「彼にとって私は必要な存在?」という事が気になってしまう方へ

 

 

「必要とされることを求める」というは、共依存傾向の特徴の一つではありますが、やはりその思いが強過ぎることで、色々な問題が起こりやすいようですね。

 

自覚のある方は、早い段階で自分をケアしておくと、恋愛だけではなく、その後の自分の人生がもっと楽しく、軽やかになっていくと思います^^

 


◆必要とされたいのは、なぜ?


 

 

恋愛をテーマにしたカウンセリングでは

     

 

・相手の仕事の事情で忙しくなってきて、あまり会えなくなったり連絡が減った時

 

 

・自分の事を頼らなくなっていった時

 

 

・前はこうしてくれたのに、今はこうしてくれない何かを見つけた時

     

 

などなど

     

 

「相手にとって、私は必要な存在なのか分からなくなる…」というお話を聞くことがあります。

     

 

分からなくなると、自分から離れてあげた方がいいんじゃないか?

 

 

他に好きな人ができたのではないか?

 

     

人によっては、大事にされてないように思えてきて、怒りが込み上げてくる・・・という方もいらっしゃいます。

     

 

要するに・・・



相手にとって自分は「必要な存在なのか?」という事を気にしていて

 

     

「必要か?必要じゃないのか?」という事を考えているから

 

     

必要とされてないと判断した時に、不安な気持ちが次々に出てくるということです。

         

 

ではなぜ相手にとって、

自分が必要な存在でありたいのか?

     

 

共依存症という観点からお伝えすると

     

 

”人に必要とされることに依存している”  状態ということが言えると思います。

 

     

必要とされたい思い自体は問題ないのですが、共依存的な問題が絡んでいる場合

     

 

相手の行動や言動から、自分の必要性を感じてもらえてないと感じてしまうと不安定になる、感情的になる、思考が極端になる

     

 

という心の状態になってしまうので、恋愛がとても苦しいものになっていきます。

     

 

カウンセリングに来られる方の中には

 

     

「自分が必要とされてないと感じることが、自分にとって、何でこんなに辛いことになるのか分からないし、不思議でならない…」



そうお話される方もいらっしゃいますが、その辛さの原因の一つに、

共依存の影響があるとは誰しも、最初は気づきもしないんですよね。

     

 

ただ、そのことに、

早い段階で気づいていかないと

     

 

今度は、必要とされる自分になろうと、自分らしくない違う自分になってみたり

     

 

自分をもっと頼って欲しいと、

相手をコントロールしたい思いに駆られたり

     

 

必要とされるために、自己犠牲を払う恋愛になっていることもあるので

 

     

ご自身が自覚している以上に、深刻な問題になっていることがあります。

     

 

なぜ深刻なのか?

     

 

一番は、自分が幸せを感じられる恋愛ではなくなっていくからなんですね。

 

     

そうなると気持ちにも余裕がなくなっていきますから、常にイライラしていたり、感傷的になったり、ちょっとしたことで感情的になったり、相手を疑ったりと・・・

悪循環になっていきます。

     

 

これからの自分の恋愛を、もっと安心感を持てるものにしていきたいと思う方は

     

 

「彼に必要とされなくなると、なぜ困るのか?」自分自身に問うてみてください。

 

     

この思いを持つ方とのカウンセリングで見えてくる思いで多いのは



自分の価値と繋げて考えてしまうため、自分の存在を否定されているように感じたり



自分の利用価値がなくなったら、いつか見捨てられるという思い込みがあります。

 

     

だからこそ、お付き合いを続けていく上で、自分が必要とされているかどうかが、重要になってくるのかもしれませんね。。。

     

 

依存的な恋愛ではなく、健全な恋愛とは、相手がどう思っているのか?

ばかりを気にするのではなく

     

 

自分は相手をどう思っているのか?

自分はどうしたいと考えているのか?

     

 

という両方の思いがバランス良くなっいている状態でもあります。

     

 

このバランスを取れる自分を作っていくには、他者から自分の価値を認めてもらうことに依存する自分から卒業することです。

     

 

そして見捨てられる不安を抱えていたり、

自分を苦しめてしまうような思い込みを持っているなら、不安や思い込みを持つ自分と向き合ってみることです。

     

 

自分で自分の自己受容感を感じられるようになると、そこまで他者から必要とされているかは、気にならなくなります。

     

 

必要とされてるかどうかに怯える自分から解放されると、不必要な疑いや不安は出てこなくなりますから、ずいぶんと気持ちが楽になるはずです。

 

     

悩んだらいつでもご相談くださいね^^

     


______________

 

★編集後記・・・

______________

     


必要とされることに自己価値を置いている方は、価値を持つ自分なら愛される、離れていかないと思い込んでいるところがあります。



本来は、必要される自分ではなくても、愛されるはずなんですよね。



"自分は自分のままでも愛される"



この思いを持てたら、もっと落ち着いた恋愛が出来そうですよね^^



____________________


※関連記事

→共依存の特徴・診断シートはこちら

 

→「彼の1番の理解者になりたい」この思いが強過ぎる人ほど理解してない説





◆恋愛で幸せを感じられる自分になりたい方へ


 

※恋愛で不安になる自分に疲れた方は、そこから抜け出せるヒントがあるかもしれません。

     

下記の画像をクリックして頂けると、目次から内容を確認することができます。

     

_________________

 


◆依存別チェック診断