存の改善点

 

 

・自分の感情処理を相手にぶつけることで解消しようとする

 

→自分の感情は自分で処理する

 

 

・自分の面倒を自分で見ようとせず、相手におぶってもらおうとする

 

→自分で出来ることは自分でする

 

 

・他者が自分を満たすものだと思っている

 

→まずは自分のことは自分で満たす

 

 

 

 

などになりますが、これらが難しいと感じる方は、そこが自分の問題点になると思いますので

 

 

 

 

問題点を認識する事ができれば、その問題点を抱える原因を見つける作業に進むことができます。

 

 

 

 

原因を見つける事が出来れば、依存問題をクリアする糸口が見えてきますので

 

 

 

 

まずは自分の問題点を把握してみてくださいね。

 

 

 

 

自分の問題を改善して、

彼との関係性の流れを変えていきたい方は、そこをテーマにカウンセリングを進めていきましょう(*^^*)

 

 

 


◆あなたの依存傾向は?