彼に愛されていないと感じるのは、お互いの「捉え方」の違いから起こる誤解

 

恋愛依存症の克服の助けとなる<インナーチャイルドの癒し>実際に受け続けるとどんな効果があるのか?今後少しずつご紹介していきたいと思います。まずは私の例からご紹介していきますので、良かったら参考にしてみてください。


◆ネガティブな捉え方のクセはありませんか?◆


 

 

恋愛依存症のカウンセリングをしていると

恋愛になるとネガティヴになっちゃうんです…

という方がほとんどなのですが

 

 

出来事が起こったときに自動的に浮かぶ

ネガティヴな「捉え方」や「考え方」

 

 

これは生まれつきというよりも

 

 

生まれてからの養育者や周りの大人との関わり

出来事から学んだ「捉え方」であることがほとんどなんですね。

 

 

 

その当時に学んだ「考え、捉え方」を今もそのまま恋愛や人との関わりの中で使っているということなのですが

 

  

その「考え方、捉え方」は

子供のころは通用した

もしくはその価値観で自分を守ってきたことから

 

 

大人になった今も通用するはずと

現在の人間関係で使い続けることが多いと思うのですが

 

 

通用しなかった場合・・

 

  

「分かってくれない」

 

「愛されてない」

 

  

チャイルド(子供の自分)がざわざわと騒ぎ出すんです(^^)

 

  

では実際にインナーチャイルドを癒していくと

どんな変化が起こるのか?

 

 

まだまだ身近でない方のために

今後、少しづつご紹介していきたいと思います。

 

 

まずは、私のケースから・・・

 

 

 

母に仕事絡みの報告があり

最近久しぶりに

母と電話で話しました(^^)

 

 

内心…

母はどんな反応をするのかなぁ〜と

少し知りたい思いもあり

 

 

会話をしながら

母の様子を観察してました(^^)

 

 

素直に感じたことは

 

 

意外と黙って話を聞く人なんだなぁ〜

 

 

声のトーンや会話から

すごく喜んでるんだなぁ〜

 

 

いろいろと母の感情を感じとることが出来ました(^^)

 

 

すると。。

冷静に見てる大人の私の中から

チャイルドの考えも出てきした。

 

 

それは単純に

「母からの褒め言葉がほしい」

 

 

私の母は覚えがないかもしれませんし

もしかしたら「思い違い」なのかもしれませんが

 

 

私が子供の頃に母から褒められた記憶

無条件に褒めてもらえた感覚が正直ありませんでした。

 

 

どちらかというと

全部手柄をもっていかれる

そう思ってました(^^;)

 

 

たとえば

 

 

どこどこのおばさんから

可愛いね〜って褒められたことを

母に話すと

 

 

ママが生んだからよ

 

 

色白だねって

◯◯さんから褒められたよ〜

と母に話すと

 

 

ママが食べ物に気をつけたから

 

 

ことごとく

母の手柄にされてました(笑)

 

 

今の大人自分から見たら

母なりの表現だったのでしょうが

 

 

子供は大人ほど複雑ではありませんし

純粋な子供からしたら

大人の天邪鬼な表現まで察するのは難しくて当然なんですよね(^^;)

 

 

子供の私は

母に受け止めてほしかった

ただそれだけだったと思います(^^)

 

 

子供そのものの良さや努力を

自分の手柄にしようとする私の母

 

 

今回も手柄にするだろうな〜と

思っていたら

 

 

やはり期待を裏切らない!(笑)

 

 

ママがお祈りしてたからよと

笑いながら言ってました(^^;)

 

 

面白い人ですよね。。笑

 

 

きっとインナーチャイルドが癒えてなかった昔の私だったら

 

 

「なんで褒めてくれないの!」

 

「どうせ私のことなんてどうでもいいんだ!」

 

「親に認められない私はダメな人間なんだ

 

 

自信を失っていました。。

 

 

ほとんどの方が

愛されたかった大元は

「母親」ですから

 

 

母親から受け入れられてないと感じると、インナーチャイルド(傷ついた子供の自分)は感情むき出しになります。

 

 

恋愛相手にも

そんな感覚ありませんか?

 

 

恋愛相手にも

同じような欲求を重ねていませんか?

 

 

彼に褒められないと

 

 

好きじゃないんだとか

 

 

認めてくれないんだとか

 

 

私は一番じゃないんだとか

 

 

感じることありませんか?

 

 

そして

 

 

褒める=愛情だと捉えていたとしたら

 

 

彼から褒めるを通して

愛情を得ようと

 

 

当然必死になるでしょう。

 

 

自分の思う愛情表現じゃないと

しっくりこない

伝わってこないと

 

 

自分に伝わる愛し方に

彼を変えようと

 

 

駄々をこねたり

拗ねたり

 

 

気を引こうとしたり

 

 

または

自分の思う愛情表現をしてくれる男性に乗り換えようと彼の元から去ってしまったり

 

 

拗ねた子供の自分に戻ってしまうことはありませんか(^^)

 

 

彼を変えようとしても

変わらない

 

 

変わってくれたとしても

また別のことで変わってほしくなる

どこか満足しない

 

 

これ、当然なんですね。

 

 

だって出てきた子供の自分が

本当に褒めてほしかった

 

 

褒めるを通して

愛情を感じたかったのは

お母さんなのですから

 

 

彼はお母さんじゃないですし

男性からお母さんのような母性は得られないはずですよね(^^)

 

 

そして今回母の様子を見ていて

思ったんです。

 

 

あ、この人

褒め方がわからないんだ(笑)

 

 

そしてそれを知らない母は

 

 

褒める=愛情ではないんだなと。。

 

 

すごーーーく

分かりづらいのですが

 

 

母流の愛情表現があるんだと

感じられました。

 

 

電話の切りぎわ

 

 

「連絡をくれてありがとう

また教えてね」

 

 

そう言ってくれました。

 

 

これって十分に

お母さんなりの愛情なんですよね。

 

 

インナーチャイルド(傷ついた子供の自分)が癒されるってこういうことなんです。

 

 

相手を無理矢理変えなくても

自分が変わることで

 

 

小さな愛情

これまで見落としてた愛情を

受け取れるようになります。

 

 

わざわざ知らない土地で

自分をリセットしようとしなくても

 

 

これまでと同じ世界

同じ人間に囲まれていても

 

 

自分が変わることで

同じ世界の見方が変わります(^^)

 

 

健全な愛情の交流は

とっても穏やかで温かいです。

 

 

彼は彼

 

 

母は母

 

 

私は私

 

 

あなたはあなた

なんです(^^)

 

 

そんな不器用な母にイラッとくることもありますが

個性的な人だなと思える自分になれて

 

 

よくここまでがんばったねって

私自身が私のチャイルドを褒めてあげたい、抱き締めてあげたい

 

 

そんな気持ちで

いっぱいになりました(^^)

 

 

私も私で自分の手柄は

しっかり自分のものにします(^^)

 

 

ある意味

親子ですね(笑)

 

 


◆あなたの依存傾向は?◆




◆依存関連の記事◆