カウンセリングはしゃべるだけで終わり?


◆カウンセリングにたいして「誤解」はありませんか?



ご新規さんから

 

「他でカウンセリングを受けた経験があるけど、しゃべるだけで意味がない気がして辞めました」

 

 

お問い合わせメールなどでは

 

「カウンセリングを受ければ楽になりますか?」

 

「カウンセリングって喋るだけで終わりなんですか?」

 

 

ご質問を受けることがあります。

 

 

カウンセリングを受けられてみて

どう捉えるか?感じるか?は人それぞれだと思いますが

 

     

話すことに意味を見出すか?は、

自分で何か気づきを得ようとする意識があるか?

 

目的意識を持ってカウンセリングに取り組んでいるのか?

 

自分の問題として捉えているのか?



受け手の心の在り方によっても

大きく左右されると思うんですよね。

 

 

意味がないと感じる理由として考えられることは

      


● カウンセラー側の力量、経験不足

 

●相性がわるい(信頼関係が築けてない)

 

●カウンセリングを受ける側が受け身

 


まずこの3つが多いのではないでしょうか。

 

 

心の改善に向けて進行していくには

これらが重要になっていきます。

 

 

今回は「受け身」の状態についてお伝えしていきますが

 

 

ここで言う受け身とは

 

 

①「私を助けてください」と、カウンセラーに何とかしてもらおうとすがるタイプ

 

②質問にたいして「分からない」「はい、でも…」など、感情をじっくり考えられず、自分の感情から逃げたいタイプ

 

③カウンセラーがほしい答えを教えてくれると誤解し、私はどうしたらいいですか?の質問が多いタイプ

 

④「お金を払ってカウンセリングを受けているんだから、カウンセラーが私を何とかして当たり前」プライドが高く、自分が正しくて相手は間違ってる姿勢を崩せないタイプ

 

  

有る無しに関わらず、強弱もあると思いますので、強く出過ぎてないか?参考にしてみてください〜〜^^

 

 

具体例をあげてみましたが、これらに当てはまる場合は、この時点で他人任せだということにまずは気づいてくださいね。

 

 

他人任せ=依存的態度です

 

     

カウンセリングは、

あなた自身の悩みについて話す場ですが



他人任せのまま、どんなに優れたカウンセラーの元でカウンセリングを受けても


カウンセラーをコロコロ変えたとしても

残念ながら同じです。

 

 

なぜなら・・

自分の感情や悩みは

自分の持ち物だからです


例え結婚しても

自分の人生は自分の持ち物です


自分のために生きてるのに、他人任せじゃもったいなくないですか?


他人や環境のせいにするのではなく

自分で自分を支える意識を持って


自分主体に生きていきましょう(^^)



そして変わらない自分がダメなのではなく「変えたい」と思っているか?

が、重要です。

 

     

もしも自分が変わりたいけど変わり方が分からない方は、依存から抜けるための考え方をお伝えします!

 


でもお伝えしたものをどうするかは

あなた次第です(^^)



-------------------------------------------------

ここだけの話〜

-------------------------------------------------


私も依存の克服のためにカウンセリングを受けたばかりの頃は


先生にアドバイスを受けても

右から左だった時期があります(笑)


エステと同じて

行けば痩せる的な??


受けてればそのうち…

なんて甘い考えをしてました^^;


15年も苦しんだ自分を

生ぬるい考えで変えられるほど甘くはなく

虫のいい話もなく


途中から自分の考えを改めてから

変化のスピードが上がりました。


何が違ったのか?

自分の感情に「責任」を

持つかどうかだけです。


形から入るって言葉もありますが

形だけ?向き合ってる風?だけでは

心に届かないから動かないんですよね。


心には心で向き合わないと

変化は起きないんです。


そのことに早く気づいて

まずは自分事として捉えて

自分自身をしっかりと

心で見つめていきたいですね^^




◆依存関連の記事◆