頭で分かっていても、恋愛で同じパターンをくり返し、自分を責めてしまうことはありませんか?

 

頭でわかっているのに、同じパターンをくり返してしまう…そんな自分に嫌気がさすことはありませんか?

 

同じことをくり返さないように気をつけてもくり返してしまうのは、ちゃんと理由があるんですよ。性格だからと諦める前に「なぜ、そうなるのか?」に目を向けてみる方が解決に繋がりやすいんですよね~

 

今回はくり返す原因についてお伝えしますので、良かった参考にしてみてください★

 


◆同じパターンを何度もくり返す自分を責めるのはやめにしませんか?


 

たとえば・・

 

恋愛依存症の人なら

 

「別れたいのに、別れられない」

「彼のことを考えないようにって思っても、四六時中考えてしまう」

 

こう思っているとします。

 

 

すると・・

 

「彼から離れられない私は依存するからいけないんだ…」

 

「別れられないのは、意志が弱い人間だからだ…」

 

と、自分を責めてしまいます。

 

 

そして大体の人がなんとか自分を変えようと

「気をつける」という行動をとろうとします。

 

 

気をつけるということは・・

 

彼に依存しないように、

自律した女になろうと甘えるのをやめてみたり

自分の本音を抑え込んだり

鉄のような意志の強い人間を目指そうとします。

 

 

自分が描く完璧な人間になろうと努力しますが、

思うようにはいかず、落ち込みます。

 

 

これをくり返せば、くり返すほど

酷く落ち込み、さらに自信をなくし

なぜ同じことをくり返すのだろうと

出来ないと思う自分を責めてしまいますよね。

 

 

「別れられない」状態なのに、

別れるための対策をいくら行動で頑張ろうとしても出来ない…

その理由のほとんどが

「潜在意識:気づかない意識」に原因があります。

 

 

クライアントさんからもよく聞くのですが

依存をやめよと、ネット書いてある通りに、他に意識を向けようと趣味や自分の時間を増やしても続かない、できないというのは、潜在意識に原因があるからなんですね。

 

 

インナーチャイルドは潜在意識の中に存在します★)

 

 

別れられないのに

無理に別れようとするよりも

 

 

「なぜ、それができないのか?」

「なぜ、別れたいと思ったのか?」に目を向けることです。

 

 

と、いうことは・・

悩みの原因は自分の心の中に理由(原因)があるということですよね。

 

 

自分の中にあるということは

いくら彼を変える話し合いをしたところで問題解決にはならないので、

「彼に向いてる意識を自分に向けましょう」とお伝えしています^^

 

 

(彼の話はぜったいしちゃいけない・・意味じゃありませんからね^^;)

 

 

では無意識(潜在意識)の中にある原因と、

どう向き合っていくのか?

 

 

まずはカウンセリングで対話をしながら

感情を掘り下げていきます。

 

 

例えば・・

「なぜ、別れられないのか?」

→ひとりじゃ寂しいから

 

「なぜ、ひとりじゃ寂しいと感じるのか?」

→私を必要としてくれる人がいないと、生きてる意味がわからないから

 

「必要としてくれる人がいないと思うと、どんな気持ちになるの?」

→私は存在しちゃいけないんだと思っちゃう…

 

 

★気づき・・

「…だってわたし、自分に自信がないから…。あ、だからわたし、誰かに必要とされないと、存在していいと思えない不安があるんだ。別れたら、私の価値を証明してくれる存在がいなくなるから、寂しくて別れられないだけなのかも。」

 

 

実はこのケースの本当の問題は

「別れられない自分」ではなく

<誰かがいないと、存在する意味がない>という不安でいっぱいになってる自分だったのです。

 

 

このことに気づいてしまうと、今よりずっと楽になります^^

 

 

(↑ よくあるケースを例にあげましたが、別れられない理由はそれぞれ違いはあります。)

 

 

↑この、掘り下げをしたときに

「本当の気持ち」が出てくると、

気づき(ハラ落ち)が起こり、モヤモヤが薄れていきます。

 

 

カウンセリングでお話してもらう理由は

心の中を言葉に変えて話すことで

頭の中が整理される目的もありますが

心の奥にしまい込んだ本当の気持ちを引き出すためでもあります。

 

 

実際のカウンセリングだと

サクサク出てくる人と、時間がかかる(心に抵抗が出てくる)人に分かれますが

それぞれ傷の深さが違って当然ですので

無理をせず、自分のペースで行うのがベストだと思います。

 

 

その掘り下げが進んでから、

インナーチャイルドセラピーや対話方式で

その原因となった過去の出来事を思い出していただき

癒すなり、感情を書き換えるなり、当時に決断した考え方を捉え直していきます。

 

 

まず自分で出来ることは

先ほどの例で上げるなら

 

「なぜ、それができないのか?」

「なぜ、別れたいと思ったのか?」

 

に目を向け、自分にこの質問を投げかけることです。

 

 

すぐに出てこなくても

脳は答えを用意してくれるように出来ていますから

「何かな~?」くらいのリラックスさで時間を置いてみてくださいね★

 

 

ひとりで難しい方は

カウンセリング使って一緒に見つけていきましょう!

 

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

 

クライアントさんの中でも同じことをくり返す自分を責めてしまう方がいます。

 

せっかくカウンセリングを進めてきたのに

元に戻ったように感じる自分に落ち込むこともあるかもしれませんが

 

以前の問題はクリアしたけど

また新たな課題が表面化(これは良いことなんです^^)しているから、

同じようにくり返してると感じるかもしれないんですよね。

 

人はくり返す自分がダメだと思っている時って

「またくり返した自分」に意識が集中しますから

小さな変化を見落としてしまうこともあります。

 

新たな課題が出てきたということは

古いものが解放された、

進歩しているという意味でもありますから

 

よーーく自分を観察してみてくださいね(^-^)

応援してます!!

 

 

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

今回の話しはなんとなくわかるけど・・

自分と向き合いうのはコワイ気持ちがあると思う方、

よかったらこちらを読んでみてください★

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 


◆あなたの依存傾向は?◆




◆依存を本気で克服したい人だけに読んでほしい記事◆