恋愛依存症を克服するためには、何から自分ですればいいの?


◆依存の克服には自分の感情を把握することが大切です◆


   

「依存体質を治したいと思いつつも、何からしていいかわかりません。」

 

「恋愛依存症の自覚はあるのですが、克服するまでの決意がまだないです。自分のペースでカウンセリングを受けてもいいですか?」

 

このようなお声をいただくことがありますが、

もちろん、大歓迎です^^

 

私のところには、

ご自分が恋愛依存症だと気づいたばかりの方も多く来られます。

 

カウンセリングを受けようと思うことが

すでに克服が進んでいるのだと私は思います。

 

 

まずは「決意がない」ご自分と、一緒に進んでみてください★

 

 

<恋愛依存症の自覚はあるけど、克服する覚悟はない>

 

 

こういった時期の方に多いお悩みは・・

 

「克服の覚悟はないけど、自分が苦しい恋愛をする原因を知りたい」

 

「自分が恋愛依存症だとはじめて自覚したけど、ネットじゃ分からない疑問を教えてほしい」

 

「彼から、依存じゃない?共依存じゃない?と言われて恋愛依存と言う言葉をはじめて知りました」

 

「彼に重いと言われ、他のことに目を向けてみたけど、余計に彼のことを考えてしまう」

 

「彼と別れた直後に恋愛依存症だと気づきました。食事も生活もまともに出来ず、苦しい気持ちをどう処理していいか分からない」

 

 

などがあります^^

 

 

依存症による

彼に捨てられる不安、別れたい衝動、不信感、怒り

必要とされたい気持ち、嫉妬心、不安感、極度の寂しい感情

 

 

こうした強迫的でもあり

自分ではコントロールできない強い感情があるからと言って

 

 

おかしな人間でもありませんし

弱い人間だからでもないんですよ。

 

 

同じように悩んでる方もいますし

ちゃんとした理由があります。

 

 

いざ依存の克服と考えると

難しく考えてしまったり

こわい気持ちが出てくるかもしれませんが

 

 

どうしていいかわからない状態のままだと

不安の数が増えてくだけですよね?

 

 

私と一緒に一つ一つ整理しながら

不安をつぶしていきましょう~♪

 

 

まずこの段階の人に必要なのは

自分を知ること、理解することです。

 

 

①恋愛依存症について知る

→恋愛依存症の種類

 

②自分がどんな依存傾向があるのか知る

→共依存のチェックシート

→恋愛依存症のチェックシート

→回避依存症のチェックシート

 

③どんな原因があるのか知る

④どうしたら、その悩みが解決できるのか知る

→インナーチャイルドを癒す必要性

 

 

ネットでも本からでも

恋愛依存症のカウンセリングからでも

自分を知ろうとしてみてください。

 

 

私も上記の内容の

お手伝いをすることが出来ます(^-^)!

 

 

自分への理解を深めることも

依存から自律への一歩です。

 

 

今の自分に出来ることから進めていきましょう〜!!

 

 


◆あなたの依存傾向は?◆




◆初めてカウンセリングを受ける方が読む記事◆