私はどうやって恋愛依存を克服するの?

 

恋愛依存症の克服カウンセリングでは、どのような考えで克服のお手伝いをしているのか、お伝えしていこうと思います。


◆恋愛で感じる苦しさをインナーチャイルドセラピーで和らげることができます◆


 

恋愛依存や依存症の克服のため、

見捨てられ不安を弱めるために、

インナーチャイルドの癒しを取り入れていきます。

 

 

日々、克服のお手伝いをさせていただく中で、

この方法が恋愛依存を弱めるには効果が高いことと

 

 

私自身もこの方法で恋愛依存を克服し、

生きづらさやトラウマを解放、

誰かの感情のためにではなく、

自分のための人生を歩めるようになったと実感しています。

 

 

◯インナーチャイルド・・

 

→詳しくはこちら。

 

インナーチャイルド(内なる子供)とは、

私たちの幼いころの自分のイメージです。

 

 

楽しい思い出よりも、

主に嫌な思い出を抱えている過去のイメージで

 

 

大人になるにつれ、忘れ去られ

心の中にポツリと残されてしまった、自分の幼いころの姿のことです。

 

 

インナーチャイルドが抱えていた心の傷みは

潜在意識(気づかない意識)の中に深く入り込み

 

 

本人の気づかないところでネガティブな行動パターンや思考

思い込み築き上げてしまうのです。

 

 

これは恋愛依存だからとかではなく、

強弱はあるにしろ、

誰の中にも存在すると言われています。

 

 

そして、誰でも生きていく過程で

さまざまな心の傷を受けるものです。

 

 

これらの傷はトラウマ感情と呼ばれ、

ケアされなければ傷ついたままで、

自然治療されることはないと言われています。

 

 

幼少期のころ、

お母さん、お父さんとの関わりの中から

物事の捉え方、感じ方、受け止め方を学びますから

 

 

どうしてもモノゴトをネガティブに捉えてしまうのは

小さかったころに身につけた「心のクセ」です。

 

 

そしてこの癖は、大人になった今からでも充分に書き換え

手放していくことが可能です。

 

 

現在の恋愛で自分を苦しめる考え方

「別れたくても、別れられない」状況は

幼少期に出来上がったネガティブな思い込みによって引き起こされています。

 

 

カウンセリングやセラピーを使ってイメージの中で癒していきます。

 

 

過去のある出来事から傷ついたと感じた心を癒し、
モノゴトの捉え直しをしていくことで、
自分を苦しめない思い込みに変えることができるのです。

 

 

その方の状態に合わせて、進めていきますので安心してご利用ください。)

 

 
なぜ過去の癒しが必要なのか?

 

 
今目の前にいる彼にたいして

 

 
・いつか見捨てられるんじゃないか

 

・愛情が足りない

 

・彼の言葉に過剰に反応する

 

・彼の顔色をいつも伺う

 

・彼に本音を言えない

 

・彼に断れない

 

 
これらの感情や行動、思考は

 

 
小さかった頃に

学習した価値観

自然と身についた反応

 

 

小さかった頃に

お父さん、お母さんなりに満たしてほしかった欲求を

現在の恋愛相手に「投影」している状態なのです。

 

 

今の大人の自分が感じる感情もあるでしょうが
さらに過去の感情も上乗せされる分、苦しさ、
辛さと倍に感じてしまうんですよね。

 

 
投影して反応している感情を和らげていくため、
イメージを使って頭の中のお父さん、お母さんと
和解、許し、本当はして欲しかった要求を満たす作業、
嘆き悲しむ作業をくり返し行っていきます。

 

 

この作業が完了していくと、
満たされてないと感じていた欲求が満たされ

 

 

今まですでに受け取っていたが
気づけなかった愛情を感じられるようになり、
愛情を受け取ることができます。

 

 

過去の自分が癒されていくと
自然と気持ちも楽になっていきますから

 

 

現在の彼に投影する必要もなくなる分、
これまでのような<愛=苦しみ>から
どんどん解放されていきます。

 

 

恋愛依存症を根本から改善したい女性の方は
お手伝いさせてくださいね(^^)

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

今回の話しはなんとなくわかるけど・・

自分と向き合いうのはコワイ気持ちがあると思う方、

よかったらこちらを読んでみてください★

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 


◆恋愛依存症の根本的な問題はアダルトチルドレン◆




◆あなたの依存傾向は?◆