自分の問題をまだ直視する勇気がない私でもカウンセリングを受けることはできますか?

 

「カウンセリングではなく、相談になってもいいですか?」

「向き合うのが怖いのにカウンセリング受けてもいいですか?」

こういったお問い合わせが続いたので、過去の記事を再アップしてみました。

 

既存の方の中にも同じ気持ちの方がいらっしゃるかもしれませんので、

良かったら読み進めてみてください^^


◆勇気があっても、勇気がなくても大丈夫!


 

ご新規の方からのお申込みの際に

 

「実はカウンセリングって抵抗があります。でもゆきさんに一度相談してみたいのですが、問題に直視出来ない私でも受けられますか?」

 

このようなご質問をいただくことがあります。

 

 

結論から言うと「ぜひ、どんなお話でも聴かせてください(*^_^*)」

という思いでいます。

 

 

このようなご質問をされる方の心の状態を想像すると・ ・

         

「今の自分がカウンセラーにどう思われるのか?」

 「勇気のない私でも受け入れてもらえるのか?」そういった心配があるのではないかと思います。

 

 

もしそういった不安があるのなら、こうして事前に確かめてみるのも一つだと思いますが

 

 

そもそもカウンセリングって、

自分自身のために受けるものですよね。

 

 

そしてカウンセリングって、

クライアントさんがカウンセリングの時間をどう使っていきたいのか?

何をしたいのか?

そこが重要なんです(*^_^*)v

 

 

「今日は恋愛の相談をしたい」

「家族との悩みを聞いて欲しい」

「自分の気持ちを受け止めて欲しい」

 


そこだけでも、

そこからでも

恋愛以外のお話でも

話したいと思うことをお話していただけたらなと

私は思っています(*^_^*)

 

 

 

きっと私のところに来られるということは、

恋愛依存や回避依存の彼

親子問題など

依存に関係するお悩みだと思うのですが

 

 

私が行うカウンセリングでは

まずはクライアントさんが今話したいお話

どんな内容でも全て受け止めるつもりで

じっくり聴いていきます。

 

 

そして更に。。

話していただく内容やお気持ち、

考えや状態から、

「この方は今どんな依存が強く出ているのかな?」

「この話から、何を分かって欲しいのかな?」

 

などを心で聴くように心がけながら

お話を聴いています。

 

 

お話の流れの中で、

必要であれば、

 

彼の行動や言動は

こんな心理からなのではないか?と伝えたり

 

次の段階に進むために

今抱えている問題の原因を謎解きしたり

 

問題の改善に進めるなら

セラピーを取り入れてみたり

 

などなど。。

クライアントさんの心の状態を第一に

一緒に考えながら進めたいと考えています。

 

 

それはどんな状態、どんな段階であれ

その方が生きてる人生を

そのまま受け容れたい思いが前提としてあるからです。

 

          

私は日々、依存についてのカウンセリングを行っていますが、悩みを抱えている方の心の状態は本当に様々だなぁと感じますが

 

 

長年のカウンセリングの経験からも

ご自身の問題に直視出来ないくらい

本当に疲れきっている心の状態の方は

 

 

「自分の心の内」を人に話したくても話せないもので、

そうであっても仕方のないことなんですよね。

 

 

ご自身が「こんな話でもいいのかな?」

「こんな状態でも大丈夫かな?」

そう思う事もあるかもしれませんが、


話の内容や心の状態に

正しい、間違ってるは無いですから

ありのままの今の自分でお話いただければいいんですよね(^^)


     

ただ。。。。。


 

クライアントさんに一日でも早く楽になっていただきたい思いや、依存克服カウンセリングとして活動している以上は!!と

使命感のような思いで

   

「依存の緩和!」「根本的な改善」に、気持ちを入れ過ぎてしまうところがあります。

 

 

その強い思いが、ブログやカウンセリングで感じさせていないか?

反省することもあります(^◇^;)

 

 

依存克服を出してる以上は、そこに力を入れることが間違いとは思わないですが

 

思いが強すぎると、

クライアントの気持ちに寄り添うことから逸れてしまうんですよね。

         


なので今は、、適度に、その都度クライアントさんの心のチャンネルに合わせ

 

その方の状態に合ったカウンセリングや対処法を考えていくことが、クライアントさんのためになると思っています。

     

 

「根本からの解決にはまだ進めない…」

 

「まだ彼の気持ちが気になって仕方ない…」

 

「インナーチャイルドを癒した方がよさそうなのは分かるけど、まだこわい…」

 

 

どんな状態でもいいです。

感じるままの気持ちを教えてください(*^_^*)

 

 

たとえ一回でも、相談だけでも

自分では見つけられない気づきを得られたと

喜んでいただける事も多くあります。

 

 

カウンセリングにどんな意味を見出すかは、

クライアントさんが感じる事ではありますが

     

     

あなたが今見ている世界と共に、

今を生きながら



あなたが望む未来に向けて

一緒に進んでいきたいと私は思います(*^_^*)

 

 


◆あなたの依存傾向は?◆