回避依存症の彼氏が奥さんや彼女の話をするのは、心を許している相手だから?

 

最近は「回避依存症」の検索で入られる方も多いですね〜

 

メインは恋愛依存症の克服ですが、

書けるときに「回避依存症ネタ」も増やしていこうと思います(^-^)

 

くれぐれも…。相手をコントロールするための方法ではなく、健全な関係を築くための考え方として捉えてくださいね〜〜!!!


◆回避依存の人かデリカシーの無い言動をする原因は・・


 

回避依存傾向のある男性と、

不倫または二股関係にあるクライアントさんから多い悩みの一つに

 

 

「分かっていても、奥さんの話を毎回する彼の気持ちが理解できません」

 

「私とも、彼女とも、別れる気がないと話す彼の気持ちが理解できません」

     

「彼の言葉そのままに受け止めてしまうので、傷ついてしまいます。」

 

「受け止めてられない私の心が狭いのでしょうか…」

 

     

このようなお話が出てくることがありますが、回避依存の人らしい言動と言えばそうなんですが

 

 

彼女という立場からすれば、まぁ。。。理解不能な言動ですよね…(^_^;)

 

 

不倫だから仕方ない、二股だから言える立場じゃないと、自分の苦しさを押し込めたり

 

 

私よりも奥さんや彼女の方が好きなんじゃないか?と、

不安になってしまいがちですが

 

 

回避傾向がある人をパートナーに持つ、独身同士のカップルでも同じようなやり取りが起こることがありますので

 

 

回避依存の言動に、愛情のある無しは関係ない場合が多いですから、何でもかんでも相手の言動と愛情をイコールで受け取らないように気をつけてくださいね〜

         


ですが・・・

 


回避依存と言っても色んなタイプがありますので、ここでの説明は、よくあるパターンを取り上げているのと、

恋愛関係にあることが前提となります。

 

 

話を戻すと…

         

 

回避依存男性の言動ですが、

中には平気でベットの中で奥さんや、別の彼女の話をする男性もいるようですから

 

 

えっ??目の前の私は無視?

私の存在は彼にとって何なの??って…

 

 

ホント、突っ込みたくなりますよね(^_^;)

 

 

恋愛依存症とか関係なく、誰だってそんな話をされたら気分悪いと思いますが

 

 

このようなタイプの男性に惹かれ、振り回されやすい方は

 

 

恋愛をすると、共依存の部分が強い方に多い傾向があります。

 

 

ですので、この場合の回避依存男性の言動の理由として考えられるのは

 

 

<気持ちを許し 過ぎて いるから>

 

 

ではないかと思われます・・(^_^;)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【関連記事】

 

→彼氏と会えない時間が続くと「私のこと忘れないかな…」そう思う心理

  

→彼のお母さん役になると、女として見られなくなり、恋愛関係が終わる理由

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

許し過ぎているというのは・・・

 

 

回避依存の人は、

プライドが高く、傷つきやすいだけに

 

 

なかなか自分の心を許せる相手がいなかったり、少ない人が多いので

 

 

自分の話を聞いてくれたり、受け入れてくれる存在はとても貴重だったりはするのですが

 

 

デリカシーのない言動が多くなった場合は、回避依存男性と付き合う、共依存傾向の女性側にも問題点があると思われます。

     

 

(★その原因について知りたい方は、他の記事で説明していますので、カテゴリーから気になるタイトルがあれば、お読み頂ければと思います^^)

 

 

ざっくりと、問題点をご説明すると

 

 

共依存の傾向がある方というのは

 

 

人に必要とされること、認められることで、自分の存在価値を高めようとする特徴がありますから

 

 

恋愛相手に対して、

自分から都合の良い女になってしまったり

 

 

相手の気持ちを繋ぎ止めようと、相手に合わせ過ぎたり、甘やかしてしまう部分がありますので

 

 

彼に好かれるためにしていることが、返って彼のデリカシーがない言動や行動を増長させている原因になっていることが多々あります。

 

 

心当たりのある方は、付き合い方の見直しが必要なのかもしれませんね。

 

