自分が否定されたと感じることに反応して傷ついてしまう人は、捉え方を修正すると楽になる

 

人と会話をしていると、相手の言葉や顔色が気になって、自分の本当の気持ちを言えなくなってしまうことはありませんか?


◆傷つきやすいのは「捉え方のクセ」なのはご存知ですか?◆


 

人間関係に敏感な人の中には

相手の些細な顔色の変化から

感情や気持ちを感じ取り

 

自分が本当に伝えたいことを

言えなくなってしまうことが多いです。

 

その中でも人の言葉を否定的に

受け止めてしまい、

傷ついてしまう方へ向けて書きます。

 

例えばですが

目の前の人と会話をしていて

自分と違う意見を言われたり

何か指摘されたりすると

 

自然とどんな感情が湧いてきますか?

 

こわくて距離を置きたくなる

 

接し方がわからない

 

ちょっとムカつく

 

この人私の味方じゃない

 

私の気持ちを分かってくれない

 

など、いろんな感情が

湧いてくると思います。

 

これが恋人や親しい人

心を開いていた相手となると

その思いをより強く感じるでしょう。

 

これらの感情は、

すべて認めていいのです。

 

実は感じまいとする抵抗が

苦しさの正体なのですね。

 

こわい気持ち

むかつく感情

 

すべて自分の中から

湧いてきた感情ですから

 

自分の中で感じる分には

自由なはずですよね。

 

だから遠慮なく

感じていいんですよ(^^)

 

不思議に思うかもしれませんが

これらの感情を抑え込んだり

無かったことにするよりも

 

湧いてきた感情を味わうと

少しずつ不安が小さくなっていきます。

 

そして自分の中から湧いてきた感情を

認められたあとは

 

相手の様子から

自分がどう受け止めて

どんな捉え方をしたのか?

ここを探っていきます。

 

例えば職場の人が

いつも目を見て挨拶してくれるのに

今日はしてくれなかった

 

この状況に・・

あなたなら

どんな捉え方をしますか?

 

嫌われてる?

私が怒らせた?

 

こう捉えるとしたら

 

自分から傷つく捉え方を

しているのかもしれません。

 

人の捉え方によっては

相手が自分の目を見る見ないが

気にならない人もいますよね。

 

これは心の奥に根付いている

<捉え方のクセ>と言います。

 

これらの癖を持っていると

物事を否定的に捉えやすくなり

自分を苦しめてしまいます。

 

人との会話、様子から

自分が否定されたと感じた時は

 

相手と自分は別の人間であり

お互いに、違う捉え方

違う意見があって当然なんだと

受け止めるようにしてみてください。

 

もし相手がイライラしていたとしても

それは相手の問題であって

あなたには関係ないことなんです。

 

どうしても自分の感情を受け入れられない人

 

意識しても

変えられないことがある人は

 

心の根っ子(無意識/気づかない意識)に

原因があるのかもしれません。

 

解決していきたい方は

なぜそれを感じたくないのか?

見たくないと感じるのか?

一緒に見ていきましょう(^-^)

 


◆お問合せは24時間受付中◆


横浜心理カウンセリング ゆき相談室 

 

【お申込みに関するご質問は無料です】

◆E-mail:info@yuki-room30.com


恋愛依存克服カウンセリング

依存克服支援カウンセラー 畠山ユキ子