「カウンセリングというよりも、相談になっても大丈夫ですか?」

 

 


◆カウンセリングの時間はクライアントさんのためのもの


 

 

カウンセリングのお問合せでたま〜に頂く内容に

 

 

「一度ゆきさんに話を聞いていただきたいと考えていますが、相談でも大丈夫ですか?」というものがあります。

 

 

ここでの相談とは、回避依存症の彼の心理ついて聞きたい、恋愛依存症(共依存・回避)の克服の考え方を知りたいなどです。

 

 

「ぜひ、どんなお話でも、聴かせてください^^」という心持ちでいますが

 

 

もしかしたらですが・・・



私のカウンセリングは、アダルトチルドレンや恋愛依存症の克服カウンセリングとうたってますし

 

 

記事での発信も、メインは根本的な原因について説明していますから

 

 

質問や相談はよくないのかな?

 

恋愛や家族の話以外は対応してないのかな?

 

どんな反応されるかな・・・

 

 

など、カウンセラーの反応や内容を気にされる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

私のカウンセリングのスタンスとしましては

 

 

「今抱える悩みは、どんな世界観から起こっていることなのか・・・」

 

 

「どんな気持ちを分かって欲しくて、今この話をされているのか・・・」

 

 

など、話してくださる世界観をできるだけ理解したい、分かち合いたい思いで、集中して、お話を聴いています。

     

 

それともう一つ、カウンセリング時間に対しての誤解もあるのではないかと思うのですが

 

 

クライアントさん自身が、カウンセリングの時間をどう使っていきたいのか?何を話したいのか?何を解決したいのか?

そこが大切だと私は思っています。

 

 

カウンセリングは、カウンセラーの承認欲求を満たすための場所ではなく、クライアントさん自身のための時間ですから(*^^*)

 

 

 

なんですが・・・・

 

 

 

恋愛依存症についての記事を発信して、

そこに共感してくださって来られる方がほとんどなので

当然、今、依存状態である方が来られます。

 

 

依存という性質的に、何かに対して依存的になりやすいのは仕方がないのですが、やはりカウンセラー任せになり過ぎてしまう人は

 

 

より充実した、意味のある時間とはほど遠くなってしまいますので

 

 

ご相談やご質問を頂くことはぜんぜん構わないですが

 

 

「〇〇について、今日は一緒に考えて欲しい」

 


「◯◯について分からないから、理解を深めるためにカウンセラーの意見を聞いてみたい」

 

 

「◯◯についてモヤモヤするから、客観的に分析して欲しい」

 

 

など、話す目的を自分なりに持って、お話頂けたらと思います(*^▽^*)

 

     

そして私は、相談、カウンセリング問わず、

このような女性の方の協力をさせていただきたいと考えています。

     

 

●小さな努力を積み重ねていくことができる方

 

 

●恋愛依存の知識など、心について多少は理解がある方

 

 

●彼や他人ではなく、自分を何とかしたい方

 

 

●カウンセリングは時間がかかるものだと理解している方

 

 

●アドバイスや提案など、素直にやってみようと思える方

 

 

もしくは・・・

 

 

●少しでも自分の心が前に進めるように自分と向き合ってみたい…

でもそれはひとりでは難しいから、

カウンセラーに協力して欲しいと望む方

 

 

 

反対に、カウンセリングを受けるまでの心の準備がもう少し必要な方というのは・・・

     

 

●自分の問題として一緒に取り組んで、自分で克服するのではなく、カウンセラーに何とかしてもらおうとすがる方

 

 

●すぐにカウンセリングの効果を求める方

 

 

●自分の心の中を探究する準備が整ってない方(回復する気のない方)

 


相手のせいにしたい方

 

 

これはカウンセリングに限らず、英会話レッスンであろうが、パーソナルジムであろうが…同じだと思うのですが



自分事なのに、自分事として取り組む姿勢がないと、「効果」というものは出にくいと思います。



ですのであえて、あなたのためなので、お伝えさせてください。

 

     

カウンセリングは <自分のため> の時間であることを、覚えててくださいね。

 

 

お一人ではどうにもならないことは、ぜひいつでもご相談ください( ^∀^)

 

 

 


◆依存の関連記事◆