 

それともう一つ考えられる事は・・・

 

 

たまたま「今」自分が話したいこと、聞いて欲しい話が

 

 

「奥さん」や「彼女」の不満や愚痴だから

 

 

という理由の場合もあります(^_^;)

 

 

それを聞かされる女性側からすれば

 

 

「私のこと好きなのかな?」

 

 

そう思ってしまうかもしれませんが

 

 

回避依存の人は、

自己中心的な考え方を持っているので

 

 

本人には悪気はなく、ただ話したいから。という理由だけで話すことの方が多かったりします。

 

 

(場合によっては、わざと話すときもありますが・・^^;)

 

 

なのでどちらの要因があるにせよ、回避依存の人が他の女性の話をしてきたときは

     


「奥さん」「彼女」という言葉に反応せずに

 

     

ただの単語と捉えて・・

 


「いま話を聞いてほしいんだな」

 

     

という視点に変えて

     


話を聞いてほしい「彼の気持ち」だけ を受け止めてあげてください。

 

 

聞きたくない話なら、彼の話しの内容までを理解しようとしなくていいです。

 

 

イヤなものはイヤでいいんですよね(*^▽^*)

 

 

ただ・・

 

 

テキトーに聞いていると拗ねるので、

心は傾けて聞くように、くれぐれも気をつけてください。笑

 

    

でもそうやって聞いてあげたら、

もっと彼は話してくるんじゃないか?そう思いますよね。

 

     

はい、たしかにそうなります(^_^;)



例えば・・・

     

 

「私、何でも聞いてあげるよ」とか

     

 

本当は傷ついているのに、嫌なのに、

     

 

「私、理解ある女だから大丈夫!!」

 

     

というスタンスで聞いてしまうと



あなたの聞きたくない話については、今後も話してくるとは思いますので

 

     

ちゃんと彼に対して「NO」は言うようにしてくださいね。

 

     

かと言って、拒否や拒絶には敏感ですから

 

     

言い方を間違えてしまうと、

「じゃぁいいよ!」とスネたり

 

     

自分の殻に閉じこもる場合もありますから

 

     

例えば・・

     

 

「奥さんの話をされるとーーーーーーー

私は悲しい気持ちになる」

 

 

「私は」と付け加えて



彼の言動を指摘するのではなく、自分の気持ちを伝えるように意識してください。

     

 

もしなかなか伝わらない場合は、根気よく伝えてみましょう〜〜!!

     

 

上から押さえつけるような言い方だけは控えてくださいね〜

 

     

それでも回避依存の彼が、あなたがイヤがることをやめてくれない場合は、彼との関係自体を見直す時期かもしれません。

     

 

そもそも相手に嫌われる怖さから、

NOを言えない場合は、自分の問題と向き合う時期かもしれません。

     

 

どちらにしても、自分ひとりではどうしようもない時は、

いつでもご相談くださいね(*^▽^*)

  

  

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ココだけの話し~

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

     


回避傾向のある私からすると

 


相手が嫌がることだと分かっていても、

「自分が話したいから話す」この感覚が分かってしまうところがありますが…


 

過去の私の場合、相手の気持ちをコントロールしたいがために、半分意識的に話していたことがあります^^;

 

 

回避依存の部分も克服できた今は、他人へのコントロールは無くなりましたので

 


甘えやコントロールによる

「自分が話したい」から

 

 

「自分はこういう考えを持っている」という自己開示へ変わりましたので

 

 

人とのコミュニケーションは、随分と円滑に、楽に感じられるようになりました^^

 

 

回避傾向も、自分の意志が条件になりますが、自分次第で和らげる事はできるんですよね〜

 


 


◆回避依存の地雷を踏んだ時の対処方法と予防について


 

 

【目次】

 

⑴音信不通になる回避依存の特徴

 

⑵音信不通直後の対処方法

 

⑶音信不通を防ぐために、依存傾向別に気をつけた方がいいこと

 

◉おまけ:心を開いているときのサイン

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◆あたなの依存傾向は?