恋愛依存症の克服に効果的な方法とは

 

 


■依存的な恋愛の根本原因にある傷ついたインナーチャイルドとは


 

恋愛依存症による苦しさから克服していくために、必要不可欠だと言っても過言ではない「インナーチャイルド」の癒しですが、私のカウンセリングの中でも取り入れています。

 

 

※関連記事

インナーチャイルドと依存の関係とは

 

     

なぜ必要不可欠かと言うと・・

恋愛依存症の症状を抱える原因のほとんどが、幼少期の頃の親の愛情不足、養育環境が深く関係しているからです。

 

 

恋愛依存症の自覚のある方、よく自己分析されている方はご存知だと思いますが

 

 

恋愛依存状態にある人の特徴として

恋愛対象、依存対象に対して

 

 

・子供返り

・赤ちゃん返り

 

・良い人になり過ぎる(良い子)

・我慢強い自分

 

 

このような

幼少期の頃の子供の頃の自分の状態 に戻りやすい傾向にあります。

 

     

子供の状態に戻ってしまうから

 

 

感情的になりやすかったり、

感情のコントロールが難しかったり

自分の強い欲求を抑えられなかったり

 

本当は嫌だと思っている事を受け入れてしまったり

我慢する自分を許してしまったり

 

 

理性的に考える自分よりも、

感情で動く ”子供の自分”  に乗っ取られてしまうから

 

 

「自分のことなのに、自己コントロールが出来ない」という状態になってしまうのです。

 

 

でもこれは意識でそうしている訳ではなく、

無意識に戻ってしまいますから、

意識(思考)で解決するのが難しい問題でもあるんですよね^^;

 

 

例えば・・

恋愛依存症の方が抱える見捨てられ不安

被害妄想などは

 

意識で気をつけて、

考えないようにしたり

趣味に没頭しようとしても

 

不安なものは不安だし、

悪い方向に考えてしまうのも

どうしようもなかったりしますよね。。

 

 

なので恋愛依存症を克服するには、

不安に感じる自分を抑えるとか、

無理やり考え方を曲げるとか、

自分の望みを諦めることでは解決しないので

 

 

無意識に戻ってしまう心の状態にフォーカスし、

その心の奥深くに潜む

(不安感・悲しみ、寂しさ、怒り、惨めさ、孤独感、空虚感、恐れや恐怖…)などの

 

 

ネガティブな感情と向き合い、

感じ切る作業を通して、

苦しい感情を和らげていきます。

 

 

その無意識の中にいる感情が、インナーチャイルドの感情体験なのです。

 

 

インナーチャイルド(内なる子供)とは、

私たちの幼いころの自分(退治〜思春期)のイメージです。

 

 

楽しい思い出よりも、

主に嫌な思い出(甘えられない、我慢、恐怖、見捨てられ不安、自分をわかってもらえない悲しみ、自分を見てもらえない、誰かと比較される、厳しすぎる、自分を否定された、無条件に愛されない哀しみや怒り…)などを抱えている過去の記憶の傷なのですが

 

 

大人になるにつれて

心の奥深くに沈んでいってしまいますから、意識の中では忘れてしまっているのです。

 

 

ですが過去の感情体験は

「忘れた=消えた」訳ではないですから

 

 

そのまんま記憶の傷として、

心の中にポツリと残されてしまっている状態なのです。

 

 

こうしてインナーチャイルドが抱えていた心の傷みは

潜在意識(気づかない意識)の中に深く入り込み

 

 

無意識の中でネガティブな行動パターンや思考癖、

思い込みなどを築き上げてしまうのです。

 

 

そして大人になってから、

生きづらさとなって人間関係、恋愛関係の問題となって、次々に表面化します。

 

 

インナーチャイルドは、

恋愛依存症だからとかではなく、

強弱はあるにしろ、

誰の中にも存在すると言われています。

 

 

そして誰でも生きていく過程で

さまざまな心の傷を受けるものです。

 

 

これらの傷はトラウマ感情と呼ばれ、

ケアされなければ傷ついたままで、

自然治療されることはないと言われています。


 

ですので、この部分をカウンセリングやセラピーを使ってイメージの中で癒しの作業を行っていきます。

     


なぜ現在の恋愛なのに、過去の癒しが必要なのか?

 

 
今目の前にいる彼氏に対して

 

・いつか見捨てられるんじゃないか

 

・もっと愛されたい

 

・彼の言葉に過剰に反応する

 

・彼の顔色をいつも伺う

 

・彼に本音を言えない

 

・彼に断れない、従ってしまう
・信用できない
・疑わなくていいことまで疑う

 

 
これらの自然と使っている考え方や感情欲求は

幼少期の頃に親との間で学んだ価値観や、

自然と身についた反応であったり

     

本当は小さい頃に、

お父さん、お母さんなりに満たしてほしかった欲求を

現在の恋愛相手に「投影」している状態なのです。

     

今の大人の自分が感じる感情もあるでしょうが
さらに過去の感情も上乗せされる分、苦しさ、
辛さと倍に感じてしまうんですよね。

     

投影して反応している感情を和らげていくため、イメージ療法を通じて頭の中のお父さんお母さんへの本当の思いを整理し

嘆き悲しむ作業をくり返すことで、自分を許せるようになったり、色んな感情を受け容れられるようになっていきます。

この作業が完了していくと、
満たされてないと感じていた欲求が満たされ

 

今まですでに受け取っていたが
気づけなかった愛情を感じられるようになり、
愛情を受け取ることができます。

     

過去の自分が癒されていくと
自然と気持ちも軽くなり

     

現在の彼に過去の問題を投影する必要もなくなる分、
これまでのような

恋愛=苦しみ>から
どんどん解放されていきます。

     

恋愛だけでなく、

仕事、人間関係、家族関係など

人生そのものの流れが変わっていきますから

     

愛着障害、恋愛依存症を根本から改善したい女性の方は
お手伝いさせてください(^ ^)

■依存をやめる方法をもっと詳しく知りたい方へ


※下記の画像(リキュー)をクリックするとご購読いただけます。

 

●恋愛依存症による「彼氏依存」から抜け出す方法

 

【目次】

 

⑴ 冒頭の説明(依存感情が抜けていく過程など・・)

 

⑵ 恋愛相手を変えても、依存感情が繰り返される原因

 

⑶ 依存感情はどうしたら満たされ、解消されていくのか?

 

⑷ 恋愛依存の感情を癒すとは?

 

⑸ 依存感情を癒す方法(ワーク付き)

 

 


■各依存別チェック無料診断