· 

彼氏の気持ちが離れていく不安が頭から離れない原因

 

恋愛をすると相手の言葉や態度から「別れ」を連想してしまう・・

 

あなたは、心から恋愛を楽しめていますか?


◆見捨てられ不安から発信される不安の特徴とは?


 

 

恋愛依存症を抱える方の恋愛は
「常に相手が離れていく不安を感じながら、お付き合いを続けている」特徴があります。

 

 

例えば・・

 

喧嘩、言い合い=別れる

連絡の回数が減る=気持ちが冷めた

 

会う回数が減る=気持ちが離れた

 

 

など、相手の行動の変化や意見がぶつかると…何かと別れに結びつけてしまう傾向があります。

 

 

 

ですが、カウンセリングに来られるほとんどの方が、

 

 

 

「後から冷静に考えたら、実際に彼から別れを切り出されたわけではないから、私の妄想なんです」

 

 

 

そうお話されます。

 

 

 

でも自分の中の妄想や、不安に支配されている時は

 

 

「彼に嫌われたのではないか?」

 

 

「このまま別れてしまうのではないか?」

 

 

「いつか別の女性を好きになるのではないか?」

 

 

 

など、現実になるのかまだ分からない不安な考えが浮かんできてしまう…

 

 

 

だから平常心を保つことが難しい。。というお話をよく伺います。

 

 

 

この思考パターンこそ、恋愛依存の特徴ではありますが

 

 

 

恋愛依存による不安が強い方ほど、体の不調となって、その影響が出てくることもあります。

 

 

 

例えば・・・

 

 

胸の辺りがドキドキする

 

息が苦しくなる

 

頭が痛くなる

 

無気力になって寝込む

 

 

 

こうして、心だけではなく、体調面にも影響が出てしまうのは、本当に辛いことと思います。

 

 

 

ではなぜ、このような状態になってしまうのか?

 

 

 

見捨てられ不安

愛着問題

 

 

心の根底に、これらの問題を抱えていることが考えられます。

 

 

_______________

【関連記事】

 

→恋愛依存症の特徴

 

→見捨てられ不安を抱える人の恋愛

 

______________

 

 

見捨てられ不安とは・・ 
幼少期の頃の子供の自分が、親や養育者との関わりの中で

 

 

無視をされたと感じた

愛情を求めた時に拒絶された

自分以外のきょうだいを可愛がっている姿を見て

 

 

「私は嫌われた?」

 

「私には関心がないの?」

 

 

お父さん、お母さんに

見捨てられたような、好かれてないような

 

 

事実は分からないとしても

 

 

子供の自分が「不安を感じてしまった」経験から

 

 

目の前の彼までも
愛情を持ち続けてもらえないのではないか、
私を見捨てる存在なのではないかと・・・
無意識に、子供の頃に体感した、過去の感情経験現在の恋愛相手に重ねて見ている状態です。

 

 

心理学的には、実際は目の前の彼が振り回しているわけではなく
過去に味わった「感情体験」に、現在の自分が振り回されてる状態ということになります。

 

 

現在の恋愛相手に見捨てられる不安を感じているのは

 

 

大人の自分の中にいる

子供の自分です。

 

 

インナーチャイルドという存在ですね。

 

 

__________________

【関連記事】

 

インナーチャイルドの癒しについて

 

___________________

 

 

過去に感じたあの苦い思いをまたするのではないかと
耐えかねた子供の自分が防衛として、妄想を膨らませたり
彼の気を引こうと、自爆メールを送りたい衝動に駆られてしまうということです。

 

 

あなたの中に冷静な自分感情に流される自分

二人いると感じたことはありませんか?

 

 

冷静な自分よりも
不安になる自分の方が強く感じる方

自分をうまくコントロール出来ないと感じる方は

 

 

子供の自分が感じた

過去の傷みが今もそのまま続いている可能性があります。

 

 

まずご自身で出来ることは

自分の中にいる子供の自分

気づいてあげることが大切です。

 

 

彼が離れていくような漠然とした不安・・

 

 

この不安は、自分の力で軽減していくことはできます。

 

 

手品のように消すことはできませんが、カウンセリングで心の中の思いを語っていただき

 

 

対話を重ねていくことで、回復への道筋をつくることができます。

 

 

この不安が弱まったら、
どんな恋愛になっているでしょう〜?

ぜひ、想像してみてください^^

 

 


◆あなたの依存傾向は?




◆依存関連の記事