アダルトチルドレン(機能不全家族)と恋愛依存症・回避依存症の関係って何?依存症になりやすい家庭環境

 

このホームページに、各依存傾向別に特徴を書いていますが、「当てはまります!」というお声をいただくことが多いので

 

更に踏み込んで・・ 依存症になりやすい「家庭環境」はどんな環境だったのか?

根本的な改善に、幼少期の満たされなかった感情を癒す必要があるのか?に繋がると思いますので、ご参考までにどうぞ〜(^-^)

 

(時間があるときに、記事を書き足していこうと思います★)

 

 


◆読み進める前に・・◆


 

家庭環境を振り返る前に気をつけていただきたいのは・・

 

統計的に多い環境を取り上げているのと、

全ての方がそうなるわけではありません。

 

「こうだから、こうなった」と言うような

安易な決めつけや判断をするのは好ましくないので

 

カウンセリングを受けた経験のない方、初めて知る方は、「そうなんだ~」くらいの参考にしてみてください(^-^)

 

(パートナや身近な人への分析も同じです。)

 

具体的にご自身のことを知りたい方は、専門家にお話してから判断してもらってくださいね。

 

そして親や養育者を非難する、憎むためのものでは無く、「自分を把握する」ための情報としてご理解ください。




◆恋愛依存症が形成される環境


 

☑︎ 両親が共依存関係

 

☑︎ 幼少期に、親からの愛情をしっかりと受け止められなかったと感じて育った

 

☑︎ 両親が無関心・放任だった。または関心がないと感じていた

 

☑︎ 家庭の事情により、両親(特に母親)と離れて暮らしていたり、暮らしていても関心がなく、祖父母から愛情をかけてもらっていた

 

☑︎ 両親の喧嘩が絶えず不仲だったり、離婚や死別の経験がある

 


◆回避依存症が形成される環境


 

☑︎ 養育者から、過保護・過干渉に育てられた。(親だけではなく、祖父母に育てられた場合も同じです)

 

→このような環境から、人と親密な関係を築けそうになると窒息感を覚え、逃げ出したくなります。

 

☑︎ 親の感情や都合で優しくされたり、可愛がられたり、厳しくされたり、不機嫌だったり…

一貫性がなかったと感じていた家庭環境

 

☑︎ 母親が夫の代わりに、子供をコントロールや支配をして育てた(母親が恋愛依存症)

 

→このような環境から、支配やコントロールは愛情だと学習し、恋愛相手に同じことしようとしますが、支配される側に立つのは親からの束縛を思い出し、逃げ出したくなります。



◆共依存症(アダルトチルドレン)になる環境◆


 

 

恋愛依存症や依存行動は、共依存症(アダルトチルドレン)を和らげるためのおクスリの役目でもあります。


アダルトチルドレンの家庭環境についての詳しい具体例はこちら