「情と愛情の違いは?」見分け方を分かりやすく解説

 

 


■情という名の依存的に好きの見方もある


 

 

恋愛依存をテーマにしたカウンセリングでは・・

 

 

 

「彼に愛情があるから離れられないのか、情があるから離れられないのか、自分でも分からない」

 

 

というお話を聞くことがあります。 

 

 

情と愛情の違いですが、どちらにも「情」が含まれていますが、この「情」って

 

 

付き合いが長かったり、思いやりを持てる相手であったり、何かしらの感情を持てる存在であれば

 

 

「情」が湧いてくるというのは、人間として自然なことなのかもしれません。

 

 

友情にも「情」ってありますもんね(^ ^)

 

 

でもここでの問題というのは、情や愛情の違いが分からないことよりも

 

 

相手に対して、自分がどう思っているのか「分からない状態になっている」ことかもしれませんよね。

 

 

 

何故、分からない状態になってしまうのか?

 

 

依存という観点で説明すると

 

 

「分からない」と思っていることが、依存が含まれている可能性があります。

 

 

それはなぜかと言うと

 

 

「情で別れられない」とおっしゃるクライエントの方が、恋愛依存症を克服されていく過程の中で

 

 

アッサリ別れてしまう事があるからです。

 

 

アッサリと別れる頃に、「情ではなかった」と判断できますが

 

 

情という名の依存が含まれている状態だど、自分を客観視することが難しいので

 

 

分からなくなってしまう事があるんですよね(^ ^;)

 

 

________________________________

 

※関連記事

 

恋愛依存と普通の恋愛は何が違うのか?

 

________________________________

 

 

依存と愛情の違いをどこで見分けたらいいのか?

 

 

依存的に好きの状態をとても簡潔に言ってしまうと

 

 

①彼を自分の思う通りにしたい思いがあるか?

 

②自分の思う通りになるから、彼が好きなのか?

 

 

”自分の思う通りに”

 

 

この思いが含まれているかどうかがポイントになります。

 

 

例えばどんな状態なのか?

 

 

①の場合・・・

 

 

「好きなら私の事をもっと気にかけて!」

 

「1日に1回はメールか、電話をして!」

 

「私が会いたい時にあって!」

 

「私が困っている時は心配して!」

 

 

こうして相手に対して、自分の思う通りに動いてくれる事を強く求めたり

 

 

もしくは

 

 

「彼女を優先するべき」

 

「誕生日は必ずお祝いするのが普通だ」

 

「忙しくても、トイレに行く時間があるわけだから、一言くらいLINE送れるでしょ」

 

 

彼女ならとか、恋人ならとか・・・・

 

 

「こうするべき」

 

「普通でしょ?」

 

「当たり前でしょ?」

 

 

相手に対して、自分の価値観を強要したくなったり、してしまったり・・

 

 

自分の思う通りになるように仕向ける(コントロール)のも、そうですね。

 

 

②の場合・・・

 

 

自分の思う通りにならない彼に対して

 

 

「私は彼のことが本当に好きなのか分からない」

 

「彼は私の事を大事に思ってくれてない」

 

 

期待に応えてくれる=愛情という捉え方があるため

 

 

「もっと自分にあった男性を探そう」

「他の出会いを探してみよう」と他の男性を求めていく

 

 

もしくは

 

 

「人間として約束を守れないのは問題だから、彼も困るだろうし、約束を守れるように正したい」

 

 

あなたのために・・と言いつつも、自分のために相手に変わってほしい

 

 

など、このような状態は 

 

 

 存が含まれた好き”  と言えると思います。

 

 

では純粋な好きって、どんな状態なのか?

 

 

・思う通りにしたい思いが無い状態

 

 

・そのままの相手を好きと思える状態

 

 

・自分も相手も正しいと思える状態

 

 

自分にとって都合の良い面だけを見た相手ではなく

 

 

そのままの相手を見て、許せる事が出来たり、微笑ましいとか、愛おしいと感じるかどうかなんですね。

 

 

よく私が使う例ですが、家族として生活する動物、犬や猫に抱く感情は、純粋な好きの状態だと言えると思います。

 

 

ですので、情と愛情の違いが分からないと悩む方は

 

 

まずは自分の中にある「情」には、どんな感情が含まれているのか、見つめてみてください。

 

 

本当に情なのか?

 

 

それは依存的な情が含まれていないのか?

 

 

自分の思いに気づいていくと、自分の中の曖昧な気持ちが何なのか、見えてくるかもしれませんよね(^ ^)

 

 

 

______________________________

★編集後期

______________________________

 

 

もう一つ、

情と依存の違いを説明すると

 

 

例えば、情を持った相手との別れは

 

 

慣れ親しんだ関係から離れる寂しさ、失う寂しさを感じることはあるかもしれないですが

 

 

依存を持った相手との別れには、「苦痛」が伴います。

 

 

離れると考えた時に、「一人ぼっちになってえ寂しい」とか「次の相手が見つからない不安」とか

 

 

このような不安な気持ちが出てくる場合は、情という感情の裏に、依存が隠れているのかもしれませんね。

 

 

 

 

<関連記事>

 

「自分を優先してくれない彼」後回しにされるのが嫌な人の心理 

 

「私の依存を無くすと、彼を好きな気持ちまでもなくなってしまう?」

 

恋愛が楽しく無い、苦しいだけと思っていても、我慢する事を頑張ってしまう方へ

 

恋愛依存症の克服に効果的なインナーチャイルドの癒しに関する記事

 

 

 

●記事執筆者:心理カウンセラー畠山ユキ子

2011年から心理カウンセラーとして、

4700件以上(2022年現在)のカウンセリングを実施。

専門は愛着障害、毒親、機能不全家族から生じる生きづらさ、心の傷や依存問題、トラウマ感情、共依存症(恋愛依存・回避依存)、母娘共依存、親子関係、職場関係、恋愛関係等の対人関係のご相談を現在も受けています。

過去には「恋愛依存症専門カウンセラー」としてマスメディア出演等の活動経験も有り。

>>相談できるカウンセラーの詳しいプロフィールはこちら

 


■依存的な恋愛をやめる方法をもっと詳しく知りたい方へ


 

●恋愛依存症による「彼氏依存」から抜け出す方法

 

【目次】

 

⑴ 冒頭の説明(依存感情が抜けていく過程など・・)

 

⑵ 恋愛相手を変えても、依存感情が繰り返される原因

 

⑶ 依存感情はどうしたら満たされ、解消されていくのか?

 

⑷ 恋愛依存の感情を癒すとは?

 

⑸ 依存感情を癒す方法(ワーク付き)

 

 


■依存別チェック無料診断