回避依存男性との付き合い方③・・回避依存男性の特徴を調べ抜いても、彼の気持ちや愛情の疑いが晴れない方へ

 

最近・・回避依存からの検索が多く

依存についての認知が、じわじわ広がってきたのかなぁ〜と

思っています(^-^)

 

それと同時に誤解されているところも多いように感じたので、気になる方は読み進めてみてください★


◆回避依存症の男性はワル者?!相手の依存傾向に囚われていませんか?◆


 

最近のカウンセリングで気になったのが

     

「彼の態度が気になって調べたら、回避依存という言葉を知りました。特徴が彼に当てはまるのですが、彼を変えることはできますか?」

 

というお悩みです(^-^)

 

 

回避依存について調べると

まぁ…確かに印象の良くない特徴が書かれているので、余計に悩んだり、迷ってしまうかもしれませんね(^-^;)

 

 

それに回避依存や恋愛依存

共依存と言う言葉を知ると

 

「彼のあの態度…あの言葉は…回避依存だからなのかな?」

 

ついつい考えてしまいがちですよね(^-^;)

 

 

もちろん相手や自分の依存傾向を知ることは大切なのですが、そのことに囚われて相手ばかりに集中していても、自分自身の依存の改善は進まないですよね(;ω;)

 

 

そして回避依存症は病気という定義ではなく

幼少期に育った環境の中で出来上がった思考パターンの一つです。

 

 

ですから少なからずどんな方にも依存傾向は持ち合わせています。

 

 

その方によって違いはありますが、

回避依存症の人の中にも

恋愛依存的な部分が入っていたり

共依存的な部分も混ざっていますから

 

 

恋人同士の場合組み合わせによって、

お互いに、引き出される依存傾向は変わってきます。

 

 

ただ、どうしても

どちらかが強い依存傾向を持っていると、

強い方が主導権を握る形にはなります。

 

 

一般的に・・

回避依存症の人とペアになることが多いのが

恋愛依存症の人なのですが

表面的な特徴は真逆の関係です。

 

 

例えば

回避依存男性が逃げる側なら

 

恋愛依存女性が追う側

共依存女性は合わせる側になります。

 

 

そして二人が惹かれ合うということは

 

お互いに依存傾向が強く

依存関係に発展しやすい訳ですから

 

 

回避依存男性の自己中心的な態度

束縛、言動を恋愛依存側の人が増長させている場合もあります。

 

 

増長させているというのは・・

 

 

例えば・・

 お付き合いしている彼から

 

 

・しばらく仕事に集中したい

 

・今日は疲れてるから電話は出来ない

 

・気分が乗らなくい、もしくは忙しくて返信が遅くなった

 

・友達の誘いが増えて会える時間が一時的に減った

 

 

こういった状況になった場合

自分を優先してくれない彼に怒ったり、愛情を疑ったり

彼の時間を尊重してあげられなかったり

 

 

彼の気持ちよりも

自分の不安で周りが見えなくなったり、余裕が無くなってしまうことはありませんか?

 

 

もしくは

 

 

・彼の束縛が酷くなって友達との時間が減り、友達が離れていった

 

・彼の自分勝手がエスカレートし、我慢することが増えた

 

 

彼の言葉を何でも受け入れ

許し過ぎていませんか? 

 

 

彼がやるべきことまで

お世話し過ぎていませんか?

 

 

これらの行動が彼の依存度をより強くさせている場合もあります。

 

 

(恋愛依存側がワルイと責めてるわけではありませんからね^^; )

 

 

ということは・・

 

 

どちらかが依存度を弱めていくことが出来れば

相手の依存度を引き出しにくくなりますから

 

 

健全な関係を築くことが出来たり

上手く付き合いやすくなります(^-^)

 

 

「じゃぁ彼が変わってくれたらいいのに」

 

「何で彼のことで私だけが変わらなきゃならないの?」

 

「私ばかり悩んでるのが悔しい」 

 

 

こう思うかもしれませんが・・

 

 

残念ながら

自分以外の人間の感情を決めたり

自分以外の人間を自分の思うように変えることは出来ない

 

 

このことを諦めなければなりません。

 

 

なので自分自身が変わるしかないんです。

 

 

と、いうよりも

人をコントロールするより、自分をコントロールする方が数倍早いです(^-^)

 

 

そして!!そして!!

 

 

相手に変わってもらう期待を捨て

自分が変わることで

間接的に相手が変わることはあり得ます。

 

 

または。。。

これまで不安に感じていた言葉を彼に言われても気にならなくなったりします(^-^)

 

 

私自身もそうですが、

恋愛依存症を克服したことで

 

 

例えば・・

 

彼に急に仕事が忙しくなったから

少し仕事に集中したいと言われても

 

「えっ!何で何で?嫌われた?」こう反応してたのが・・

 

「あ、そうなんだ。がんばってね〜」

 

サラ〜と言えるようになったり

 

 

他の女性の話をされると

「自分以外の女の話をしてる!」

 

話の内容ではなく、

女性という部分に過剰反応していたのが…(笑)

 

落ち着いて話の内容が聞けるようになったり

 

 

大好きな相手でも、自然体の自分でいられるようになったので、ウソのように恋愛が楽になっていきました(^-^)

 

 

私の彼は回避依存だから…とか考えず

あなた自身が楽チ〜ン♪と思える恋愛をしたくありませんか?

 

 

あなた自身の気持ちに余裕が持てることで、

彼も居心地の良さを感じやすくなり

 

 

結果!彼は居心地の良いあなたの元から離れたがらなくなりますよ〜

 

 

まずは自分のことを楽にしてあげることを優先してあげてくださいね(^-^)

 

 

楽になりたい方は

良かったらお手伝いさせてください(^-^)/

 

 

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

今回の話しはなんとなくわかるけど・・

自分と向き合いうのはコワイ気持ちがあると思う方、

よかったらこちらを読んでみてください★

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 


◆合わせて読まれる記事◆





◆あなたの依存傾向は?◆




◆合わせて読まれる記事◆




◆お問合せは24時間受付中◆


 

 横浜心理カウンセリング ゆき相談室

 

【 お申込みついてのご質問は無料です 】

E-mail: info@yuki-room30.com   

お気軽にお問合せください(^-^)

 

恋愛依存症の克服カウンセリング

依存克服支援カウンセラー 畠山ユキ子